Vythtwfnysodl53gehim

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】ドレファスの強さ、名言は?キャラクター情報大公開!!

2018.05.03

七つの大罪では今でも敵役の一人ともなっているドレファス。かつてのドレファスはおらず操られたドレファスが現在アニメでのドレファスとなっています。七つの大罪作品のキーマンの一人でもあるドレファスに今回は着目して見ていこうと思います!

目次

  1. 【七つの大罪】ドレファスとは?
  2. 【七つの大罪】ドレファスの性格
  3. 【七つの大罪】ドレファスの強さとは?
  4. 【七つの大罪】ドレファスとヘンドリクセン
  5. 【七つの大罪】ドレファスと七つの大罪
  6. 【七つの大罪】アニメ初期のドレファス
  7. 【七つの大罪】ヘンドリクセンに殺されるドレファス
  8. 【七つの大罪】実はザラトラスに対して嫉妬していたドレファス
  9. 【七つの大罪】ドレファスと息子のグリアモール
  10. 【七つの大罪】ドレファスがザラトラスを殺した経緯
  11. 【七つの大罪】ドレファスと10年前のダナフォール調査
  12. 【七つの大罪】ドレファスとフラウドリン
  13. 【七つの大罪】ドレファスの心とは?
  14. 【七つの大罪】ドレファスの声優「小西克幸」
  15. ドレファス まとめ

ドレファスはアニメ初期では「二大聖騎士長」という地位であり、リオネス王国聖騎士の頂点に立つ男の一人でした。黒髪ストレートにヒゲを生やしたまさに漢という感じを醸し出しているビジュアルの持ち主でガタイもゴツいです。先代聖騎士長であり実の兄でもあるザラトラスに劣らないほどの剣の技術を持っており実力はザラトラスにも負けず劣らずであります。

年齢は47歳、身長185㎝で体重は82キロという作り込まれた身体であり、魔力もかなりの物ながらやはり肉弾戦メインの戦いが得意と見受けられます。血液型はA型で几帳面な部分もあることから身なりや髪型も清潔感で溢れております。聖騎士のグリアモールの父親であり、ギルアンダーの伯父という血縁になります。人格者でもあり10年前はとても良い人物であったことも言えるでしょう。

温和な性格であり、また探究心や向上心もあるとても良い性格の持ち主です。ヘンドリクセンとは幼馴染みであり、常に高め合う間柄です。またとても使命感が強く正義という心は誰よりも強いとみてもいいでしょう。人格者でもあり善悪の判断がきっちりとつけられる反面、悪事を働いたことで常罪悪感に苛まれる心の弱さという部分も持っているいわば糞真面目なキャラクターとも言えるでしょう。

謙虚さというものもきちんと持ち合わせており、自らの成長を「まだまだ」だと言える向上心の強い心を持っています。兄というとてつもない壁に悩まされていたことが後に心の揺らぎを生みますが、それでも元々はとても良い性格であり、厳しくも優しい父親という面もありました。性格だけ見ればまるで人間のお手本のようなキャラクターであり、老若男女、誰からでも好かれるようなタイプとも言えるかもしれませんね!

ドレファスの強さの一番はやはり剣術にあると思われます。もちろん魔力という部分でも聖騎士長クラスであることは確かでしょう。闘級は総合で3000とかなり高いです。七つの大罪の通常とほぼ変わらないくらいの闘級を持っていることから16年の間に相当な鍛錬を積んだと見てもいいかもしれません。また魔力での攻撃は剣を使っての攻撃が多いことからやはり剣が彼にとっての一番の武器と言えるでしょう。

主要な攻撃は「砕貫(ブレイク)」や「羅貫(ラカン)」と行った剣を使ったものが多いです。これもドレファスが剣術をメインとしたキャラクターだけに作られた設定なのでしょうか? 魔力は1000とかなり高めであり、剣術と合わせれば剣技だけで聖騎士のトップに立てるほどの実力の持ち主であることは間違いなさそうです。例外と言えばやはり七つの大罪や十戒でしょうが、それを除くとやはり常人をはるかに超える存在と言えるでしょう。

1 / 5