2018年11月08日 UPDATE

【プーさん】プーはクリストファーロビンの大親友!名前の意味や実写版声優紹介

世界的に人気なキャラ「プーさん」の名前の意味や声優さん、親友であるクリストファー・ロビンについてなどを紹介します。ディズニーランドの人気アトラクション「ハニーハント」や最近公開された実写映画も詳しく解説!カワイイイラストなども交えながらプーさんをまとめて紹介!

目次

  1. 【プーさん】声優を紹介【イラスト】
  2. 【プーさん】名前の意味【イラスト】
  3. 【プーさん】モデル【イラスト】
  4. 【プーさん】正体はぬいぐるみ【イラスト】
  5. 【プーさん】はちみつが好き【イラスト】
  6. 【プーさん】チーズが嫌い【イラスト】
  7. 【プーさん】物語の舞台【イラスト】
  8. 【プーさん】ハニーハントについて【イラスト】
  9. 【プーさん】ハニーハントのスペル【イラスト】
  10. 【プーさん】ハニーハントの都市伝説【イラスト】
  11. 【プーさん】実写映画について【イラスト】
  12. 【プーさん】実写映画のインタビュー【イラスト】
  13. 【プーさん】実写映画の評判【イラスト】
  14. 【プーさん】起訴問題【イラスト】
  15. 【プーさん】ロシア版【イラスト】
  16. 【プーさん】親友のピグレットについて【イラスト】
  17. 【プーさん】親友のクリストファー・ロビンについて【イラスト】
  18. 【プーさん】親友のクリストファー・ロビンの声優を紹介【イラスト】
  19. 【プーさん】親友のクリストファー・ロビンのモデル【イラスト】
  20. 【プーさん】まとめ【イラスト】

【プーさん】声優を紹介【イラスト】

412cmgf3xhl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412CMGF3XHL.jpg

プーさんというキャラの声優をしてきた人は今までに何人かいますが、代表的なのは八代駿さんという声優です。この声優さんはテアトル・エコーという事務所に所属しています。本名は鈴木基弘という名前です。生年月日は1933年2月19日、そして70歳のときの2003年6月25日にこの世を去っています。

声質が高い方でニュアンスなどを変えて色々なキャラを演じ分けることが出来ていました。どこか抜けているキャラや温厚で優しいというまさにプーさんのようなキャラなどを演じていたことが多かったですが、悪役や人間ではないキャラもたくさん演じてきました。

特に仮面ライダーシリーズでは初代からスーパー1まで登場した怪人をおよそ50体以上も演じてきました。なので仮面ライダーファンにはすっかりお馴染みの声優と言っても過言ではありません。そしてその怪人の声優をしているときの八代さんは普段のプーさんの温厚な印象とはまるっきり異なっていて、声優の凄さが分かります。

東京ディズニーランドではプーのナレーションも長年に渡って担当してきました。彼が声優として遺作になったのもプーさんでした。彼は10年以上もプーさんの声優を演じ、非常に多くのファンから愛されていました。

81uc rcgbql. ri sx300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uc-RcGbqL._RI_SX300_.jpg

【プーさん】名前の意味【イラスト】

71pzbuommdl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71PzBuommdL._SL1500_.jpg

プーさんの本当の名前はウィニー・ザ・プーです。この名前の意味の元になったのはロンドンにある動物園にいた熊のウィニーからです。それと白鳥のプーから取って、このような名前になりました。動物園の動物から名前を取っているので名前にそれほど深い意味はないのかもしれません。プーさんという名前は有名ですが、本名を知っている人は少ないようです。

それと一説によるとサンダースというのが本名と言われていましたが、これは前に住んでいた住民の表札の名前なだけであってまったく関係ありません。

ちなみに英語の幼児語としてpooというものがあり、うんこを意味します。しかしこれはプーさんがうんこさんという意味になっているというわけではありません。うんこを意味するのはpooですが、プーさんはpoohという綴りになります。実は発音が同じですが意味は地学なってきます。hが付いただけですが、意味が全然違うのでうんこという意味の名前ではないということは覚えておいてください。

91mvslp0bsl. ri sx300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91MVsLp0BSL._RI_SX300_.jpg

【プーさん】モデル【イラスト】

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm
価格 ¥ 9,450

原作者さんの息子、クリストファー・ロビン・ミルンが持っていた熊のぬいぐるみがプーさんのモデルと言われています。一方で小説の挿絵を書いていた絵師さんが参考にしていたのはそのぬいぐるみではなく、自分の息子が持っていたものでした。

また、プーさん以外のキャラも息子が持っていたぬいぐるみがモデルとなっています。

91c5j55oy5l. ri sx300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91c5j55OY5L._RI_SX300_.jpg

【プーさん】正体はぬいぐるみ【イラスト】

くまのプーさん ぬいぐるみティッシュケース ティッシュボックスカバー 正面向き 【東京ディズニーリゾート限定】
価格 ¥ 5,280

よく蜂蜜を食べていたりする場面から生物だと思う人が多いですが、実は正体はぬいぐるみで中身は全部わたになっています。そのため蜂に刺されたりしても大丈夫なんです。

ディズニー いっしょにねんね すやすやメロディ くまのプーさん
価格 ¥ 3,210

【プーさん】はちみつが好き【イラスト】

71bpwr8watl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71BpWr8WAtL._SL1500_.jpg

プーさんといえば蜂蜜が大好きなところが特徴です。彼の体型が少しふくよかなのは蜂蜜をたくさん食べちゃったからなのかもしれません。そしてこれらのことから実際の熊も蜂蜜が大好きというイメージが付いていますが、実際はどうなのでしょうか?

実は現実にいる熊もよく養蜂箱を襲っている事件が多く起こっていて悩みの種にもなっていたほどです。しかしながら現実の熊は蜂蜜が大好きというわけではありません。というのも熊は冬眠したりする為にとても多くの栄養を蓄えなくてはいけません。

そのために必要なのはやはり豊富なタンパク質や脂質です。熊はそれを手に入れる為に蜂の巣を襲い、そして蜂の子を食べるのです。熊が蜂の巣を襲うのは蜂蜜が目当てなのではなくて栄養豊富な蜂の子を食べるためなんです。

もちろん蜂蜜が嫌いなわけではなく、むしろ好きなのでしょうが、プーさんからイメージされるほどの大好物ではないようです。

粘着 コロコロ クリーナー くまの プーさん カーペット お 掃除 用品 グッズ ディズニー ( ディズニーリゾート限定 グッズ お土産 )
価格 ¥ 2,350

【プーさん】チーズが嫌い【イラスト】

蜂蜜が好きというのは知れ渡っていますが、嫌いなものというのは案外知られていません。プーさんはチーズを嫌いとしています。

プーさんは蜂蜜が好きすぎてあらゆる食べ物に蜂蜜をかけて食べてしまいます。まるでマヨネーズを持ち歩いて何にでもマヨネーズをかけて食べちゃうような人みたいです。プーさんは蜂蜜の甘さが大好きで、食べ物にかけることによってその食べ物をとても甘くしています。

しかしチーズは甘くなりませんでした。なのでチーズを嫌いになってしまいました。塩っ気のあるチーズに甘みのある蜂蜜をかけるとバランスがよくなって美味しい組み合わせになったりもするのですが、当然合わない種類もあります。

しかしプーさんにとっては合う合わないなどは関係なく甘くなるかならないかの問題なのでしょう。

ニューボーン WブロウEX N B6 ナチュラルブラウン ディズニーぷーさん限定デザイン
価格 ¥ 1,267

【プーさん】物語の舞台【イラスト】

プーさんの物語の舞台は100エーカーの森ですが、なんとここは実在しています。この森はイギリスにあり、ロンドンから車でおよそ1時間ほど離れたハートフィールドという村にあるアッシュダウンフォレストという森がモデルとなっています。

村や森の全体がプー・カントリーを呼ばれていてカフェやキャラグッズなどが盛りだくさんです。作中に登場した棒投げ橋も見ることが出来ます。プーさんの聖地ではありますが、観光地化されているわけではなく、とても自然豊かです。見渡すと馬や羊も見えたりします。

それでも夏には観光客が多かったりするようです。ファンならぜひとも足を運んでみたい聖地ですね。

【プーさん】ハニーハントについて【イラスト】

ディズニーランドにはプーさんをモチーフにしたアトラクション「ハニーハント」があります。

ハニーハントは蜂蜜を入れている壺の乗り物に乗って、森の中を冒険していくアトラクションになっています。このハニーハントはディズニーランドの中でもトップクラスに人気の高いアトラクションになっていて凄く長い待機列を作ったりもしています。

ハニーハントの待ち時間が480分というとんでもない時間を記録したこともありました。このハニーハントに乗るために8時間も列に並ぶとは正気の沙汰とは思えませんよね。しかしファンからするとハニーハントはそれだけの価値があるのでしょう。

ですが、流石に毎回毎回480分の待ち時間になるわけではないですから、遊びに行った時にはやはりハニーハントに乗りたいですよね。ハニーハントには隠れミッキーとかもいるようですし、ハニーハントを乗った人たちからの評判も凄く高いです。

【プーさん】ハニーハントのスペル【イラスト】

ハニーハントは英語だとHunny Huntと書かれます。しかし蜂蜜を意味する英語はHoneyと書きます。ハニーハントというのは直訳で蜂蜜を狩るっていう意味になりますし、明らかなスペルミスなんですよね。

しかしこのハニーハントのスペルミスはプーさんがしてしまったという設定です。実は彼はよく作中でも文字のスペルなどを間違って書いちゃったりしていることがよくあります。その設定が活かされてハニーハントは蜂蜜を意味しながらもスペルは違っているということになっています。

【プーさん】ハニーハントの都市伝説【イラスト】

ハニーハントを一番最後に乗って家に帰ると5%の確率で夢にプーさんが登場してくるという都市伝説があります。もし出てきたら「一緒に遊ぼう」と誘ってあげて蜂蜜などを分けてあげたりしましょう。そうしたら夢の終わりにミッキーが登場して運気をアップさせてくれます。その日1日はとてもラッキーになるそうです。

信じるか信じないかはアナタ次第です。

【プーさん】実写映画について【イラスト】

9月の14日、「プーと大人になった僕」という実写映画が日本で公開されました。この実写版は大人になったクリストファー・ロビンが久しぶりにプーさんたちと再会を果たすことによって大人になって忘れてしまっていたとても大切なことを思い出させてくれるような物語になっています。

少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──  大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリストファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。  プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリストファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。  一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──

実写映画「プーと大人になった僕」の公式あらすじとなります。

あらすじを読むだけで名作だということが分かりますね。実写のプーさんたちのクオリティも高いですし、見る価値は大いにありそうです。

【プーさん】実写映画のインタビュー【イラスト】

実写版にてクリストファー・ロビンを演じているユアン・マクレガーさんが各俳優さんたちに向かってインタビューをしていく動画が公開されています。この動画の面白いところがインタビューに答えている俳優さんたちの姿がプーさんなど演じているキャラになっているところです。

プーを演じるジム・カミングスさんは作中のキャラと似ているところは?と質問されます。それに対して彼は「今ランチのことを考えてたよ。質問なんだっけ?」という風に天然を炸裂させています。これにはユアンも呆れ顔です(笑)。

次にピグレットを演じている名前はニック・モハメッドさんに演技のスタイルを質問してみました。彼は「僕はいつでも皆に賛成して、反対なんてしないよ」と演じているキャラらしくおどおどとした感じの優柔不断っぷりに答えました。

次にティガーを演じるジム・カミングスさんにモチベーションを保つにはどうすればいいのかと質問。とても元気でテンションが高い彼は「ティガーが考えるようなことを考えたらティガーになれるよ!」と言い切りますが、ユアンはでもティガーじゃなかったらどうするの?と突っ込みを入れます。

最後に質問を受けたのはイーヨー役のブラッド・ギャレットさん。スクリーンの中と外のイーヨーはどうやって区別しているのかの質問に彼は「劇中のイーヨーは少し落ち着いている」と答えます。ユアンは本当?と疑問を持ちます。

くまのプーさん/完全保存版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
価格 ¥ 3,336

最後はプーさんが「蜂蜜ある?」と言った場面で動画が終わります。短いながらも楽しくホッコリするような動画でした。

【プーさん】実写映画の評判【イラスト】

実写版の予告動画がYouTubeに上がっていた頃は「なんだか怖い」「ホラーっぽい」などといった声も多く見られていましたが、実際に実写版が公開されてからは多くの好意的な感想が寄せられました。

やはりあらすじからも予想が出来ますが、泣ける実写映画のようですね!しかも全編泣きっぱなしというんですから凄く感動出来る実写版であることに間違いはありません。大人になって大切なものを忘れてしまっている人ほどこの実写映画は心に来るのかもしれません。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット プーさんデザイン
価格 ¥ 2,480

「何もしないことが何かに繋がっていく。」 確かにこれはとても名言ですね!どのような場面でこの名言が出るのか。この台詞はどんな意味を持っているのか。この実写版映画をまだ見てない人はぜひご覧になってみてください!

【プーさん】起訴問題【イラスト】

プーさん、実はある訴訟問題にあっていました。ディズニーといえば著作権がめちゃくちゃ厳しいとしても有名だと思いますが、今回はなんとディズニー側が著作権に関する問題が裁判を起こされてしまいました。

実はプーさんというのはディズニーではなくアメリカのまた別の企業が著作権を持っているキャラなんですよね。もともとは原作が小説であり、その小説に目をつけたのが著作権を持っていた会社の創業者さんで彼が亡くなった後もそのプーさんの著作権は会社が保有し続けたわけです。

彼らの後にプーさんに目をつけたのがディズニーです。ディズニーと著作権を持っていた会社は1961年にライセンス契約を結びました。簡単に言うとキャラを使うことを許可する代わりに著作権使用料を著作権を持っている側に払うというものです。

しかし両者の間に見解の相違点があったようで、キャラグッズやゲーム、DVDなどに関しても使用量の中に含まれてしまうのかという点において両者の意見が食い違い、裁判になります。その結果ディズニーが勝ち、著作権を持っていた側が負けてしまいました。

しかしこれは著作権を持っていた側が探偵などを使いディズニーの情報を不正に得ていたためであって、本来の争点とはまったく関係のないところで決着がついてしまいました。その後、ディズニーは著作権を持っている会社はプーさんに関する全ての権利を破棄するべきだと裁判所に訴えましたが、これは認められずディズニーの敗訴となりました。

【プーさん】ロシア版【イラスト】

実はロシアにもロシア版のプーさんが存在しています。一般的によく知られているものとは大分違っていますが、こちらも立派なプーさんです。見た目も大分違い、ロシアのほうはなんだかたぬきのようにも見えます。黄色のイメージが強いのですが、こちらは茶色い毛をしています。

こちらも一風変わって魅力があるのでオススメです!

【プーさん】親友のピグレットについて【イラスト】

プーさんの親友はピグレットという名前です。親友の彼はピンク色の豚です。ピンクのシャツを着ているのが特徴です。ちっちゃくてカワイイことからファンからも人気が高く愛されています。

親友の彼は臆病で困った時には「どどどうしよう」と慌ててしまいますが、友達のためには立ち向かっていけるような強い性格です。

【プーさん】親友のクリストファー・ロビンについて【イラスト】

プーさんの親友であるクリストファー・ロビンを紹介!親友のクリストファー・ロビンはとても優しい人間です。親友のクリストファー・ロビンは森のリーダー的な立ち位置にいます。また、親友のクリストファー・ロビンは頭が良いのでみんなからも頼られています。

【プーさん】親友のクリストファー・ロビンの声優を紹介【イラスト】

A107vj0zuhl. ri sx300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A107Vj0zuhL._RI_SX300_.jpg

プーの親友、クリストファー・ロビンの初代声優の名前は水島裕さんです。水島さんはフリーで活動している声優です。俳優やナレーター、ときには司会者としても活動されています。1956年1月18日生まれの62歳。

正統派なヒーローやイケメンな青年などを演じることが多かったですが、ギャグな三枚目キャラや狂気がある悪役なども演じることが出来た幅広い演技を可能としていました。アニメではぴえろ魔法少女シリーズで1980年代に作られた作品の全てで主人公の相手のキャラを担当していました。

声優の水島さんは吹き替えにおいてはサモ・ハン・キンポーさんの声優をほとんど専任に近い形で担当しており、その声を聞いたことがある人も多いかと思います。

クリストファー・ロビン役だった水島さんは草野球を趣味としていて、六神合体ゴッドマーズで主人公のタケルを演じていた際、タケルが出動するときの台詞「ガイヤー!」というのが何度も野球の外野を思い出してしまうと語っています。草野球が好きなことから野球アニメの役を演じることが好きと語っていて、一球さんの主人公一球を演じていたりもしました。

【プーさん】親友のクリストファー・ロビンのモデル【イラスト】

親友であるクリストファー・ロビンのモデルは原作者の息子であるクリストファー・ロビン・ミルンとなります。しかしその息子のクリストファー・ロビン・ミルンはプーさんが人気になって知名度が上がったことによって学校でイジメられてしまったりということもありました。

【プーさん】まとめ【イラスト】

プーさんの名前の意味だったり、親友のクリストファー・ロビン、イラストについて紹介してきました。子供向けアニメかもしれませんが、大人でも楽しめる作品であり、公開された実写映画は大人だからこそ楽しめる内容にもなっています。世界から人気を集めるプーさんにはやはり魅力がたくさん詰まっています。

以上、プーさんまとめでした!

91sdihrqlil. ri sx300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91sDihrQlIL._RI_SX300_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412CMGF3XHL.jpg