2018年05月07日 UPDATE

【東京喰種】エトの正体を大調査!かわいい魅力や声優情報も

東京喰種は漫画だけなくアニメ化や実写化もされている人気作品です。今日は東京喰種に登場する「エト」というキャラクターについて紹介させていただきます。この記事ではエトの正体や、アニメでエトを演じている声優さんについてもまとめました。

目次

  1. 東京喰種ってどんな作品?
  2. 東京喰種のあらすじ
  3. 【東京喰種】エトのプロフィール
  4. 【東京喰種】エトの性格は?
  5. 【東京喰種】エトとカネキの関係
  6. 【東京喰種】エトの正体
  7. 【東京喰種】エトを演じている声優
  8. 【東京喰種】エトはコスプレも人気
  9. 【東京喰種】エトの年齢は?
  10. 【東京喰種】エトのまとめ

東京喰種ってどんな作品?

「東京喰種トーキョーグール」は石田スイ先生原作の漫画作品です。週刊ヤングジャンプ(集英社)に2011年41号から連載されており、なんと石田スイ先生のデビュー作になります。2014年7月に初のアニメ化がされており、2018年5月現在までになんと3期まで放映されている人気作品です。
アニメ以外にもゲームや舞台そして映画など幅広くメディア展開されている作品で、今回この記事で紹介をさせていただくエトも含めて魅力的なキャラクターが多く登場します。
近年ではオリンピック金メダリストの「羽生結弦」選手が東京喰種のファンで、羽生結弦選手が東京喰種に出演されている声優さんのラジオに生電話で出演すると大きな話題を呼びました。

東京喰種のあらすじ

東京喰種はタイトルからもわかるように東京を舞台にした物語です。喰種(グール)とは人の姿をしつつも、人の肉を食べて生きる怪人のことをいいます。東京喰種は現代の東京で、人に紛れながら生活をしている喰種達を中心とした物語なんです。
東京喰種の主人公は「金木 研(カネキ ケン)」で、彼を中心にストーリーが進んでいきます。人の肉を食べるというダークな世界観だけでなく、喰種として生きるうえでの悩みやそして人間性についても考察したくなるような魅力的な作品なんです。
今回この記事で紹介させていただくエトも非常に魅力的なキャラクターの1人です。東京喰種は心理描写が上手くまた戦闘もスピード感ある作品なので、そういった部分も多くの人を惹きつけている理由の1つといえるでしょう。

【東京喰種】エトのプロフィール

エトはアオギリの樹という集団の幹部である女性の半喰種です。身長が151cmで体重が44kgと、東京喰種に登場するキャラクターのなかでも小柄な印象がありますね。ちなみにアオギリの樹とは好戦的で力でねじ伏せるタイプの喰種が集まった集団です。
容姿はグルグルと包帯を全身に巻いており、裾の長いローブを着用しています。首元に巻かれた花柄のスカーフが、不気味さのなかにもかわいらしさを演出していますね。
エトの喰種としての捕食器官である赫子(かぐね)は「あんていく」の店長で父でもある芳村と同じ羽赫とされています。赫子は赫包(かくほう)という袋から放たれている「Rc細胞」と呼ばれているもので、攻撃にも利用されます。エトの赫子はとてもインパクトある形をしており、戦闘力もとても高いです。

【東京喰種】エトの性格は?

エトは見た目だけでなく性格も非常に子供のようで素直なのですが、その素直さが悪の方向に向いてしまっているため無邪気に人や喰種を躊躇なく殺害していきます。かわいい見た目と人の弱みにつけこみ嘲笑う狂気さとのギャップにハマってしまう東京喰種ファンは多いのではないでしょうか。
そんな残酷な性格の一方で、戦いで死んでいった仲間のことを想うセリフがあったり、塩野に対しては恩人という認識があったりと心の根のどこかに柔らかい部分が垣間見える不思議な性格をしています。そういった部分が怖いけれどかわいいとエトの人気に繋がっていそうですね。

【東京喰種】エトとカネキの関係

カネキこと「金木 研」は上記でも触れましたが東京喰種の主人公の1人です。じつは元々は人間だったのですが、喰種の赫包を移植されたことで半喰種となってしまいます。エトの場合は人間と喰種の間に生まれた天然の半喰種です。これに関しては下記で詳しく紹介させていただきますね。
「東京喰種√A」ではエトはカネキを組織に誘ったり好んでいる印象があります。二人の赫子の共通点として「話せる」というものがありますね。これはカネキがエトを食べ赫包をとりこんだからと言われています。そもそも赫子というのは想像力で形を変化させていくものなので、想像力があり強いからこその能力です。
ちなみにエトが死んだとされている最後のシーンに居合わせたのもカネキです。しかし実際に死んだシーンは明確に描写されていないので、生きているのでは?っという生存説も囁かれています。

【東京喰種】エトの正体

包帯で巻かれた容姿からエトはどんな人物なんだろうっと想像を掻き立てられますが、その正体は「高槻泉」でした。高槻泉といえば、主人公のカネキが好きなミステリー小説家です。人間だけでなく喰種にもファンが多く、美人なため彼女自身も大変人気があります。
そんなじつは小説家という顔を持つエトですが、じつはエト自身がアオギリの樹を創設した「隻眼の梟」だったんです。エトは喫茶店あんていくの店長で喰種である「芳村」と「憂那」という人間の間に生まれた子供です。和修家が関わっているとされているVと手を組んで、芳村は当時掃除屋をしていました。しかしじつは憂那はVを追っていたジャーナリストで、お互いその関係に気づかず恋におちてしまったんです。
Vからの命令で泣きながら憂那の命を奪った芳村は、子供つまりエトが危険な目に合わないよう逃がしました。そのときエトを引き取ったのが、後にアオギリの樹の幹部になるノロイという人物です。エトの性格はこのような生い立ちからきているんですね。
ちなみにエトが高槻泉として活動していたのは当初はお金目当てでした。しかし人気作家になり「東京喰種:re」にて自分が喰種であることを公言すると、多くの喰種から支持されただのミステリー小説だった物語が、リアルなものとして受け入れられるようになりました。これは喰種であることを公言した作品「王のビレイグ」の内容からもわかるようになっています。

【東京喰種】エトを演じている声優

そんな狂気溢れるかわいいエトをアニメで演じているのは、「坂本真綾」さんです。坂本真綾さんはフォーチュレストという事務所に所属しています。声優事務所というよりは音楽系に強く、そのため坂本真綾さんは声優だけじゃなくアーティストとしても知名度があります。坂本真綾さんは8歳から子役として活動しており、洋画の吹き替え声優としても長年活躍されています。
東京喰種のエト役以外では、「桜蘭高校ホスト部」の「藤岡ハルヒ」役や「黒執事」の「シエル・ファントムハイヴ」役で知名度があります。アニメキャラクターにありがちな萌え声ではないのですが、柔らかくリアルな声に近い印象です。芸歴も長く舞台もやられているので、演技幅がとても広い声優さんです。

【東京喰種】エトはコスプレも人気

怖くてかわいいエトはコスプレイヤーにも非常に人気のあるキャラクターです。小柄な女の子なので、背が低い方でもコスプレしやすいですね。包帯姿を再現しようと思うとなかなか大変ですが、エトの場合は姿のバリエーションも豊富なので自分でやりやすいものをチョイスすることができます。東京喰種は知名度ある作品で、エトは人気のあるキャラクターなので衣装は通販で入手することも可能です。
31fojko46ml
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31fOJKO46ML.jpg
東京喰種はエト以外のキャラクターももちろん人気があるので、複数人で併せをしても面白い作品だと思います。近年は写真を撮るだけでなく、パフォーマンスに力を入れているコスプレイヤーさんもおり、東京喰種もよくコスプレパフォーマンスの題材に使われています。

【東京喰種】エトの年齢は?

これまでエトについてまとめてきましたが、一部触れていないエトの情報があります。それは「エトの年齢」です。じつはエトに関しては正しい年齢の情報というのがでてきていません。エト自身は子供のような面を持っているため幼くみえますが、表の顔としてみせている高槻泉は成人している女性のように見えますよね。
エトの年齢に関しては多くのファンが疑問に思っており、憶測が飛び交っています。推測では時系列的に考えて25歳前後だと言われていますね。小説というのは頭がよくなければ書けません。漢字をはじめとした文字やテクニック、そして書きたいこと表現する力というものが必要です。そういったものを持っていたエトはおそらく小さい頃から人間との生活に密接に関わっていたことが予測されます。

【東京喰種】エトのまとめ

東京喰種のエトの魅力が伝わったでしょうか!
エトはギャップがあって怖いけどもとてもかわいいキャラクターです。東京喰種は考察するのも楽しい作品なんですが、エトはまさに謎が多く考察のしがいがあります。そんなところもエトの人気の理由なんでしょう。
以上東京喰種の狂気じみた無邪気さがかわいい「エト」の紹介でした。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BBzSd68Srib/?hl=ja&tagged=%E3%82%A8%E3%83%88