A0hhkj0aktv8pnnmxawo

遠藤綾

CATEGORY | 遠藤綾

【らきすた】高良みゆきのフィギュア情報!キャラソン・コスまとめ

2018.11.22

「らきすた」のキャラの中でもつかさ以上におっとりしている天然メガネ美少女の「高良みゆき」ですが、ピンク髪のゆるふわがかわいい女の子ですね。ここでは「らきすた」の「高良みゆき」のフィギュア・キャラソン・コス等の情報をお伝えしようと思います。

  1. 「らきすた」ってどんな作品?
  2. 「らきすた」は2010年代以降の日常系アニメのパイオニア
  3. 「らきすた」の見所は?
  4. 【らきすた】高良みゆきはおっとり秀才美人
  5. 【らきすた】高良みゆきは教育アニメのキャラみたい
  6. 【らきすた】高良みゆきは歯医者が苦手
  7. 【らきすた】高良みゆきのキャラソン情報
  8. 【らきすた】高良みゆきのフィギュア情報
  9. 【らきすた】高良みゆきのコスプレ情報
  10. 【らきすた】高良みゆきの声優は遠藤綾さん
  11. 【らきすた】高良みゆきまとめ

原作は四コマ漫画でアニメは京都アニメーションが制作

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61sGsTyc-5L._SS500.jpg
「らきすた」は「美水(よしみず)かがみ」さんの四コマ漫画が原作のメディアミックスで、アニメは「京都アニメーション」が制作しました。
内容としてはデフォルメ感が強い女子高生たちが普通の日常を送っていく淡々としたアニメなのですが、それまでの日常アニメと大きく違う所は、オタクネタが随所に散りばめられている所です。
2018年現在だと古いネタも多いですが、放送された2007年時点ではかなり最新のオタクネタが多く、むしろ今見ても勉強になるオタク知識を学べるので、「らきすた」を知らない2010年代以降の世代は要チェックですね。

「らきすた」は2010年代以降の日常系アニメのパイオニア的存在

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KuGQMkCOL.jpg
「らきすた」を見るとわかりますが、あえてデフォルメ感が強いキャラクターデザイン・萌え要素の高いキャラクター設定・ありふれた会話で楽しませる作風など、2010年代以降の日常系アニメの礎となった作品だということが見てわかります。
2010年代以降の学園ラブコメが『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まったとすれば、日常系は「らきすた」から始まったと言っても過言ではなく、ややマニアックですが非常によくできた作品だと言えますね。
2018年現在で大ヒットしている日常系アニメに通じるものが「らきすた」には詰まっており、やや古いとはいえ日常系アニメが好きな方は見て損のない作品だと言えそうです。

メインキャラクター四人の日常とエピローグの「らっきーちゃんねる」が面白い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81nskHYyjTL._SX522_.jpg
「らきすた」の魅力は、なんといっても普通の高校生の「泉(いずみ)こなた」「柊(ひいらぎ)つかさ」「柊かがみ」「高良(たから)みゆき」の四人の高校生活とマニアックな日常が見所で、個性的なキャラ設定と妙にインテリな会話を永遠と繰り広げていく所が面白いです。
まさに2007年当時のオタクのためのオタクアニメという感じで、『涼宮ハルヒの憂鬱』のネタが頻繁に登場したり、ハルヒに限らず当時の人気アニメやアーティストのネタで盛り上がったりなど、見所が多いですね。
また、エピローグには「らっきーちゃんねる」という特別番組が必ず特設され、二面性の強い美少女アイドル「小神あきら」と「白石みのる」の面白いコントが見れるのも特徴です(あきらに関しては本編では最終回でようやく登場するという扱いも面白いです笑)。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/819EDFuTjcL._SL1500_.jpg

高良みゆきは柊つかさ以上におっとりしている女の子

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51gf3ujbnJL.jpg
「らきすた」は「柊つかさ」も相当おっとりしている女の子ですが、ここで紹介する「高良みゆき」はつかさ以上におっとりしているキャラクターで、しかもメガネでピンク髪のゆるふわロングという萌えキャラです。
かなり天然な女の子で、こなたからは「歩く萌え要素」と称される程の美少女ですが、なぜか雑学を豊富に持っていて知性の高さは作中一ですね。
ちょっとおバカなこなたとつかさ、それに気の強いかがみと仲良くなった経緯は謎ですが、おそらくみゆきの知性に感化されたこなた辺りが仲間に勧誘したのでしょう。

普通に勉強になる高良みゆきのお話

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41bQawLyMZL.jpg
「らきすた」は日常系アニメなので、淡々とどうでもいい知識や雑談を繰り広げていく所がありますが、みゆきの話は知識が深く、みゆきだけで数十秒使われるくらいです。
海に遊びに行って髪の毛が痛んだ回の時は、なんで海に行くと髪の毛が痛むのかというこなた達の疑問に対し、みゆきはキューティクルがどうのとかシスチン結合がどうだとか、かなり専門的な知識を伝え皆はついていけない程でした。
みゆきは自分の知識を披露することがたまにあり、大体三話に一回くらいはみゆきの深い話を聞けて勉強になることがありますね。

高良みゆきは歯医者を敬遠している

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41PzB3EoICL.jpg
みゆきはスポーツも出来て知識も広いため完璧人として周囲に認識されていますが、歯医者を嫌っていて、歯医者に行くのだけはみゆきも嫌なようです。
途中で通院を止めてしまった程でしたが、歯が痛むと言っていたのでその後は治療したでしょうね。
「らきすた」は歯医者に行く行かないとか、○○が好きだ嫌いだとかを永遠に話し続ける日常系アニメですが、こんな小さなエピソードが結構おもしろかったりします。

高良みゆきのキャラソンは「萌え要素ってなんですか?」という曲名

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mrsfzankL.jpg
高良みゆきのキャラソンは「萌え要素ってなんですか?」というタイトルのキャラソンで、みゆきっぽいボケボケしたメルヘンな雰囲気と、しっかり者な感じが両方ミックスされたようなキャラソンです。
歩く萌え要素と称されるみゆきに相応しいかわいいキャラソンで、自宅で寝そべりながら聴きたいキャラソンですね。
また、「たぶんかなり普通の休日」というタイトルのキャラソンもあり、こちらはさらにみゆきのおっとり感が強調されたキャラソンになっています。

高良みゆきのフィギュアは種類が豊富

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31C1iH3VhvL.jpg
さすが人気作品のキャラクターだけあり、高良みゆきのフィギュアは種類が豊富でAmazonでフィギュアを購入をするのは容易です。
制服バージョン(夏服・冬服)のフィギュアはもちろん、体操着・私服・バニーガールまで様々なフィギュアがあって、選ぶのが楽しいですね。
みゆきは主要キャラ四人の中で最も優れたプロポーションの持ち主ですが、フィギュアでもそのディティールが細かく表現されていて良いです。

高良みゆきのコスプレイヤー達は良かったり悪かったり……

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/414KWaq30QL.jpg
メガネっ子のみゆきは「らきすた」好きのコスプレヤー達に好評で、みゆきのコスをしたコスプレイヤーは数多くいますが、かわいい女の子がみゆきのコスをしている写真は素晴らしいですね。
……しかし、中には男性がみゆきのコスをしている写真もあり、それは正直かなり微妙なラインだったり……。
男性にはもっと男性らしいコスプレイヤーとしての在り方があると思うのですが、どうして男性ほど女性キャラのコスをしたがるのか、コスプレ初心者にはイマイチわからない所がありますね(笑)

高良みゆきの声優はシェリル・ノームの遠藤綾さん

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/718vii7c2KL._SL1000_.jpg
高良みゆきの声優は、『マクロスF』の「シェリル・ノーム」の声優や『アクセル・ワールド』の「倉崎楓子(くらさきふうこ)」の声優を務めた「遠藤綾(えんどうあや)」さんです。
遠藤さんは気品のある女性や天然な雰囲気の女性を演じるのが上手い声優ですが、年上のお姉さん的なキャラの声優をやらせればピカ一ですね。
これからも遠藤さんの声優としての活動が楽しみです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31YUI9gx7gL.jpg
みゆきはつかさと双璧を成すおっとりキャラですが、オタクで個性的なこなたと気が強いかがみの緩衝材として、二人くらい天然おっとりキャラを配備する必要があったのかもしれません。
ピンク髪でゆるふわメガネっ子な高良みゆきは、マニアにはたまらないキャラクターだと思いますが、「らきすた」自体が伝説の名作なので、ぜひ見てもらいたいと思います。
ピンク髪でゆるふわなメガネっ子は、今でもみゆきがナンバーワンだと思いますね。