T8ybg1o0rj8j7xhlt44w

アニメ

CATEGORY | アニメ

【ゾンビランドサガ】紺野純子のモデルを考察!死因や声優は?歌唱力は1番!

2019.01.21

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』に登場する「伝説の昭和のアイドル」紺野純子についてご紹介!昭和のアイドルというと、モデルはいるの?意外とムッツリ?純愛コンビの活躍など、ゾンサガ1の清純派アイドル紺野純子の気になる情報盛りだくさんです!

目次

  1. 【ゾンビランドサガ】紺野純子のプロフィール紹介!
  2. 紺野純子の死因は?
  3. 『伝説の昭和のアイドル』紺野純子の魅力
  4. 「やーらしか」な紺野純子の一面をチェック!
  5. 紺野純子の声優は?
  6. 【ゾンビランドサガ】紺野純子まとめ

ゾンビィ4号:紺野純子は『伝説の昭和のアイドル』。1980年代のアイドルブームの火付け役とされていて、圧倒的な歌唱力でファンを魅了します。

アイドルに対して並々ならぬ情熱・考え方を持っており、常に敬語で話すなど王道な清純派である一方で、「もう死んでますけどね」といったゾンビギャグ(?)を持ちネタにするなど茶目っ気のある一面もある魅力的なキャラクターです。

誕生日:1964年9月2日
没年月日:1983年12月9日(仏滅)
年齢:享年19歳
血液型:A
身長:155cm
体重:40kg
スリーサイズ:80(Bカップ):55:84
趣味:釣り、ヨガ、ピアノ
好きな食べ物:豆類、和食
嫌いな食べ物:トマト、レバー
好きな色:白
CV: 河瀬茉希
(公式サイトより引用)

紺野純子の死因は飛行機事故です。九州ツアーで佐賀に向かう飛行機で事故に遭い、亡くなりました。

第6話『だってセンチメンタル SAGA』内ではじめて明かされましたが、フランシュシュのメンバーの中でも体に継ぎ接ぎが多かったことから予想していたファンも多かったようですね。

また紺野純子の没年月日は1983年12月9日ですが、乗員乗客24名が亡くなった日本航空350便墜落事故が1982年2月9日、520名が亡くなった日本航空123便墜落事故が1985年8月12日です。そういった時代背景を受けての設定、という意味合いもありそうですね。

純子ちゃんは1964年生まれの昭和世代。インターネットに驚き、テレビをブラウン管と言うなど他メンバーとは世代差を感じさせます。(ゆうぎりさんは別格ですが…)

フランシュシュが活動を続けているうちに、同じ元アイドルであるメンバーの水野愛ちゃんと次第に軋轢が生まれていきます。

純愛コンビ?

昭和世代の純子ちゃんは「アイドルとファンの間には明確な境界線がある」という考えを持っています。チェキ会など個人と接することはなく、テレビ(ブラウン管)とお茶の間のファンというはっきりした距離があるというアイドル感がはっきりとあります。

一方平成世代の愛ちゃんはアイドル戦国時代を生き抜いてきた自負もあり、「ファンがアイドルを育ててくれる」という考え方。

そんな中、考え方の違いを「キャラ」「個性」として受け入れろという巽幸太郎の言葉に感化され、純子はフランシュシュに戻ります。

雷に震える水野愛をカバーして歌唱力を披露する純子の姿は必見です!

1 / 2