Nmtkyoxvnen5eiiap54c

折笠富美子

CATEGORY | 折笠富美子

【あたしンち】立花みかんキャラ紹介!声優・結婚・大学は?

2018.11.05

あたしンちの主人公・立花みかんは一見普通の女子高生ですが、実はとても個性的で目が離せない女の子です。そこで今回は家族や友達との関わりや学校生活や恋愛の中で色んな一面を見せてくれるあたしンちの立花みかんについて、声優や大学や将来の結婚にも触れながら紹介していきます。

目次

  1. 立花みかんとその家族の日常を描いたあたしンちとは
  2. 【あたしンち】立花みかんの基本情報
  3. 【あたしンち】立花みかんはどんな女の子?外見編
  4. 【あたしンち】立花みかんはどんな女の子?性格編
  5. 【あたしンち】立花みかんはどんな女の子?学校生活編
  6. 【あたしンち】立花みかんと立花家
  7. 【あたしンち】立花みかんの気になる恋愛事情
  8. 【あたしンち】立花みかんは今後どうなる
  9. 【あたしンち】立花みかんの声優とは
  10. 【あたしンち】立花みかんについてのまとめ
あたしンち コミック 全21巻完結セット
価格

概要

立花みかんの家族が物語の中心であるあたしンちは、けらえいこさん作の日常コメディ漫画作品です。読売新聞日曜版にて1994年6月5日から2012年3月11日まで連載され、単行本は全21巻発売されて最終回を迎えています。また中国語と韓国語の翻訳版も出版されています。

2002年にアニメ化、2003年に劇場アニメ化、2010年に3Dアニメ映画化されています。アニメは台湾・韓国・香港・インドネシア・マレーシア・インドでも放送されています。その他にも他の作品とのコラボやポスターキャラクターに選ばれるなど様々なメディア展開がされており、アニメの最終回前日には公式webサイトも立ち上げられ、原作が最終回を迎えた後も企画や制作が続けられています。

ストーリー

あたしンちは“タチバナ家”という父・母・長女・長男の4人家族のお話が主に描かれています。この家族は作者であるけらさんの高校時代の家族がモデルとなっています。家族内で起こるできごと中心でしたが、次第に個性豊かなキャラクターたちが次々と登場し、家族外の人物とタチバナ家の面々との人間模様も描かれるようになりました。

アニメでは舞台が西東京市田無であり、タチバナ家は3LDKのマンションに住んでいる設定になっています。

あたしンちの立花みかんは“タチバナ家”の長女で井草高校に通う2年C組の地味でごくごく平凡な女子高校生です。モデルは作者であるけらえいこさん。みかんという名は父が命名しました。

身長は155cm。好きな食べ物は生クリームで、自分でホイップしてボールいっぱい食べることもありますが、父には若気の至りと言われています。嫌いな物ガトーショコラ。

弟のユズヒコによると嫌いな物は先に食べるタイプであるため、食パンは耳を先に食べてから白い部分にバターやジャムを塗って食べます。

自我が芽生えるのが遅く幼少期の頃はぼーっとしていることが多く、周囲と同じ行動ができなかったり、ものの分別ができていないことがあったりしました。またその当時は少々下品な性格でもありました。

親友はしみちゃん。高校ではテディベア研究会に入っており、よくベア作りに励んでいます。手芸の技術はそこそこで将来はベア作りのプロになることが夢です。一方で日記とノートを書くことは苦手です。

原作では眼鏡をかけているシーンが何度かありましたが、それ以前に眼鏡やコンタクトを使用している描写は原作にもアニメにもありません。

1 / 4