2018年11月06日 UPDATE

【ゾイドワイルド】アニメ1話の感想は?ヒロイン登場の5話など注目回の感想まとめ

子どもも大人もターゲットとしている「ゾイド」シリーズ。その最新作となる『ゾイドワイルド』は、メインターゲットを子どもに置いた作品です。ここでは、そんなゾイドワイルドのアニメ感想についてご紹介。注目回となる1話や5話などの感想を紹介していきます。

目次

  1. 【ゾイドワイルド】ゾイドワイルドとは
  2. 【ゾイドワイルド】1話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】
  3. 【ゾイドワイルド】1話の感想【アニメ注目回感想まとめ】
  4. 【ゾイドワイルド】5話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】
  5. 【ゾイドワイルド】5話の感想【アニメ注目回感想まとめ】
  6. 【ゾイドワイルド】7話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】
  7. 【ゾイドワイルド】7話の感想【アニメ注目回感想まとめ】
  8. 【ゾイドワイルド】13話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】
  9. 【ゾイドワイルド】13話の感想【アニメ注目回感想まとめ】
  10. 【ゾイドワイルド】感想についてまとめ

【ゾイドワイルド】ゾイドワイルドとは

ゾイドワイルドとは、タカラトミーが発売しているプラモデルのことであり、またそれらを含めたアニメや漫画、アプリのことです。ゾイドはシリーズものとして長年愛されており、ゾイドワイルドは、最新シリーズとなっています。ゾイドシリーズはプラモデルということもあってか、大人向けな作品展開を続けていましたが、そのなかでもこのゾイドワイルドは、どちらかといえば子ども向けにシフトした作品になります。

アニメを観ると、子ども向けというのもなんとなくわかりますね。ただ、スマホアプリを展開するように、子どもだけではなく、大人も範囲として捉えていることがうかがえます。ゾイドシリーズは始まって30年以上経っていますし、おそらくメインを子どもにしても、当時ゾイドシリーズ直撃していた世代は、このゾイドワイルドにも触れることが想定されているのではないでしょうか。

ゾイドワイルドは、ゾイドシリーズのなかでは完全なる新作で、舞台は地球になります。アニメゾイドワイルドでは、機械の体を持つ最強生物ゾイドとの絆を深めながら、ゾイドを戦闘兵器としている敵との戦いを描きました。子ども向けとしつつ、人の死があるなど、なかなかヘビーな内容となっていますね。

【ゾイドワイルド】1話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】

1話あらすじ

アニメ1話のあらすじですが、自分の相棒となるゾイドを求める少年・アラシが、森に入り危険に陥ったところをシュプリーム団リーダーのベーコンから助けてもらいます。彼らの目的が最強のゾイド「ワイルドライガー」だと知ったアラシ。再び森のなかへと入ったアラシは、そこでワイルドライガーに出会うのでした。何度も何度も拒まれながら、アラシは相棒になりたいという思いを、ワイルドライガーに全力でぶつけるのです。

1話見所

1話では、ゾイドワイルドの世界観の説明と、アラシとワイルドライガーの出会いが主に描かれました。1話で注目したのは、やはりベーコンたちが説明する世界観と、アラシとワイルドライガーが相棒になるシーンではないでしょうか。特にゾイドシリーズ初見の方には、人間にとってのゾイドに立ち位置や、この世界においての問題などに注目していて欲しいですね。

また、主人公であるアラシの主人公力や、そんなアラシとワイルドライガーの本能解放など、1話にはこれから冒険が始まるというワクワク感がすべて詰まっていますよ。

【ゾイドワイルド】1話の感想【アニメ注目回感想まとめ】

1話は、ゾイドシリーズファンからの絶賛の声が非常に多かったですね。前作がどちらかと言えば大人向けだった分、そのようなノリを期待された方からは、少々残念がるような声もありましたが、アニメ1話、物語の掴みとしては非常に高評価が多かったです。子ども向けのロボ系アニメ特有の派手なアクションや、わかりやすいシーンはもちろん、作画の良さや天秋の良さなど、賞賛する感想も多く、1話は最高の出来と言って良いのではないでしょうか。

子ども向けアニメの良いところは、わかりやすさとテンポの良さですよね。ゾイドワイルドはどちらも抑えていて、なおかつ少年心をくすぐるような設定やストーリー展開が、非常に楽しい1話となりました。これだけアニメ作品が多数あるなか、1話で「面白い」と思わせるのはなかなかすごいですよね。

アニメ1話に関しては、「ゾイドのアクションが良い」「面白い」という感想が多数を占めていました。

【ゾイドワイルド】5話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】

5話あらすじ

5話のあらすじについてですが、古代秘宝Zを求めて旅をしているアラシたちは、噂をもとに森のなかへの入っていきます。そのなかで、サソリ種のゾイド・スコーピアを相棒にもつ少女・ペンネと出会いました。ペンネも古代秘宝Zを求めていたよう。2人は衝突しながらも、村人から聞いたお宝を求めて森の奥へと進んでいきます。そこには、古代秘宝Zではないものの、確かに生き物たちにとっては欠かせないお宝がありました。

5話見所

5話はやはり、なんと言ってもヒロインの登場が見所ではないでしょうか。ヒロインとなるペンネは、少々アホなアラシと違い、物事を分析し冷静に組み立てることができるため、アラシと一緒にいると良いコンビのように見えます。また、ゾイドのメンテナンスもできますし、手先も器用という、ヒロインとしてだけでなくチームメンバーとしても大歓迎ですよね。

5話では、ペンネとアラシのやりとり、ワイルドライガーのペンネに対する態度に注目したいですね。

【ゾイドワイルド】5話の感想【アニメ注目回感想まとめ】

5話では、やはりペンネに対する感想がとても多かったですね。そのほとんどは、「かわいい」というペンネを賞賛するもの。ペンネが協力するふりをして最後裏切るのでは、予想していた人もいたようですが、そんなこともなく、互いに言い争いをしながらも、お宝の場所まで行き、なんだかんだ互いに手を貸すという良い協力関係を築いていました。

ペンネは、アラシに比べるととてもしっかりしたキャラで、おそらく年齢的にはそんな違いはないと思いますが、無茶なことをする主人公を諌め、呆れながらも協力するお姉さんのような雰囲気を出し、ペンネの登場に喜ぶ人は多かったですね。5話以前も、この5話でもアラシの猪突猛進すぎるアホさが頻繁に描かれているので、ペンネのようにしっかりしたキャラの登場により、安心が生まれたのでしょう。感想のなかには、ペンネが別行動することを惜しむ声もありました。

【ゾイドワイルド】7話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】

7話あらすじ

敵であるデスメタルたちの罠によって、施設のロウヤに閉じ込められたアラシとワイルドライガー。そこで知り合ったゾイド博士ことオニギリ協力のもと、ロウヤから出てデスメタルたちの動向を観察していたアラシですが、実験され苦しむゾイドや、自分のゾイドを実験台にしなければならないオニギリの様子を見て、敵の前に姿を現し戦うことに。ガノンタスを取り戻したオニギリは、本能解放をし、施設から脱出するのでした。

7話見所

7話の見所ですが、ゾイドに対する実験の様子や、オニギリとガノンタスの絆ではないでしょうか。アラシとワイルドライガーも見せた「本能解放」は、ゾイドとライダーの絆が究極にまで高まったときに発動できる必殺技です。その必殺技を、実験台にされていたガノンタスと、嫌々ながらも実験するしかなかったオニギリがすぐに発動できたあたり、彼らの絆の強さを感じますよね。

実験という非道な行いをする様子、それでも互いを思いやる気持ちを持ち続けたオニギリとガノンタスの姿には、ぜひ注目したいところです。

【ゾイドワイルド】7話の感想【アニメ注目回感想まとめ】

7話では、ガノンタスやゾイドに対する感想がとても多かったですね。本作はゾイドが主役ということもあり、ゾイドに対する作画の気合の入れ方や、ガノンタスの人に寄り添った雰囲気、造形を賞賛する感想が多数見られました。やはり、ロボの造形がしっかりしていると、見ているこちらが楽しくなりますし、何よりかっこよさを感じやすいですよね。

また、冒険する仲間が増えたことを喜ぶ声もありました。5話ですでに仲間は1人ゲットしているのですが、冒険は別々に行なっているため、一緒に行動する仲間というが今までいませんでした。アラシはワイルドライガーに一人話しかけることも多かったので、それを考えると仲間ができたことは喜ばしいですよね。

【ゾイドワイルド】13話のあらすじと見所【アニメ注目回感想まとめ】

13話あらすじ

デスメタルたちにより窮地に陥ったアラシたち。そのピンチに駆けつけたのは、ベーコンでした。アラシが勝てそうになかった敵のゾイドに勝ったベーコン。しかし、喜ぶ間もなく、敵は新たなゾイドを解放したのです。唯一、他のゾイドを食べることができるゾイド「デスレックス」。仲間のゾイドでさえ捕食するデスレックスを前に、ベーコンはアラシたちを逃しますが、ベーコン自身は深手を追ってしまいました。

13話見所

13話の見所は、やはりベーコンのかっこよさではないでしょか。ベーコンにゾイドとの接し方を教えたのは、アラシの父であり、アラシにゾイドとの接し方を教えたのがベーコン。知らないところで運命は巡っていると思わせてくれるような展開は、ぜひ注目したいところ。ただ、ベーコンや、ベーコンのゾイド・ファングタイガーファンにとっては、辛い話となりましたね。

【ゾイドワイルド】13話の感想【アニメ注目回感想まとめ】

13話では、やはりベーコンに対する感想が多かったです。特に、ベーコンの今後の展開を予想する声が多く、死んだと見せかけて後々敵として登場、とするのが多数見られました。確かにアニメだとよく見られる展開ですよね。直接そういったシーンが流れないと、ついついそういう展開を疑いたくなるのが、アニメ好き。

とは言ったものの、このゾイドワイルドが子ども向けということを考えると、ベーコンが生きているかどうかは少々疑問ですね。ただ、ベーコン生存説には、ベーコンに生きていてほしいというファンの願いも込められていると思うので、まだまだ最後までわかりません。

また、アラシを庇ったことでベーコンが残されたことを受け、アラシの精神的な成長を望む声も非常に多かったです。これを機にアラシがどう変わっていくのか注目したいですね。

【ゾイドワイルド】感想についてまとめ

ゾイドワイルドについて、比較的評価の高い感想が多く、その人気っぷりがうかがえます。ただ、ゾイドに対する造形を褒める一方で、敵キャラや人間たちのデザインに対してはいまいちという声もあり、どれだけゾイドの作画に力を入れているかがわかりますね。ロボ系のアニメや子ども向けアニメも好きな方はとても楽しめる作品となっていますよ。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/anime_zoidswild/status/993415209594343424