Umnojfh0ncgsmtgiaxoh

鳴海兎亜

CATEGORY | 鳴海兎亜

【ワガママハイスペック】鳴海兎亜の名言集!声優や性格は?凄腕プログラマーを紹介!

2018.12.20

『ワガママハイスペック』は元々は「まどそふと」から発売されたアダルトゲームですが、高い人気で短編アニメも放送されました。ここでは『ワガママハイスペック』通称「ワガハイ」の中でも人気が高い「鳴海兎亜」を紹介します。「鳴海兎亜」の名言などお楽しみください。

  1. 【ワガママハイスペック】作品紹介
  2. 【ワガママハイスペック】アニメは短くてみやすい
  3. 【ワガママハイスペック】作品の見所
  4. 【ワガママハイスペック】ヒロイン四人を紹介
  5. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜とは?
  6. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜は大金持ちらしい
  7. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜の名言①
  8. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜の名言②
  9. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜の名言③
  10. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜の声優は後藤麻衣さん
  11. 【ワガママハイスペック】鳴海兎亜まとめ

「まどそふと」より2016年に発売された人気アダルトゲーム

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71qjcgqQYtL._SL1126_.jpg
『ワガママハイスペック』は「まどそふと」より発売された人気アダルトゲームで、2016年の「萌えゲーアワード」の大賞を受賞した人気作品です。
ゲームの発売に合わせてアニメ化もされ、アニメは本編と関係ない短編アニメとして人気でした。
『ワガママハイスペック』のコンセプトはタイトル通り「ワガママだけど才能豊かなヒロイン」という意味で、本作には個性豊かで主張の強いキャラクター達が大勢登場します。

ゲームはちょっと……という人もアニメは短くて見やすいのでオススメ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91HkcfiDPoL._RI_SX380_.jpg
『ワガママハイスペック』はキャラがかわいいので、キャラにつられて気になる人は大勢いるでしょう。
でも、ゲームを買う程ではない……ゲームは敷居が高いと感じる人も多いかもしれませんが、それならアニメは見やすくかつ一話につき2分程度の短編アニメなので、かなり見やすいです。
ストーリーも四人のヒロイン達の日常がメインで、主人公は都合よく登場しないため、かわいいヒロイン達の日常がピックアップされていて楽しいですね。

四人のヒロイン達の可愛さが全面に表れている

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715hop4ouSL._SL1000_.jpg
アニメ『ワガママハイスペック』の魅力は、四人のヒロイン達の魅力が全面に表れている所にあります。
グラフィックだけでもかわいいヒロイン達ですが、映像で動くと可愛さがより際立ち、それを見るだけでも十分価値がある作品でしょう。
四人のヒロインの内一人でもかわいいと思ったキャラクターがいたら、ぜひ『ワガママハイスペック』のアニメを観ることをオススメします。
短くて小難しいストーリーもなく、ただただかわいいヒロイン達を観れるのでオススメです。

鹿苑寺かおるこ(黒髪の娘)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41pnNKepKDL.jpg
「鹿苑寺(ろくおんじ)かおるこ」は「桜翆学園(おうすいがくえん)」に通う高校三年生で、生徒会長を務めている成績優秀で品行方正な女の子です。
実家は名家で子供の頃から厳しく育てられてきましたが、反動でオタク趣味に走るようになり、「しかくん」というペンネームで漫画家として活動しています(ライトノベルのイラストも描いたりもする)。
非常にマイペースな雰囲気の女の子ですが頭がキレる女の子で、生徒会の皆から頼られるリーダーシップある女の子です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-TxFR86nL.jpg

桜木・R・アーシェ(金髪ツインテールの娘)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41VVuomZQ6L.jpg
「桜木(さくらぎ)・R(ルーフォレット)・アーシェ」は「桜翆学園」に通う高校二年生で、かおるこに強い憧れを抱いている生徒会の副会長です。
非常に快活な女の子で、いかにもワガママそうなキャラクターですが、そのツンデレっぽい所がかわいいですね。
母親は世界的なピアニスト、父親は元バイオリニストで実家は裕福なので、典型的な「ワガママハイスペック」な女の子です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OPHzq1SdL.jpg

鳴海兎亜(銀髪の女の子)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41S3tMGUGZL.jpg
「鳴海兎亜(なるみとあ)」は「桜翆学園」に通う高校一年生で、主人公の妹で後に生徒会に加入する女の子です。
家に引きこもってネットやゲームをばかりしている女の子ですが、プログラミングの専門知識に長け、自作したスマホアプリのヒットによって「一生食べていける」程の収入を得ているようです。
かなりクールなキャラクターですが、アーシェと違う意味で主張が強く、こちらも典型的な「ワガママハイスペック」な女の子ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5185X9uaUzL.jpg

宮瀬未尋(ピンク髪の女の子)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41oxbMfBmLL.jpg
「宮瀬未尋(みやせみひろ)」は「桜翆学園」に通う高校一年生で、兎亜の親友の女の子です。
作中のメインヒロインの中で最もクセが無さそうな性格ですが、実際は小悪魔とかあざといと評され、一年生にも関わらずヒロイン一のグラマラスな体型で、料理も得意で首席で学園に入学する等、非常にハイスペックな女の子です。
四人の中で一番目立ってるくらい明るい女の子で、そのルックスからつい目を奪われてしまう女の子ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FFF5iGfML.jpg

鳴海兎亜はクールでツンデレな主人公の妹

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51niOHFdNHL.jpg
「鳴海兎亜(なるみとあ)」は主人公の妹で、長い銀髪に赤い瞳がかわいい美少女です。
性格は非常にクールで家に引きこもってゲームやネットばかりしている女の子ですが、天才的なプログラミング技術があり、コンピューターの知識は凄まじいです。
見た目通りツンデレキャラで毒舌風な名言が多いですが、兎亜の場合はあまりの可愛さで毒舌がそのまま名言になる程なので、完全に毒舌名言キャラが立っていますね。

鳴海兎亜は自作のスマホアプリで大儲け

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61OnZxoFxrL.jpg
兎亜はコンピューターの知識を生かして自作でスマホアプリを制作しており、それがヒットし「一生食べていける」額の収入を得たようです。
かわいい上に自分の力で大金持ちになった兎亜は、たくましすぎてかわいいですね。
宝くじやで大儲けできるソフトの開発にも着手しているようですが、いつか捕まらないことを祈りたいです(笑)

「やっぱり清潔が一番」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515Hva-qnjL.jpg
生徒会室にゴキブリが出た際、実家が飲食店の未尋がゴキブリ退治をしてくれ、部屋掃除を皆で終えた後の兎亜の名言がコチラ。
ゴキブリがいなくなって清々した気分の兎亜が、疲れ気味に放った名言です。
日常でも普通に使えそうな名言ですが、どうせなら兎亜のように美少女が大掃除した後につぶやいてほしい名言ですね。

「まっ、別にいいけど(優しく)」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51J8O8eGDTL.jpg
未尋が拾ってきた迷い猫を預かることになった兎亜ですが、その猫は非常に元気で兎亜の部屋の中を荒らす厄介な猫でした。
勝手に兎亜のお菓子を食べたり部屋を散らかす猫に大苦戦する兎亜でしたが、それでも最後には「まっ、別にいいけど」と優しく言ったのが兎亜の寛容さを表していて良い名言でしたね。
一見、ツンデレで狭量に見える兎亜ですが、意外なほど寛大で優しい女の子だったことが見えた名言です。

「元気でね(優しく)」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uHoxLnb1L.jpg
こちらは、その迷い猫が見つかった時に最後に兎亜と迷い猫が別れる際に兎亜が放った名言。
猫が見つかったことを感謝する飼い主たちでしたが、猫は最後に兎亜に感謝の握手を求め、兎亜も笑顔でやさしく「元気でね」と返します。
ワガママでクールそうに見える兎亜ですが、そういうキャラがふと見せる明るさや優しさが非常にかわいいですね。

鳴海兎亜のアニメ版の声優は後藤麻衣さん

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4144ZCu8f8L.jpg
鳴海兎亜のアニメ版の声優は、『ef - a fairy tale of the two.(エフ ア フェアリー テイル オブ ザ トゥー)』のメインヒロインの一人「羽山ミズキ」の声優や『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』の「水奈瀬ゆか」の声優を務めた「後藤麻衣(ごとうまい)」さんです。
後藤さんの兎亜はやる気のないクールな美少女の声という感じで、非常に良かったですね。
声優として出演本数は少ない後藤さんですが、非常に上手な声優なので、今後もメイン級のキャラクターの声優を務めてほしい女性声優です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bfmLd85KL._SL1046_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71u1DmTA-NL._SL1200_.jpg
鳴海兎亜は非常にかわいい優秀な「ワガママハイスペック」娘で、人気なのが頷けます。
兎亜の可愛さに少しでも興味を持った方は、ぜひ『ワガママハイスペック』をプレイ・視聴してみることをオススメします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51niOHFdNHL.jpg