Wpiztcgpdoqiqfg4fff9

なるたる

CATEGORY | なるたる

【なるたる】古賀のり夫の最期はかわいそうという声が!のり夫の性別や声優は?

2018.12.10

鬱マンガの『なるたる』の中でも非業の最期を遂げたのが、ここで紹介する「古賀のり夫」ではないでしょうか。ここでは最期がかわいそうと言われる『なるたる』の主要キャラクターの一人、「古賀のり夫」の性別・声優・最期などを紹介します。

目次

  1. 【なるたる】作品紹介
  2. 【なるたる】若干エヴァのパロディっぽい?
  3. 【なるたる】本作の見所は?
  4. 【なるたる】あらすじ紹介
  5. 【なるたる】簡易キャラクター紹介
  6. 【なるたる】古賀のり夫はどんなキャラ?
  7. 【なるたる】アニメの古賀のり夫はさらに可愛い
  8. 【なるたる】古賀のり夫の竜の子は?
  9. 【なるたる】古賀のり夫の悲惨な最期とは?
  10. 【なるたる】古賀のり夫の声優は赤石広樹さん
  11. 【なるたる】古賀のり夫まとめ

『なるたる』は「月刊アフタヌーン」で連載していた漫画

51xfckbn6el. sy346
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51XFCKBn6eL._SY346_.jpg

『なるたる』は1998年5月~2003年12月まで「月刊アフタヌーン」で連載していた漫画で、学園・日常・SF・バトル等が混ざった世界観の作品です。

90年代後半から2000年代初頭に流行った「セカイ系」というジャンルにもカテゴライズされ、本作の場合は一見ギャグマンガっぽいイラストと可愛い美少女キャラクターが登場するのに対し、内容は重く暗いというギャップが特徴となっています。

明らかに日常作品な雰囲気に関わらず展開が鬱で、「竜の子」と呼ばれる謎の存在を駆使して戦闘を開始したり、グロテスクな描写が多いのが特徴的な作品ですね。

81wxavxzrel
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81WxaVxzREL.jpg

世紀末は『新世紀エヴァンゲリオン』の焼き増しが多かった

51u9waagzol. sx350 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51u9WaAGZOL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

90年代後半は『新世紀エヴァンゲリオン』の大ヒットにより、エヴァのコピー作品が至る所で見られた時代でもありましたが、この『なるたる』もエヴァに似た描写があり、特にアニメ版はエヴァのパロディーを見ているかのような錯覚に陥りました。

特に、「竜の子」のバトルシーンがエヴァの使徒との戦いにそっくりで、『なるたる』のアニメの戦闘シーンはエヴァの使徒との戦いを見ているかのような雰囲気がありましたね。

現代日本を題材としている所もエヴァっぽく、ある意味エヴァのファンや鬱アニメが好きな人は『なるたる』にハマると思います。

51  0pngyyl. sx354 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51--0PNgyyL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

ストーリーの流れが脈絡が無く唐突な所

51u0vh0mpyl. sy418 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51U0vh0MpYL._SY418_BO1,204,203,200_.jpg

本作は一応ストーリーがあり、時間と共に主人公も学年を上げたり成長するのですが、ストーリーに脈絡が無く、よくわからないまま次の話に進んだりするので不思議な雰囲気を味わえます。

順序良くストーリーを理解したい人には頭を悩ませる流れが多いですが、よくわからない感が良いと思う読者・視聴者もいると思いますね。

「セカイ系」の作品に多く見られがちな、物語の背景の説明が無く次々とストーリーが進んでいく所が特徴の作品で、逆に言えば唐突に超展開が訪れたりするので、不意打ちが好きな人はハマる作品でしょう。

51t7%2b5rxq7l
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51t7%2B5rxq7L.jpg

主人公は普通の快活な小学六年生の女の子

81raf3q2dml. sy300
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/81rAf3q2DML._SY300_.jpg

主人公は「玉依(たまい)シイナ」という元気な女の子で、田舎に里帰りした時にたまたま「ホシ丸」という竜の子に出会い、その後はホシ丸と行動を共にすることが多くなりました。

ホシ丸と出会ってからも特に変わらない日常を送っていたのですが、通っていたスポチャン教室で同じく竜の子を持った「佐倉明(さくらあきら)」と出会い、徐々に竜の子による事件に巻き込まれていくことになります。

1 / 3