Iherhbjj1znppyptpflf

ゴールデンカムイ

CATEGORY | カテゴリー

【ゴールデンカムイ】白石のモデルは?彼の面白い性格など情報満載!

2018.04.08

 ゴールデンカムイのコメディリリーフ、白石由竹。「脱獄王」の異名を持つ天才脱獄犯でありながら、周りからも“役に立たない”と言われるなど、かなり抜けている男です。ここではそんな彼の彼の面白い性格、それ故の魅力を紹介していきます。

目次

  1. ゴールデンカムイ:白石とはどんなキャラクター?
  2. ゴールデンカムイ:脱獄王に至るまで
  3. ゴールデンカムイ:白石と杉元
  4. ゴールデンカムイ:白石とアシリパ
  5. ゴールデンカムイ:白石の総合評価
  6. ゴールデンカムイ:白石と動物
  7. ゴールデンカムイ:欲深き白石
  8. ゴールデンカムイ:好色漢白石
  9. ゴールデンカムイ:「そんな装備で大丈夫か?」→白石
  10. ゴールデンカムイ:白石の強み
  11. ゴールデンカムイ:白石脱獄王としての活躍
  12. ゴールデンカムイ:白石の役割
  13. ゴールデンカムイ:白石のモデル
  14. ゴールデンカムイ:白石由竹と白鳥由栄の共通点
  15. ゴールデンカムイ:白石の声優
  16. まとめ

 本名は白石由竹(しらいしよしたけ)、脱獄王の異名をもつ天才脱獄犯。そして、本作ゴールデンカムイの物語の鍵となる、入れ墨の囚人の一人です。最初は強盗での投獄でしたが、その度重なる脱獄により、強盗での懲役が脱獄での懲役を上回るという、脱獄王の名にふさわしい記録をもっています。しかし、脱獄の才や技術はあるものの、その思慮の浅さ、軽率さ、そしてある女性に対する下心故に脱獄しては、投獄され、全国各地の監獄を転々としていました。そのため、全国の警察関係者に顔を知られてしまってもいるという抜け作的側面も大いに持ち合わせてもいます。

熊岸長庵との出会い

 熊岸長庵は、白石と同時期に樺戸集治監に紙幣贋造の無期徒刑で収監されていた偽札犯。

「俺に脱獄王という異名がついたのは熊岸のせいだ」

白石は後に語ります。

「そして、熊岸にかかわらなければ俺は・・・・・あんな恋などせずに済んだのに」と。

熊岸が焚きつけた白石の恋とは?

 終身懲役の熊岸―彼は白石に脱獄の際、自分も連れていってほしいと頼みます。そしてその見返りに、絵が得意との自負がある彼は白石のために絵を書くことに。そして、できたのが、シスター宮沢(全国にある監獄の教会で奉仕活動をしているという美しい顔をした修道女)の絵。

 しかし、その絵は下手くそで、シスター宮沢は全く美人ではない・・・・にも関わらず、辛い監獄生活故か、白石はシスター宮沢に思いを寄せていくようになっていきます。日に日にシスター宮沢への恋慕は募っていき、そして白石は脱獄を決意します。

 それから、彼はシスター宮沢を求めて、監獄を練り歩きます。しかし、白石の顔はとっくに知られていますから―

「オイお前、白石だろッ」

と幾度となく捕まってしまい、そして幾度となく脱獄を繰り返すうちに白石はこう呼ばれるようになりました。
「脱獄王」と・・・。

 そして、脱獄王となってから白石はようやく理解することになります。熊岸長庵はめっちゃ絵がうまかったのだということを。

そう、ミスター宮沢は熊岸が描いた絵の人物通りの目見形をしていたのです。

杉元

 本作ゴールデンカムイの主人公。日露戦争の帰還兵で、戦場での鬼神のような戦いぶり、異常なまでの回復力から「不死身の杉元」と呼ばれています。彼は戦場で、死にゆく幼馴染の寅次から彼の妻である梅子のことを頼まれます。その遺言を受けて、惚れた女でもある梅子の眼病の莫大な治療費をどうにかしようとしていた時、アイヌの埋蔵金の話を耳にし、彼もまた金塊を巡る物語の歯車に組み込まれることに・・・・。

1 / 5