Vobabjhy0wa9lu05pehd

オデッセイ

CATEGORY | オデッセイ

『オデッセイ』のあらすじを徹底解説!!ネタバレもあり!

2019.01.14

『オデッセイ』のあらすじを徹底解説!!ネタバレもあり!ポジティブな火星サバイバル映画『オデッセイ』のあらすじは一体、どんなものなのでしょうか。そして、最終的にはどうやって地球に戻ったのでしょう。ネタバレありでご紹介します!

目次

  1. 【オデッセイ】火星に取り残されたワトニー【あらすじ】【ネタバレ】
  2. 【オデッセイ】植物学者なので…【あらすじ】【ネタバレ】
  3. 【オデッセイ】生還が明らかになるもクルーには告げられず【あらすじ】【ネタバレ】
  4. 【オデッセイ】NASAと連絡が取れる【あらすじ】【ネタバレ】
  5. 【オデッセイ】食料がダメになった【あらすじ】【ネタバレ】
  6. 【オデッセイ】ヘルメス号による救出作戦【あらすじ】【ネタバレ】
  7. 【オデッセイ】「アイアンマン」作戦【あらすじ】【ネタバレ】
  8. 【オデッセイ】最後はどうなった?【あらすじ】【ネタバレ】
  9. 【オデッセイ】その後【あらすじ】【ネタバレ】
  10. 【オデッセイ】まとめ【あらすじ】【ネタバレ】

【オデッセイ】調査中に嵐に見舞われるクルーたち

火星に降り立ち調査を行っていたメリッサ・ルイス率いる「アレス3」のクルーたちは、大規模な嵐が訪れることを感知し、火星から急ぎ脱出しようとするところから話は始まります。

激しい嵐によって折れてしまった通信用アンテナがクルーの一人であるマーク・ワトニーに突き刺さりました。懸命に転倒したワトニーを探そうと試みるルイスでしたが、視界も悪く発見することができませんでした。

【オデッセイ】飛来物によってワトニーは気絶

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
価格 ¥ 691

チーム「アレス3」はやむ無くルイスを火星に残したまま「ヘルメス号」で飛び立ちます。死亡したかと思われたルイスでしたが、実は奇跡的に生きており気絶していただけでした。自力で居住ユニット(ハブ)へ帰還したワトニーは傷の手当をした後、次の有人探査計画「アレス4」が訪れるまでの4年間をどう生き残るかを前向きに考え始めました。

【オデッセイ】植物学者のワトニーはジャガイモを育て始める※ネタバレ注意!

クルー6人分の食料は残されており、186日分(約6か月分)はありました。更に、ワトニーは感謝祭用に取っておいた生のジャガイモを見つけます。植物学者である彼はクルーの排せつ物を肥料に、水素に酸素を加え燃やして水にすることでジャガイモを栽培することに成功しました。

【オデッセイ】アレス艦長のディスコ・ミュージック

一人きりのワトニーの心の支えはアレス艦長が残していった70年代ディスコ・ミュージックの音源。「趣味が悪い」と言いながらもワトニーはその名曲の数々をBGMにしながらサバイバルしていきます。

【オデッセイ】NASAがワトニーの存在を感知

NASAはワトニーが生きていることに気づきますが、すでに地球では彼の葬式がしめやかに行われていました。「アレス3」のクルーに生存を伝えるか議論になりますが、結局は「動揺してミッションに支障がでてはいけない」と彼のことは伏せられることになります。NASAと通信もできず食料も充分に確保できていない彼は、生きている間に帰還できるとは限らないからです。

【オデッセイ】全世界に生存が発表される

NASAは全世界にワトニーが生存していることを発表します。彼との通信手段がないため見守ることしかできないNASA側は救出方法を考えようとしますがいい案がでません。

1 / 4