Re7hjeomhlfca9o3fup9

木村珠莉

CATEGORY | 木村珠莉

【SHIROBAKO】宮森あおいキャラ紹介!性格・セリフ・泣き顔まとめ

2018.10.08

宮森あおいは『SHIROBAKO』の主人公です。ドーナツ好き、いつでも明るく前向きな彼女にみんなゾッコン!?こちらでは『SHIROBAKO』の宮森あおいについて、性格や印象的なセリフ、フィギュア情報やファンの間で好評だった泣き顔シーンについてまとめました!

  1. 【SHIROBAKO】宮森あおいとは?
  2. 【SHIROBAKO】宮森あおいの性格・キャラは?
  3. 【SHIROBAKO】宮森あおいのココがいい!①理想の上司!
  4. 【SHIROBAKO】宮森あおいのココがいい!②どんな人にも物怖じしない
  5. 【SHIROBAKO】宮森あおいのココがいい!③泣き顔がよかった!
  6. 【SHIROBAKO】宮森あおいの名セリフ①「覚えておけば、次の失敗はないから」
  7. 【SHIROBAKO】宮森あおいの名セリフ②「まさに私にとっては完全食!」
  8. 【SHIROBAKO】宮森あおいのフィギュアは?
  9. 【SHIROBAKO】宮森あおいを演じる声優は?
  10. 【SHIROBAKO】宮森あおいの性格やセリフ、フィギュアなどまとめ
きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 「SHIROBAKO」 宮森あおい (No.MT114)
価格 ¥ 1,163
宮森あおいとは『SHIROBAKO』の主人公で、武蔵野アニメーションに所属。制作進行をつとめます。安原絵麻、坂木しずか、藤堂美沙、今井みどりらとは同じ県立上山高校のアニメーション同好会に所属しており、5人でいつか一緒に商業アニメーションを作るという夢を持ちます。
高校時代は「おいちゃん」「おいちゃん先輩」と呼ばれており、現在の職場では「みゃーもり」と呼ばれています。
宮森あおいは1993年生まれで、アニメが放送された2014年の時点で21歳ということが判明しています。誕生日などは残念がら不明。好きなものはドーナツです。
『SHIROBAKO』の宮森あおいの性格・キャラはというと、物語の主人公らしく前向きで明るく、仕事に対しても常に熱心に取り組んでいる様子がアニメから伝わってきます。友達思いでもあり、原画担当の安原絵麻が仕事のことで悩んでいるときも、彼女なりに言葉を選んで元気づけようとする姿勢が伝わってきました。
多少仕事のミスがあったりすることもありますが、明るく前向き、友達思いの性格というのは見ていて気持ちがいいものですよね。
それでは宮森あおいの性格、ここがいい!というポイントをもう少し細かく掘り下げてみましょう。
『SHIROBAKO』宮森あおいは2クール目より、社内のさまざまな出来事から制作進行のリーダーのようなものをつとめることになりました。入社1年目での大抜擢ということになります。
そして佐藤沙羅や安藤つばきといった新人たちの教育もすることになるわけですが、上司としての接し方が実にうまい、理想的、とファンからも評判なのです。
原稿の回収に行った佐藤と安藤がそれぞれ、誤って高速に乗ってしまったり乗り過ごしてしまったりというハプニングの際にも、きわめて落ち着いて対処していたのが特に印象的でした。
また、戻ってきた2人に、怒りもせずに「まだご飯食べてないでしょう」とお弁当を差し入れてくれたところはこれこそ理想の上司ではと絶賛されていましたね。
宮森あおいの性格・キャラの良さは先輩に対しても表れています。武蔵野アニメーションには途中採用で入社してきた平岡という制作進行がいますが、キャリアとしては彼の方が先輩なのですが、彼女は色々と直してほしいところ、こうして欲しいと思うところをはっきりと伝えます。
先輩であっても仕事進行の上で必要なことであればはっきりと告げる、当たり前のことかもしれませんが先輩に対して物怖じせずに言える子ってなかなかいないと思うのです。そういう意味で、宮森あおいはすごい!とファンからも評価が高いのです。
『SHIROBAKO』の宮森あおいは、その表情の豊かさも魅力の1つです。笑顔、驚いた顔、怒る顔、焦る顔、照れる顔、泣き顔……感情が素直にこちらにも伝わってくるんですよね。そしてそれが決して我儘な感じではないのです。
プレシャスメモリーズ/宮森 あおい【R】/SHIROBAKO
価格 ¥ 20
宮森あおいが見せた表情の中でファンの間で感動を呼んだのが「泣き顔」でした。泣き顔がいい、なんてちょっと普通ではなさそうに感じられるかもしれませんが、彼女が泣き顔を見せたシーンは本当に感動的で、見ているファンも思わずもらい泣きしたほどなのです。
プレシャスメモリーズ/宮森 あおい【R】/SHIROBAKO
価格 ¥ 20
それは声優志望の坂木しずかが初めて名前のある役を掴んだ時のことでした。アフレコ時に立ち会った宮森あおいは感極まってみんなに隠れながら密かに泣くのです。「隠れて」というところがまたポイントが高いんですよね。このシーンは同時に、彼女が本当に友達思いである、ということが分かったシーンでもありました。
SHIROBAKO プレシャスメモリーズ 限定 スリーブ 宮森あおい & 矢野エリカ
価格 ¥ 1,998
それでは『SHIROBAKO』宮森あおいの名セリフと言えるものをご紹介しましょう。まずはこちら。
「そのうっかりをちゃんと覚えておいてね。覚えておけば、次の失敗はないから」
プレシャスメモリーズ / 宮森 あおい【R】 / SHIROBAKO
価格 ¥ 20
これは新人の佐藤沙羅と安藤つばきに向けられたセリフ。2人が原稿回収に行った際に佐藤は誤って高速へ、安藤は電車を乗り過ごしてしまった時のことです。帰ってきた2人を怒ることもせず、上のセリフで出迎えた宮森あおい。本当に最高の上司ですよね。
「えー?ドーナツはオールマイティーオールシーズンオールオーケーだよぉー。まさに私にとっては完全食!」
SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)
価格 ¥ 23,280
宮森あおいのドーナツ愛が炸裂しているセリフです。本当に大好きなんだなあと感じますよね。そして自分の好きなものをこうしてはっきり告げることができる女の子ってやっぱりかわいいと思ってしまいます。
アニメーションを扱う仕事は大変そうでアニメからもそれは伝わってきますが、「お疲れ様」と彼女に山ほどのドーナツを差し入れしたくなっちゃいますよね。
ワンフェス 2015夏 MINE SHIROBAKO 宮森あおい
価格 ¥ 21,362
『SHIROBAKO』の宮森あおいのフィギュアについて調べてみました。かなり精巧につくられたフィギュアで、今にも動き出しそうな躍動感あふれるものとなっていますね。大量に生産されているフィギュアではなさそうですが、価格的にも手が届かない……というわけでもなさそうですね。
アニメのワンシーンからまさに抜け出てきたような宮森あおいのフィギュア、フィギュアコレクターなら買うしかない…!?
『SHIROBAKO』の宮森あおいを演じるのは声優の木村珠莉さんです。木村珠莉さんは6月7日生まれ、福岡県出身で現在は東京俳優生活協同組合に所属しています。
木村珠莉さんはアニメ声優デビューは2013年、2014年には『SHIROBAKO』の主人公、宮森あおい役を演じています。そのほか、『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』の蒼井結衣役、『セイレン』の桃乃今日子役、『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』の相葉夕美役などが有名です。
『SHIROBAKO』の宮森あおいに決まったときは、アニメを作る、という作品に触れた影響もあってか、声優としてもっとアニメで芝居をする、ということを意識し、より積極的になったと語っています。
SHIROBAKO (初回生産限定版) 全8巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
価格 ¥ 48,300
ここまで、『SHIROBAKO』の主人公、宮森あおいについて、キャラや性格、印象的なセリフやファンから人気の高かった泣き顔のシーン解説、フィギュア情報、声優などについてまとめました。
どの作品にも言えることですが、主人公がファンから好感をもたれること、というのは大変重要なことだと思います。そこがクリアできないとなかなか、作品に入り込んでいってもらえない、ということも少なくありません。
ですが『SHIROBAKO』に関して言えば、宮森あおいというおそらく多くのファンから好感をもたれるヒロインだったからこそ、作品人気も高かったのだろうと思います。
『SHIROBAKO』は劇場版制作が発表されていますが、そこで宮森あおいがどのような活躍をみせるのか、どんな物語りになるのか、非常に楽しみですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71BHMiVTBtL._SL1084_.jpg