Vsxqy9nwycrukujdjtob

あたしンち

CATEGORY | あたしンち

【あたしンち】最終回の理由まとめ!怖いと話題【ネタバレ注意】

2018.11.01

大人気作品あたしンちは2012年3月に最終回を迎え、18年近く続いた連載が幕を閉じました。アニメでも人気の作品だったこともあり、最終回を迎えた理由や内容に対し様々な意見がネット上に挙がっています。そこで今回はあたしンちの最終回についてまとめてみました。

目次

  1. 最終回を迎えたあたしンちとは
  2. 最終回を迎えたあたしンちのストーリー
  3. 最終回を迎えたあたしンちの作者・けらえいこさんとは
  4. 最終回を迎えたあたしンちのタチバナ家を紹介
  5. アニメ版あたしンち最終回ネタバレ
  6. アニメ版あたしンち2期最終回ネタバレ
  7. 原作あたしンち最終回では母が飛んだ!?
  8. あたしンちが最終回を迎えた理由とは?読者の間では怖いという声も
  9. あたしンち最終回に対するネット上の声
  10. あたしンち最終回についてまとめ

みんなの夢

将来の夢について話をするみかんと母。テンション上がる物について話し合う母とみかんとユズヒコ。レシピを見て美味しそうだから今度作ろうと記事を冷蔵庫に貼る母。部屋で作ったテディベアを嬉しそうに見つめるみかん。そんな家族を「夢があるねえ」と父は静かに見つめています。そして好きなものを目の前に表情を明るくする家族を見て嬉しそうにする父は、みかんたちに夢を問われ「秘密」と答えるのでした。

ではここでは特に話題となった原作のあたしンちの最終回のネタバレをします。

あたしンち最後のお話、760話は“はなはだ、とーとつですが、”という言葉から始まります。いつものようにみかんたちの日常を描いたお話ではなく、最終回について語るお話になっており、読者へのメッセージと感謝の気持ちが綴られています。

しかしその背景ではなんと母が空を飛んでいるのです。校庭でバレーをするみかんや、教室で友達といるユズヒコ、いつものように集まる水島さんたち、そしてこれまで登場したキャラたちに見送られながら母が家へと飛んでいくのです。

スーパーから空を飛んで帰り窓から家に入る母。何事もなかったかのようにいつものエプロンをつけます。そして「今日は遠い方のスーパーが特売だったのよ!」と一言。

そして父の「いつから飛べるようになったんだ、オマエは・・・」の一言で最終回は幕を閉じたのです。

あたしンちの最終回は読者にとって突然のものでした。そのため最終回を迎えた理由について多くの注目が集まったのです。また最終回の内容もいつもとは雰囲気が異なるため、読者の間では“怖い”という声もあったのです。

けらさんは最終回を紙面で発表した2012年3月4日、Twitterで最終回についてコメントしています。

そこには体力的に週刊連載がきつくなったことに加え、この作品を昨年の震災のショックを拭えていない状態で続けることが苦しくなったという胸中を語っています。これがあたしンちが最終回を迎えた理由なのです。

あたしンちの最終回はいささか突然で、日常を描いた漫画とはかけ離れたまさかの母が空を飛ぶという内容でした。もしかしたらこのような突拍子もなく不思議な最終回を迎えたのは、けらさんの震災で受けたショックによるものだったのかもしれません。

多くの読者もあたしンちが最終回に至ったのは、けらさんが相当震災のショックを受けているからなのでは?と感じたのでしょう。だから震災の影響の大きさを実感し“あたしンちの最終回が怖い”という言い回しのコメントが目立つようになったのだと考えられます。

4 / 5