Jsuyvw8anxq68exhai1l

ドラゴンボール

CATEGORY | カテゴリー

【ドラゴンボール】パンの大人の姿とは?声優やスーパーサイヤ人の覚醒についてまとめ

2018.10.26

【超サイヤ人】国民的な漫画作品の一つであり、今や誰もが知っている作品でもある「ドラゴンボール」に登場するキャラクターの「パン」。ドラゴンボール作品では悟空の孫であり、GTではまさにお転婆娘として人気を博しているパンの大人になった姿や声優について今回は見ていこうと思います!

目次

  1. 【ドラゴンボール】パンとは?
  2. 【ドラゴンボール】パンの性格は?
  3. 【ドラゴンボール】パンの強さは?
  4. 【ドラゴンボール】作中でパンの大人姿は描かれているのか?
  5. 【ドラゴンボール】パンは超サイヤ人になれるの?
  6. 【ドラゴンボール】Zでのパンは幼少ながらも凄い!
  7. 【ドラゴンボール】GTではお転婆娘に?
  8. 【ドラゴンボール】パンちゃんはモテない!?
  9. 【ドラゴンボール】パンの声優「皆口裕子」
  10. 【ドラゴンボール】パン まとめ

パンは、国民的な漫画作品、およびアニメ作品のシリーズである「ドラゴンボール」に登場するキャラクターの一人であり、孫悟空の息子である孫悟飯とビーデルの子供に当たります。悟空やチチ、さらにビーデルの父親であるミスター・サタンとは孫にあたる存在ですね。血統はサイヤ人と地球人のクォーターになります。チチと悟空の子供、悟飯がハーフであり、その悟飯とビーデルの子供なのでクォーターになります。

サイヤ人の血は4分の1くらいでしょうか。しかしながらやはり悟空の孫、そして悟飯の娘ということもあって美形には違いないでしょう。顔立ちとしては母親であるビーデルによく似ておりますが、悟飯からの遺伝として瞳の色が悟飯と同じになっております。幼少期の頃は基本的にさっぱりとした短髪で、悟空譲りの武闘タイプであると言っていいでしょう。

パンの性格面に関してですが、登場当初の幼少期4歳くらいのパンは礼儀正しく、きちんとしたイメージが強く、また年相応の可愛さと泣き虫さが見られます。また元気一杯であり、人懐っこいところが見られます。しかしながら成長したパン、シリーズでいうとその5年後にあたるドラゴンボールGTでは9歳から10歳ごろのパンが描かれておりますが、かなり雰囲気も変わっております。

GTのパンが皆さんがよく知るパンではないかと思われます。まず一つはとても自己中心的な性格面が大きく、ワガママで気がとても強いというところが挙げられます。さらに正義感も人一倍強く、悪者を見つけると誰よりも先に手が出るということが言えると思います。個人的な意見ですが、可愛らしい見た目とは裏腹に性格面はとてもワガママ気質です。

ではパンの強さですが、登場当初の4歳ごろのパンはおそらくその年頃にしては相当強いと思われます。これまでのドラゴンボールで登場してきたメインキャラの幼少期の中では一番強いのではないでしょうか。悟空や悟飯、悟天にトランクスと幼少期のサイヤ人の中では群を抜いて強いと個人的には思っております。また誰よりも早く舞空術をマスターしました。

そしてさらに5年後にあたるドラゴンボールGTではそれよりもさらに強くなっており、軽く戦闘力だけで言えば2000万以上と言ったところでしょうか(個人的な考えです)。10歳にしてこの強さは相当なものであると言っていいでしょう。格闘術だけであればもう立派な戦士と言っても過言ではないと思われます。作中でもっとも成長の早いキャラクターですね。

1 / 3