Wf9yzksiuvrvwgfr7xop

中田譲治

CATEGORY | 中田譲治

【機巧少女は傷つかない】シグムントの強さは?声優やセリフも一挙紹介!

2018.12.20

『機巧少女は傷つかない』の「シグムント」はヒロインの一人「シャルロット・ブリュー」の自動人形で、竜の形をした強力な自動人形です。ここでは可憐なシャルロットの相棒である『機巧少女は傷つかない』の「シグムント」の強さ・声優・セリフなどを紹介します。

  1. 【機巧少女は傷つかない】作品紹介
  2. 【機巧少女は傷つかない】作品のあらすじ
  3. 【機巧少女は傷つかない】キャラ紹介①赤羽雷真
  4. 【機巧少女は傷つかない】キャラ紹介②夜々
  5. 【機巧少女は傷つかない】キャラ紹介③シャルロット・ブリュー
  6. 【機巧少女は傷つかない】作品の見所
  7. 【機巧少女は傷つかない】シグムントとは?
  8. 【機巧少女は傷つかない】高い強さを誇るシグムント
  9. 【機巧少女は傷つかない】シグムントのセリフを抜粋
  10. 【機巧少女は傷つかない】シグムントの声優は中田譲治さん
  11. 【機巧少女は傷つかない】シグムントまとめ

『機巧少女は傷つかない』は歌舞伎者とバトルを融合させた作品

『機巧少女(マシンドール)は傷つかない』は「海冬(かいとう)レイジ」氏のライトノベルが原作のメディアミックスで、全17巻で2017年7月に完結した人気作です。
本作は歌舞伎者とバトルという異なる要素を足した、面白い世界観の作品で、和洋折衷な雰囲気が楽しめるバトルファンタジーとなっています。
時代設定が20世紀初頭で和洋折衷な世界観のため、明治・大正あたりのレトロな雰囲気が好きな人は特にハマる作品だと思います。
ちなみに、「機巧少女」は「マシンドール」と呼ぶので、そのまま「きこうしょうじょ」とか読まないように気をつけてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aQPwMXQpL.jpg

『機巧少女は傷つかない』は兄に復讐する弟の物語

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91utf9haHvL._SL1500_.jpg
主人公の「赤羽雷真(あかばねらいしん)」は、優れた人形師である「花柳齋硝子(かりゅうさいしょうこ)」の創出した「自動人形(オートマトン)」の一つ、「夜々(やや)」を譲り受け、一族を皆殺しにした兄「赤羽天全(あかばねてんぜん)」に復讐することを誓います。
雷真は夜々と共に、大英帝国にある機巧都市「リヴァプール」の「ヴァルプルギス王立学園」の夜会に参加し、赤羽天全に復讐をする機会を伺うのですが、行く手を阻む障害に初っ端から大苦戦します。
しかし、その過程で学院の二回生で第六位の優秀さを誇る「シャルロット・ブリュー」と出会ったり、新たに頼もしい仲間達との出会い、周囲の援助に恵まれていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41yfLv6DQKL.jpg

声優:下野絋

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XV3HfCWQL.jpg
「赤羽雷真(あかばねらいしん)」は本作『機巧少女は傷つかない』の主人公で、一族を滅ぼした天与の才を持つ「赤羽天全(あかばねてんぜん)」に復讐するため、ヒロインの「夜々」と共に「ヴァルプルギス王立学園」の夜会に参加しました。
人形師になってからまだ二年と日が浅いので、知識は最低ランクで学園内でも実質ビリの成績ですが、武術の才に長け実技では非常に優秀な少年で、潜在能力の高さは作中でもピカ一です。
復讐のことばかり考えていて周りのことが見えなくなりがちですが、相棒の自動人形である夜々のことは人間のように大事にしており、根は心優しい少年です。

声優:原田ひとみ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Tjgapxj2L.jpg
「夜々(やや)」は雷真の相棒の自動人形(オートマトン)で、優れた人形師である「花柳齋硝子(かりゅうさいしょうこ)」の創出した三姉妹の人形の中の、次女の黒髪が綺麗な美少女型の自動人形です。
性格は非常に明るく快活で、雷真のことが大好きなのでアプローチが激しいですが、雷真は復讐のことで頭が一杯なので結構冷たかったりします。
見た目に寄らず戦闘力は多くの自動人形の中でも最高峰で、雷真の実力では夜々の性能を引き出せないことが多いですが、それでも大型のモンスター型の自動人形の攻撃を腕一本で防ぐなど怪力を見せます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OxgfetHVL.jpg

声優:高本めぐみ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Ygoe90FJL.jpg
「シャルロット・ブリュー」は『機巧少女は傷つかない』におけるもう一人にヒロイン的なキャラクターで、金髪碧眼の美少女です。
女に興味が無さそうな雷真ですら関心を示した程の美少女ですが、学園内で成績は第六位の優秀な人形師で、「シグムント」と呼ばれるドラゴンの形をした自動人形を操ります。
プライドが高く高飛車な性格ですが、雷真と共闘していく内に徐々にデレ始め、典型的なツンデレキャラですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61PU5UknkOL._SL1000_.jpg

『機巧少女は傷つかない』は和洋折衷な世界観でのバトルが見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91RuCJd4cmL._RI_SX380_.jpg
『機巧少女は傷つかない』の魅力は、これまでなかなかなかった「歌舞伎者」と「能力バトル」を足した世界観が魅力的で、他に競合する作品が少ないため、好きな人は非常に好きな作品だと思います。
また、ヒロインの夜々がかわいいのはもちろんですが、夜々の姉である白髪の「いろり」、夜々の妹である幼い容姿の「小紫(こむらさき)」等も非常に可愛く、さらにもう一人のヒロインであるシャルロットも気が強い金髪碧眼美少女でかわいいですね。
『機巧少女は傷つかない』は「歌舞伎者」「能力バトル」「美少女」という組み合わせが非常に魅力的で、オリジナリティーの高い作品なので、気になるキーワードがあった方はオススメです。

シグムントはヒロインの一人シャルロット・ブリューの自動人形

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41chkaMbjsL.jpg
「シグムント」は夜々と双璧を成すもう一人のヒロイン「シャルロット・ブリュー」の自動人形で、通常時は小型の竜の形態を取ってシャルロットの肩などに止まっていますが、戦闘時は大型の竜に変身して高い戦闘力を発揮する自動人形です。
知能が高くしゃべることができ、妙に落ち着いているので、まるでシャルロットの父親のような存在感があります。
シャルロットが雷真のことを気にしていることに気づき、陰ながら応援している等、人間以上に人間の気持ちがわかっている賢い自動人形ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Ab%2BpJQ2wL._SL1500_.jpg

シグムントの強さは作中でも上位にあたる

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WT23Z%2BczL.jpg
シグムントの強さは作中でも上位で、そもそもシグムントを操っているシャルロットが学園で第六位の強さを誇っているため、シャルロット&シグムントの強さは際立っています。
正直、作中の雑魚キャラでは相手にならず、シャルロットの気の強い性格とシグムントの賢さも相まって非常に強いキャラクターとなっていて、まともに戦ったら相手が余程の強さが無い限り負けることはない程の強さです。
しかし、その強さゆえにシャルロットとシグムントは学園でも狙われており、二人の強さを封じる姑息な手段で戦いを挑んでくる相手がいたり、一対多数でシャルロットとシグムントを倒そうとする面倒な連中がいたりします。
シグムントは口から巨大な反物質粒子砲を吐く「ラスターカノン」、複数の相手をする時に便利な拡散砲「ラスターフレア」等を使用し、高い攻撃力を持つのが特徴ですね。

「私は彼これ150年生きている。人間を見る目はそれなりに磨いてきたつもりだ」by.シグムントの名言

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EKkT0qkML.jpg
デートに行ってしまった雷真とシャルロットに対し、愛する雷真をシャルロットに取られてしまったと思い、泣いている夜々に対しシグムントが放ったセリフがコチラ。
このセリフには続きがあり、「彼の目には情欲は無かった」と夜々を慰めるセリフを放ったシグムントでしたが、さらにその後に「とはいえ、あの年頃の男子は見境が無い。それも事実だ。なにか起きてしまうことも十分にありえる」と追い打ちをかけるセリフを放ち、夜々を慰めてるのか、追い打ちをかけてるのかわからないセリフになっていました。

シグムントの声優はベテラン声優の中田譲治さん

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61oWkq7slkL._SL1001_.jpg
シグムントの声優はベテラン声優の「中田譲治(なかたじょうじ)」さんで、中田さんは1985年から声優業に従事しているベテラン声優です。
数々の個性的な名脇役を演じてきた声優で、例えば「コードギアス」の「ディートハルト・リート」等の声優を務めてきました。
中田さんの声はどこかで聴いたことがあるような深く渋い声ですが、映画の吹き替えで数々の役をこなしているので、知らずに聴いている可能性は多いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61sa%2B9cZ-gL._SL1001_.jpg
シグムントは非常に賢い自動人形で、もう一人のヒロインであるシャルロットの相棒だけあり、かなりメイン級の活躍をした良キャラでした。
金髪碧眼美少女のシャルロットに、竜の形をした自動人形のシグムントという組み合わせが、かなりの萌えポイントなので、気になった方はぜひシグムントとシャルロットのペアを見てみてほしいと思います。