Ynkn7e23mss9ss3vno54

寿美菜子

CATEGORY | 寿美菜子

【シンフォギア】サンジェルマンの声優は過去を徹底紹介!男装の麗人の名言は?

2018.10.08

【戦姫絶唱シンフォギア】シンフォギアAXZに登場するサンジェルマンは世界の改革を目論む男装の錬金術師。数百年の時を生きていて「世界の歪な支配構造」を正すために、パヴァリア光明結社でその力を奮っています。今回はシンフォギアAXZに登場するサンジェルマンの過去や名言、声優情報を詳しく紹介します。

目次

  1. 戦姫絶唱シンフォギア
  2. シンフォギアで行われる歌アフレコ
  3. 【戦姫絶唱シンフォギア】ゲームにライブと大盛り上がり【サンジェルマン】
  4. 【戦姫絶唱シンフォギア】ライブは企画に練りこまれていた可能性も【サンジェルマン】
  5. 【戦姫絶唱シンフォギア】パヴァリア光明結社の錬金術師【サンジェルマン】
  6. 【戦姫絶唱シンフォギア】壮絶な過去【サンジェルマン】
  7. 【戦姫絶唱シンフォギア】元ネタもかなり凄い??様々な逸話【サンジェルマン】
  8. 【戦姫絶唱シンフォギア】錬金術師の名言を紹介【サンジェルマン】
  9. 【戦姫絶唱シンフォギア】演じている声優は【サンジェルマン】
  10. 【戦姫絶唱シンフォギア】まとめ【サンジェルマン】

『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズはサテライト制作による日本のテレビアニメです。原作者はElements Gardenの代表であり、日本のアニメやゲーム作品にも数々の楽曲を提供してきた上松範康さんです。

登場キャラクターたちが纏っている鎧のようなものは、シンフォギアと呼ばれる武器です。聖遺物と呼ばれいてるオーバーテクノロジーの欠片から、歌うことによって力を引き出して敵と戦います。

『戦姫絶唱シンフォギア』の設定として、シンフォギアは「歌を力に変える」というものがあります。アニメではこの設定を忠実に再現するために、歌アフレコという方法で収録が行われました。セリフを収録する環境で歌を録るということで、音割れをしないように気を付けたり、アニメーションに合わせて声を裏返らせる、技を決める時には叫ぶといった工夫がなされています。

歌アフレコは演じている声優に多大な負担をかけているようで、いくつもの逸話が語られています。

「熱唱のし過ぎで、はめていたヘッドホンが宙を纏う」

「「台本が邪魔だぁぁぁぁぁぁぁッ!!」と台本が投げ捨てられる」

「あまりの熱量に現場が酸素不足に陥り、キャスト陣に皮膚呼吸のスキルを要求される事態になる」

現場がどれだけ白熱していたのかがよくわかりますね。

歌を力に帰るという設定からか、アニメの中だけでなくライブもやっています。ライブ映像も発売されていて、その様子から『戦姫絶唱シンフォギア』というコンテンツの大きさを実感できます。

シンフォギアシリーズが始まってから五年がたっており、アニメも第五期が制作され2019年4月には放送される予定です。シンフォギアの熱がこれほどすさまじいのも、アニメ以外のメディア展開や熱いライブがあるからでしょう。

原作者の上松さんは、ライブシーンが話題となったアニメが続々と世に出ていることを受けて「ライブとアニメが融合した作品はヒット作になりうる」という確信の基に企画を固めていったそうです。

ただし、既存のアーティストを主役としたライブシーンではなく「会場が一体となったライブシーン」を提案したいと言っていました。それがシンフォギアのライブイベントにもちゃんと反映されています。

1 / 4