Dklpsupfjvlneu69nucw

ネト充のススメ

CATEGORY | カテゴリー

【ネト充のススメ】1話から最終回まで感想紹介!漫画やアニメの見どころも振り返り!

2018.12.06

30歳で脱サラし、自らニートの道へと進んだ盛岡森子がネトゲ生活を充実充実させつつ、リアルを含めての人間関係や恋愛物語を描く「ネト充のススメ」の個人的感想を述べていきます。ネト充のススメ1話から最終回まで含め、漫画やアニメの見どころ、感想を綴っていきます。

目次

  1. 【ネト充のススメ・感想】ネト充のススメとは?
  2. 【ネト充のススメ・感想】1話、初回の感想
  3. 【ネト充のススメ・感想】ネトゲ充実の日々
  4. 【ネト充のススメ・感想】同じPTメンバーがリアルで近くにいすぎる件
  5. 【ネト充のススメ・感想】髪切った後の森子さんがとても可愛い
  6. 【ネト充のススメ・感想】小岩井さんというキャラクターの重要性
  7. 【ネト充のススメ・感想】アニメ・漫画の見どころはここだ!
  8. 【ネト充のススメ・感想】甘酸っぱく初々しい恋愛が良い
  9. 【ネト充のススメ・感想】最終回の感想
  10. 【ネト充のススメ・感想】まとめ

ネト充のススメはcomicoにて2013年から連載がスタートした恋愛漫画であり、comicoという漫画アプリサービスがスタートした初期からの作品の一つとなっております。原作は黒曜燐先生であり2015年には単行本も刊行されていて、現時点で2巻となっております。黒曜燐先生の体調不良によって2018年に連載が終了してしまい、先生の体調面がかなり心配されます。

物語は30歳で脱サラし、自ら引きこもりのニートの道を選んだ独身女性の盛岡森子がMMORPGのネトゲに劇ハマりし、そのネトゲでリリィというキャラクターに出会いそこから徐々に人生が変わりゆく話となっております。ネット上でのコミュニティ、そしてリアルでの人間関係など交差しつつ描かれてた作品であり、恋愛ストーリーが基本となっております。

ではまずは1話から見ていきます。1話ではヒロインである盛岡森子が退職し、そしてネトゲを始めるというところからになります。ネトゲ、いわゆるネットゲームと呼ばれるものであり、この作品のタイトルともなっている「ネト充」になる初期段階が描かれておりますね。本作の基本となるゲームは「Randgrid Online」というものであり、現実世界でのモチーフはおそらくマギノギかと思われます。

課金要素などふんだんに取り入れられているところから現実の部分を大きく盛り込んでおり、より読者に感情移入させやすい初回だったかと思われます。このネトゲで林という男性プレイヤーを作り、そしてボスになんども負けているところをリリィという支援・回復のプレイヤーが接触してくるというところからこの恋物語は始まります。ゲームでの出会い、これが森子の人生を大きく変えることになりますね。

リリィという優しい女性キャラクターを操るプレイヤーに出会えたことによってよりネトゲ生活が充実していきます。このタイトル通りのネト充になっていくわけですね。引きこもりで寝ているか風呂に入っている以外は基本ログインしているほぼ引きこもり生活であり、買い物もコンビニと引きこもりニート鏡のような存在になっている森子が描かれております。

季節はクリスマスであり、外では恋人たちがうろうろしていることもあって「リア充」に圧倒されつつ残りひとつのチキンを買おうとしたところ、一人の男性と被ってしまうということ、これがまさにフラグでしたね。リアルではほぼ充実していなくともネット上ではかなり充実した生活を送っており、文字通りのネト充になった森子が序盤ではかなり色濃く描かれておりました。

この作品の面白いところは、ネトゲで組んでいるPTメンバーが数人おり、そのPTメンバーがリアルでかなり身近にいるというところでしょうか。いつもコンビニでレジを担当しているアルバイトの青年がまさかのPTのリーダーであるカンベであり、ここから徐々にリアルと現実が交わっていきます。ゲーム内だけの付き合いであると思われていたのが、まさかの身近にいる人物だったというのがかなり重要なところですね。

ネット上のキャラクターを操作している、いわゆる中の人というのはリアルで早々に出会えるものではありません。オフ会などは別ですが、偶然出会うなどまずないことでしょう。しかしこの作品ではかなり身近におり、それがまさかのPTメンバーだったという流れがかなり面白いですね。しかも林という男性キャラクターでプレイしている森子にとってはかなり焦る場面で見ている側もハラハラさせられる展開です。

元同僚である小岩井さんが後輩の桜井のために森子を探し、まさかの偶然にもコンビニで出会ってしまってから、流れ的に飲みにいくということになり、そこからこれまで手入れしてなかった髪やらを整えにいきます。ロングとショートの間をとってミディアムにした森子の見た目がかなり可愛いというのはいうまでもないことでしょう。髪の長かったころも可愛いのですが、切った後はかなり大人の女性感が出ておりましたね。

序盤での髪の長いところは手入れしていないボサボサの本当のニート的な感じであり、可愛さもありつつ、手入れの行き届いていないところがちょっと面白いと思わされましたが、髪をしっかり整えてからはまさに美女という感じに大変身しました。ここはかなり美しい瞬間だったと思われます。その後もネトゲを続けるわけですが、長い髪の頃よりは清潔感が保たれていたように感じました。

この作品で主人公的な立ち位置にいる桜井さんの上司であり、森子の元同僚である小岩井さんのキャラクターの重要性というのがかなり見られます。そもそも小岩井さんが行動しなければほぼこの二人がリアルで会うというようなことはなかったでしょう。小岩井さんが桜井さんのためにお膳立てをしたというのもあり、この二人が無事に出会い、そしてうまくいく流れを作ったと言っていいと思います。

強引なところもあり、わざと嫉妬させるような手を使ったりもありますが、お世話好きというイメージが強いと感じました。当初はうざい先輩という感じなのかと思いましたが、桜井さんを本気で応援しているところがとてもグッときましたね。この作品において小岩井さんというキャラクターの出番はかなり多く、そして1番の恋のキューピットであると思いました。

アニメ、そして漫画の見どころを個人的に挙げるのであれば、やはり一番は最終回である二人が急接近するあたりでしょうか。雨に振られて流れ的に桜井さんの家へとやってくる森子ですが、ダボダボパーカーに初々しいやりとりがあったりで見ているととてもドキドキさせられるようなシーンが盛りだくさんです。ここを見逃してはいけないというほどにいい場面でしょう。

そしてもう一つ挙げるのであれば、桜井さんが林のことを森子ではないか?と疑い、それを確かめにいくところでしょうか? 気になっている女性のことを考えるといてもたってもいられなくなるというのはやはり恋にはつきものでしょう。この場面はおそらくみなさんが共感できる場面であると思います。この二つは個人的に見逃せない場面であり、見どころであると思います。

全体を通してやはり恋愛色が強い作品であるだけにどのような恋愛が描かれているのかと言いますと、王道的な初々しい大人の二人が描かれております。普通であれば28歳や30歳というとそれなりに恋愛経験を重ねてきて、ある程度のことでドギマギしたりしないのですが、森子の性格、さらに桜井さんの性格というものがまさに初っぽさを出していてとても見ていて楽しい気持ちになります。

学生時代に経験するような甘酸っぱい感じの恋愛ドラマをまさに30歳の女性がやっているわけで、見た目が大人であるというギャップ感もありつつかなりドキドキさせられ、またにやけさせられる場面が多いと感じました。ストーリー的にはまさに王道であり定番のような流れが多いのですが、それを登場するキャラクターがいい味をつけており、新しい感じの作品と言ってもいいように思えます。

最終回は見逃せない場面がいっぱいでした。これまでの流れをじっくり見ていると男性であれば桜井さんを応援したくなる立場にいると思われます。むしろ感情移入してまるで自分がその立場に立っているような感じにさせられるのがこの最終回だったように思えます。初々しさが爆発した恋愛ストーリーが描かれているので、最終回一番よかった回であったと感じました。

いかがでしたでしょうか? 今回はネト充のススメの1話から最終話までの感想をざっくりと述べてきました。要所要所、そして大まかな形になっておりますが、個人的な意見ではこのようになります。まだご覧になっていない方は是非1話からご覧になってみてください。これまでに感じたことのない面白さとドキドキ感が得られる作品であると個人的には感じました。

5/5