Bsfpicd4gk93pyidtqz4

土井美加

CATEGORY | カテゴリー

【蟲師】ぬいの最後や声優、名言を紹介!ギンコに蟲師の理を教えた女蟲師を紹介!

2018.12.21

『蟲師』の「ぬい」は主人公のギンコの師匠的な人物で、幼かったギンコに蟲という存在について多くを教えた人物です。最後は消えてしまう『蟲師』のぬいですが、ここではぬいの声優や名言を紹介したいと思います。どうぞお楽しみください。

目次

  1. 【蟲師】作品紹介
  2. 【蟲師】作品の特徴
  3. 【蟲師】作品の魅力
  4. 【蟲師】オダギリジョー主演で実写映画化もされた
  5. 【蟲師】主人公ギンコを紹介
  6. 【蟲師】ぬいの人物紹介
  7. 【蟲師】ぬいが山で暮らしている理由
  8. 【蟲師】ぬいの最後
  9. 【蟲師】ぬいの名言
  10. 【蟲師】ぬいの声優は土井美加さん
  11. 【蟲師】ぬいまとめ

『蟲師』は「蟲」と呼ばれる存在と対峙する蟲師の物語

『蟲師』は「月刊アフタヌーン」で2003年2月号~2008年10月号まで隔月連載されていた作品で、現在でも高い人気を誇っています。

元は1999年~2002年まで「アフタヌーンシーズン増刊」で連載されていた作品でしたが、同誌の休刊と共に高い人気があった『蟲師』は、「月刊アフタヌーン」で連載されるようになりました。

作品の時代背景は江戸時代と明治時代の間くらいの架空の時間軸ですが、主人公のギンコ以外の全ての登場人物が和服を着ていて、かつ舞台は全て田舎の家屋や村となっているので、どちらかと言えば明治以前の世界観が強調されています。

本作は、「蟲」と呼ばれる生命の根源であり人間とは異なる形態の不思議な存在と、主人公のギンコが対峙していく話で、登場人物はギンコ以外、毎回変わり一話完結のオムニバス形式を取っているのが特徴です。

基本的に一話完結のオムニバス作品

『蟲師』の作品の特徴としては、既に述べた通り基本的に一話完結のオムニバス形式を取っている所にあり、主人公の「ギンコ」以外の登場人物たちが毎回異なる所にあります。

しかし、本作の魅力はオムニバス形式にも関わらず物語がワンパターンにならない所にあり、登場人物の個性も事件の元となる蟲の種類も、毎回異なるため飽きません。

普通、この手の作品はワンパターンになって数話見たら飽きてしまいがちですが、本作は登場人物の背景や蟲の種類が豊富なので、マンネリしないで見れる所が魅力ですね。

そして、たまに主人公ギンコの過去の物語で一話丸々使ったり、ギンコの友人が登場する回があって、「今日は当たり回だ!」と楽しみに出来る所もポイントかもしれません。

背景が非常に綺麗でリアリティーがある

『蟲師』の第1期が放送されたのは、2005年10月~2006年3月でした。

しかし、2005年当時の作品としてはグラフィックが非常に秀逸で、比べるのはやや申し訳ありませんが、当時の京都アニメーションの人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』なんかと比べてもグラフィックは各段に秀逸です。

昔の日本の、田舎の村の描写と背景が非常に綺麗で、雪が深々と降り積もるシーンや水の波紋の描写など、2018年現在の最新アニメに何ら遜色がないレベルで表現されている所は凄いですね。

また、音楽も非常にアーティステックな深みのあるものが多く、チャラチャラしてないので多くの層が楽しめるメディアミックスになっています。

1 / 4