Grp35vlkeew7rncymemv

グリザイアの果実

CATEGORY | カテゴリー

【グリザイアの果実】名言まとめ!一姫や雄二、主要キャラたちの名言の数々を紹介!

2018.12.21

『グリザイアの果実』の登場人物たちは数々の名言を残していて、特に雄二・一姫・麻子の三人は非常に素晴らしい名言を多く放っています。ここでは『グリザイアの果実』の登場人物たちの中でも、雄二・一姫・麻子の名言にピックアップしてまとめてみました。

目次

  1. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言
  2. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言②
  3. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言③
  4. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言④
  5. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言⑤
  6. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言⑥
  7. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言
  8. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言②
  9. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言③
  10. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言④
  11. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言
  12. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言②
  13. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言③
  14. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言④
  15. 【グリザイアの果実】名言まとめ

「何もしないで終わるぐらいなら、間違っていたとしても行動を起こした方がマシだ」

一見クールで落ち着いている雄二ですが、実際は行動的で用意周到な彼に似合っている名言です。

雄二は10代前半から特殊な兵士の訓練を受けているので、大胆かつ繊細にことを進める能力に長け、かつもともとの才能値も高いため、行動さえすればある程度なんでも上手くこなしてきたのでしょう。

仮に行動が失敗に終わっても、そこから教訓を得て次に繋げれば良いというメッセージも隠されていそうなので、後ろ向きな時に前進するための後押しをしてくれそうな名言です。

「確固たる理由もなく、人にレッテルを貼る行為は非常に危険である。それが過大評価であっても過小評価であっても、きちんとした情報もなくそうする事は、自分の目を曇らせ、来たる先に待ち受けるトラブルの原因にもなる」

正確な情報を求め、それに沿って確実な行動選択を選んでいく雄二に似合う名言です。

雄二は10代前半から命をかけた戦場で戦ってきたので、相手を過大評価する危険性も過小評価する危険性も経験として理解しているのでしょう。

できる限り対象を正しく把握する大切さを説いている名言で、日常生活でも使えそうなので教訓になります。

「誰かが守ってくれると信じ切ってノホホンと暮らしていれば、有事のさいになにも出来ない奴になってしまう」

10代前半に両親を失い、その後はヒース・オスロの元で玩具にされ、「日下部麻子(くさかべあさこ)」に救われてからは徹底して戦闘技術を磨いてきた雄二らしい名言です。

雄二は常に自分の身は自分で守ってきて、戦場でも極限状態の中、生き延びてきたので説得力がありますね。

10代前半から恵まれない環境で育ってきた雄二ですが、周囲に頼らず己の力を磨いて生きてきた彼の生きざまがわかる名言です。

「トレーニングというのは欠かさずに行うことに意味がある。例え小さな一歩だったとしても、それを続けることで絶えず前に進み続けるということが大事なのだ」

この名言は蒔菜にトレーニングを仕込んでいる時に雄二が放った名言だったと思いますが、身体と技術を鍛える上で正しい名言なのでためになります。

雄二ほどの一流の兵士にみっちり鍛えられ、このようにアドバイスされたら、嫌でもトレーニングを頑張りたくなるでしょう。

1 / 4