Nosty4zldvcivvzlqzq9

ブリーチ

CATEGORY | カテゴリー

【ブリーチ】打ち切りの理由とは?!!?気になる詳細情報を徹底解説!

2018.08.28

週刊少年ジャンプの人気漫画として、2001年から2016年までの15年という長い間連載していた漫画ブリーチ。ジャンプの看板漫画として人気を得ていたブリーチが、打ち切りで終わったと言われるのはなぜなのでしょうか。気になる打ち切りの真相や真実を調べてみました。

目次

  1. 【ブリーチ】打ち切りの理由も気になる人気漫画ブリーチとは
  2. 【ブリーチ】なぜ打ち切りになった?理由や真相を解説①
  3. 【ブリーチ】なぜ打ち切りになった?理由や真相を解説②
  4. 【ブリーチ】なぜ打ち切りになった?理由や真相を解説③
  5. 【ブリーチ】なぜ打ち切りになった?理由や真相を解説④
  6. 【ブリーチ】アニメが打ち切られたのはなぜ?終了した真実とは
  7. 【ブリーチ】ブリーチの打ち切りと映画化の関係性
  8. 【ブリーチ】打ち切り後の映画化の評判は?
  9. 【ブリーチ】ブリーチの打ち切りには伏線があった?
  10. 【ブリーチ】ブリーチ打ち切りの理由 まとめ

ジャンプの長期連載作品

ブリーチは週刊少年ジャンプにて、2001年から連載が始まりました。2016年までの約15年間連載され、コミックスも全74巻が発売され、累計売上は9000万部も記録しています。元々は赤丸ジャンプでの読み切りから始まった作品でしたが、連載終了までジャンプでは常に人気漫画としてファンに愛されてきました。

漫画以外のメディア展開も

ブリーチは2004年から2012年までの間、テレビ東京系にてテレビアニメも放送されていました。アニメは原作に合わせた内容はもちろん、アニメの人気の高さからオリジナルストーリーも放送されました。アニメでは原作での最終章である千年血戦編こそ放送されていませんが、約8年という長期間放送された人気アニメでした。

漫画やアニメだけでなく、家庭用ゲーム機やスマートフォン向けアプリにてゲーム展開も行われました。ゲーム作品はプレイステーションなど含め20タイトル以上がこれまでに発売されています。

BLEACHイラスト集 JET (愛蔵版コミックス)
価格 ¥ 17,280

連載終了は打ち切りによるもの?

ブリーチは長期間ジャンプの人気漫画として連載されていましたが、最終章の展開や最終話に至るまでの流れから、打ち切りになったのではないかと言われてきました。その理由は様々ですが、ファンや読者の多い漫画だっただけに、当時は真実が気になるという方も多かったのです。

最終話の展開と真実とは?

ブリーチの最終話は、最後の敵を倒した後の後日談が語られ終わっています。しかし、最終話までのテンポがとても早かったことや、後日談が少ししか描かれず物足りなかったことから打ち切りが噂されました。ただ連載終了時はブリーチ連載から15周年を迎える記念の年であり、作者の久保帯人先生はなんとか15年で終わりたかったと発言していることから、打ち切りの真相と真実はここにあるように思われます。

BLEACHイラスト集―All Colour But The Black (ジャンプ・コミックス)
価格
1/5