2018年11月06日 UPDATE

【タイガーマスクW】ミスXの本名や声優は?美女マネージャー兼レスラーに注目!

大人気アニメ『タイガーマスク』の数十年後の世界を描いた『タイガーマスクW』。新しいキャラクター、馴染みの新日プロレスラーの登場など、見所の多い『タイガーマスクW』のなかでも、ミスXについて紹介します。ミスXの本名や、その声優は一体誰なのでしょうか。

目次

  1. 【タイガーマスクW】タイガーマスクWとは
  2. 【タイガーマスクW】ミスXって?
  3. 【タイガーマスクW】ミスXの容姿
  4. 【タイガーマスクW】ミスXの性格
  5. 【タイガーマスクW】ミスXのポジションは?
  6. 【タイガーマスクW】ミスXの本名
  7. 【タイガーマスクW】ミスXのその後は?
  8. 【タイガーマスクW】ミスXの声優は?
  9. 【タイガーマスクW】ミスXの声優・小林ゆうについて
  10. 【タイガーマスクW】ミスXについてまとめ

【タイガーマスクW】タイガーマスクWとは

『タイガーマスクW』は、大人気漫画『タイガーマスク』をもとに製作されたアニメ『タイガーマスク』の続編となる物語です。本作の主人公は2人で、海外プロレスチームに所属していた団体の代表レスラーを再起不能にまで痛めつけられ、団体自体が潰されてしまった青年たち。

同じプロレス団体に所属し、互いに切磋琢磨していた2人ですが、この事件を機に、1人は、父の仇を討つため、あえて敵であるプロレス団体に入団し、1人は、敵の組織を壊滅させるため、かつてのタイガーマスクと同様の訓練を行いました。時は流れ、2人はお互いの正体を知らないまま、タイガーのマスクを被り対戦することとなるのです。

現代的な友情やそのすれ違い、もどかしさなど入れながら、漫画やアニメの雰囲気を残した『タイガーマスクW』。昔変わらずテイストでありながら、現代の視聴者が見やすい描き方をした本作は、『タイガーマスク』ファンのみならず、多くの人から支持を集めましたね。

【タイガーマスクW】ミスXって?

ミスXとは『タイガーマスクW』に登場する女性キャラクターです。主人公たちにとっては敵側の人物ですね。アニメでは序盤から登場し、メインレスラーではないものの、随所随所で物語に関わってくるキャラクターとなりました。ヒロインというわけではありませんが、出番の多いキャラクターになります。

年齢や、どういった経緯で虎の穴に関わったのかはわかっていませんが、虎の穴自体は知る人は知っているヒールレスラー育成組織なため、何かしらの接点があったのではないかと想像されます。虎の穴、GWMにおいて、悪役らしいセリフや行いはありながら、それでも他のヒールとは情なども見せる、魅力的なキャラクターでした。

【タイガーマスクW】ミスXの容姿

容姿の特徴として真っ先に挙げられるのは、グラマラスな体型ではないでしょうか。2次元的といって仕舞えばそこまでですが、コスチュームを身に纏いながら、あそこまで体のラインがはっきり出るのは、なかなかすごいことですよね。やはりレスラーといえば、主人公たちのようながっしりとした筋肉が必要で、女性レスラーでもそれは変わりません。

筋肉をつけると必然的に、寸胴的な体型になるものですし、コスチュームで多少胸が潰れたりもしますが、全くそれがないミスXはすごいですよね。また、そのコスチュームにも注目したいですが、軍帽を思わせる防止に、調教師のようなボディースーツと、全体的に「女王様感」が溢れているにも関わらず、太ももにはトラっぽい顔が描かれているという、なんともかわいらしい姿。

実際、ミスXのようなレスラーがいたら人気を博したに違いありません。キツそうに見える容姿と豊満なスタイル、派手なコスチュームのなかのかわいらしいポイントが、ギャップでかわいい人物ですね。

【タイガーマスクW】ミスXの性格

自分の信念を曲げない強い意志のある人物ですね。もちろん、上司の命令によって矛盾するような行動をとることもありますが、彼女自身は一本芯が通っており、「自分が良しとする目的のために動く」というところは終始変えずにいるのが魅力的なところでもありますね。

また、選手たちの状況や試合の状況を冷静に判断する力もあり、自分の組織のレスラーが負けそうだと判断すると上司に進言したりするなど、選手やチーム全体の士気を考える冷静さも持ち合わせています。自分が見込んだ選手に対して、期待を持ちつつ、甘やかさないあたりも彼女の冷静が出ていますね。

【タイガーマスクW】ミスXのポジションは?

ミスXは作中で様々な活動をしていますが、そもそもの立ち位置は、虎の穴のマネージャーです。もちろん、虎の穴は表立った組織ではないため、表の顔としては、GWMが日本に進出する際の最高責任者というポジンション。ただ、虎の穴という組織全体で考えると、そこまで上位のポジションではない様子です。

また、表の顔が最高責任者でありながら、広報やリングアナ、リサーチなど裏方のような仕事全般をやるなど、その多忙さや役割の多さがうかがえます。虎の穴のマネージャーという立場上すべてやらなければいけないことなのだと思いますが、それでもそのすべてをこなしていけるあたり、すごい能力ですよね。

また、そういった裏方ポジションだけでなく、自身もレスラーとしてリングに上がることも。ただ、リングに上がること自体は、あまり乗り気ではないようですね。

【タイガーマスクW】ミスXの本名

ミスXは、虎の穴で使われていた名前、コードネームのようなものなので、本名は他にあります。ファミリーネームまではわかりませんが、ミスXの本名は「サンドラ」。彼女は終盤、虎の穴およびGWMから退団しているので、そのときに本名が明らかになりました。ずっとわからなかった本名が明らかになったとは言え、なんとなくミスXのほうが馴染み深いですよね。

おそらく、ミスターXの部下として活動していたため、ミスXを名乗っていたのだと思いますが、意外とその「謎の女」的フレーズは気に入っているのか、リングネームに「Xウーマン」を使用するなど、本名よりコードネームを彷彿とさせることも。1度完結した『タイガーマスクW』が再びやるかはわかりませんが、もしこの続編が出た場合は、どこかでこっそり「サンドラ」という本名を出して欲しいですね。

【タイガーマスクW】ミスXのその後は?

ミスXは、虎の穴が主人公たちによって壊滅させられると、GWMから退団し、新たに女子プロレス団体ガームーこと「GWM」を設立しました。以前のGWMは「グローバル・レスリング・モノポリー」の略でしたが、ミスXが作ったGWMは「ガールズ・レスリング・ムーブメント」の略になります。一般的にはガームーと呼ばれていますね。

GWMを抜けてもプロレス界に残るということは、ミスX自身、きちんとプロレスを好きだったのでしょう。タイガーマスクたちに復讐を願うことなく、虎の穴復活を願うこともなく、自分自身の足で新たな女子プロレス団体を組織したあたりに好感が持てますよね。

また、そのガームーに以前対戦したスプリング・タイガーを迎えるなど、やはり選手のことをや団体全体的なことを考える冷静さがあることがうかがえます。

【タイガーマスクW】ミスXの声優は?

ミスXの声優は小林ゆうさんが担当。「画伯」や「ゆうちゃん」の愛称で知られていますね。声優としてだけではなく、歌手としても活動していて、所属事務所も、基本的に声優や歌手のマネージメントを行なっているホーリーピークです。男性・女性問わず人気の高い女性声優さんですね。

【タイガーマスクW】ミスXの声優・小林ゆうについて

モエオチ!
価格 ¥ 1,645

声優初主演作は『DAN DOH!!』で、その後どんどん名前のある役が増えていき、メインクラスのキャラクター声優を担当することも増えていきました。初主演作もそうですが、少年声も演じることがあり、演技の幅がとても広いのも特徴的ですね。

銀魂-ぎんたま- 11 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

小林ゆうさんと言われて多くの人が思い浮かべるのは、『銀魂』の「猿飛あやめ」ではないでしょうか。非常に独特なキャラクターで、これ以降の小林さんの役所を決定づけたキャラと言えるかもしれませんね。

カナエ=フォン・ロゼヴァルト【東京喰種:re】アートコースター / ジャンプフェスタ2018 トーキョーグール ジャンプショップ アニメイト
価格 ¥ 3,070

近年では、『東京喰種:re』の「カナエ=フォン・ロゼヴァルト」なども演じました。このキャラクターは男性のように思わせておいて実は女性というキャラで、ハスキーボイスの小林さんによくあった役所と言えますね。

【タイガーマスクW】ミスXについてまとめ

ミスXは、ヒロインでもなければ、ずっと試合に出るレスラーでもないですが、非常に出番の多い女性キャラクターで、ヒロインたちと並んで非常に人気のあった女性キャラでもあります。敵側の人間でありながら、どこか彼らとは違った優しさも見え隠れしたミスXには、今後何らかのかたちで再登場してもらいたいものです。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/TigerMaskW/status/798426782332518400