Gulxbacx05kpnwpwxgmv

ヘボット!

CATEGORY | カテゴリー

【ヘボット】考察まとめ!やりすぎの元ネタ・最終回をまとめて考察!

2018.10.31

アニメ『ヘボット!』は子供向けニチアサアニメながら大人も楽しめる作品でした。そのパロディネタの多さと単なるギャグにとどまらぬ深イイ話に考察班が現れるほど!怒涛の流れからの最終回は一体!?ここでは『ヘボット!』について考察、まとめました!

目次

  1. 考察班がすごい【ヘボット!】とは
  2. 考察班がすごい【ヘボット!】一見は子供向アニメだが…!?
  3. 考察班がすごい【ヘボット!】ほぼ毎回ねじ込まれるパロディネタ
  4. 考察班がすごい【ヘボット!】なにげに深イイ話!?ガチ考察班がハンパない
  5. 考察班がすごい【ヘボット!】視聴者から好評の回①第29話
  6. 考察班がすごい【ヘボット!】視聴者から好評の回②第39話
  7. 考察班がすごい【ヘボット!】視聴者から好評の回③第44話
  8. 考察班がすごい【ヘボット!】最終回は?
  9. 考察班がすごい【ヘボット!】伝説となったDVD計画をまとめてみる
  10. 考察班がすごい【ヘボット!】パロディ回や最終回など考察まとめ

『ヘボット!』はニチアサキッズアニメ

『ヘボット!(HEYBOT!)』は2016年9月から2017年9月まで、約1年間全50話にわたって放送されたアニメです。原案はバンダイ、製作はバンダイとメ~テレで、放送枠は毎週日曜の朝7時からの30分、テレビ朝日で放送されました。

いわゆるニチアサのキッズ向けの時間帯に放送されていたアニメで、放送当時はツイッターでトレンド入りするほどに盛り上がっていたのが印象的です。

『ヘボット!』あらすじまとめ

舞台は「ネジが島」。そこでは頭にネジをさしたロボット(のような生命体)が暮らしており、面白い言葉を言いあって勝敗を決める「ボキャバトル」が行なわれていました。

ネジが島の王子、ネジル(主人公)が11歳になった誕生日に授かった王族の証「ネジ魂」から生まれたボキャボットのヘボットと共に初めてのボキャバトルに臨んだところ、敗北を喫します。ネジルはお城を追い出されてしまいますが、ヘボットと共にボキャバトルをしながらさまざまな事件やトラブルにあたっていくというお話です。

もうこのあらすじまとめの時点でよくわからない、と思う方も多いと思います。すでに始まりからどこかで見たネタがつまっています。つまり『ヘボット!』はそういうアニメだということを分かっていただいた上で、まとめていきたいと思います。

『ヘボット!』は上記のとおり、いわゆるニチアサという時間帯ということもありますし、バンダイが制作ということでホビーアニメの色が濃いですから「子供向け」の扱いとして見ていた方も多かったと思います。

実際のアニメを見ても、朝7時から繰り広げられるテンションの高いギャグ、子供が喜びそうな適度な下ネタをねじ込みつつ練られたほぼ1話完結型の「子供向け」アニメだなと思えるのですが、回がすすむにつれ、これはただの「子供向け」アニメではない、なにかちょっとおかしい、と話題になっていきます。

どこがどうおかしいのか、話題になる要素があるのか、詳しくみていきましょう。

『ヘボット!』ではほぼ毎回、なにかしらのパロディネタがねじ込まれていました。そのパロディの元ネタとなるものが、およそ今の子供たちの世代には分からないであろう時代のネタだったりして、これは完全に「子供相手」だけではなくそれを一緒に見ているお父さん・お母さん世代に向けて発信しているものではないかと思われるほどでした。

1 / 3