D5kxitaamc1qixzqpezy

シン・ゴジラ

CATEGORY | シン・ゴジラ

【シン・ゴジラ】映画のキャスト一覧まとめ!俳優の名前を徹底紹介

2019.04.15

1954年の第1作目の公開から現在までゴジラの映画は制作されてきました。ゴジラの映画の人気は今も健在ですが「シン・ゴジラ」は今までのゴジラ映画よりも政治の部分が多く、これまでのゴジラ映画とは一線を画す映画です。「シン・ゴジラ」のキャストについてご紹介します。

  1. 「シン・ゴジラ」とは?
  2. 「シン・ゴジラ」キャスト:矢口蘭堂
  3. 「シン・ゴジラ」キャスト:赤坂秀樹
  4. 「シン・ゴジラ」キャスト:カヨコ・アン・パタースン
  5. 「シン・ゴジラ」キャスト:尾頭ヒロミ
  6. 「シン・ゴジラ」キャスト:安田龍彦
  7. 「シン・ゴジラ」キャスト:間邦夫
  8. 「シン・ゴジラ」キャスト:志村祐介
  9. 「シン・ゴジラ」キャスト:森文哉
  10. 「シン・ゴジラ」キャスト:大河内清次
  11. 「シン・ゴジラ」キャスト:ゴジラ
  12. まとめ

「シン・ゴジラ」は庵野秀明の総監督作品

シン・ゴジラ GENERATION (ホビージャパンMOOK 784)
価格 ¥ 2,376
「シン・ゴジラ」は2016年に公開された邦画です。「シン・ゴジラ」は庵野秀明が総監督と脚本を担当しました。庵野秀明はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督としても知られています。ゴジラというと子供向けのアニメというイメージを持っている人も多いと思いますが。「シン・ゴジラ」は政治家や政府の関係者などの登場人物や難解な専門用語も多く、子供向けの映画とは一線を画しています。また、「シン・ゴジラ」の登場人物は多く、作中の端々に豪華キャストが出演していることも話題になりました。
シン・ゴジラ DVD2枚組
価格 ¥ 1,741
「シン・ゴジラ」は公開当初はあまり注目されていませんでしたが、これまでのゴジラとは違う政治がらみのシーンなども盛り込まれているところが見ごたえがあると話題になり査収的に興行収入が80億円を超える大ヒット映画となりました。「シン・ゴジラ」は日本アカデミー賞において最優秀作品賞など7部門で受賞し、映画としても高い評価を受けました。

演じたのは長谷川博己

内閣官房副長官の矢口蘭堂を演じたのは長谷川博己さんです。矢口蘭堂は「シン・ゴジラ」の主人公で、巨大不明生物特設災害対策本部(以下、巨災対)の事務局長も兼ねています。政治家を輩出している家系の3代目で39歳です。矢口蘭堂は政治家の家系出身というコネを利用して内閣官房副長官の地位についていますが 国をよくしたいという信念を持っている人物でもあります。
主人公の矢口蘭堂を演じた長谷川博己さんは1977年生まれの俳優です。30代の若さで内閣官房副長官になることは現実的に難しいのですが、長谷川博己さんは矢口蘭堂の難しい役どころを演じました。矢口蘭堂を演じたことで長谷川博己さんは日本アカデミー賞の優秀主演男優賞に輝きました。長谷川博己さんは舞台や映画、ドラマなど各方面で活躍されているので今後の活躍が楽しみですね。

演じたのは竹野内豊

内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹を演じたのは竹野内豊さんです。赤坂秀樹は矢口蘭堂とは旧知の仲ではありますが、現実的で冷静な性格で矢口蘭堂にも意見することもあります。個性的な登場人物が多いので赤坂秀樹について影が薄く感じてしまう人もいるようですが、ゴジラの行動を停止させる「矢口プラン」の実行の為に根回しをした重要な人物です。
赤坂秀樹を演じた竹野内豊さんは1971年生まれの俳優です。もともとはモデルでしたが俳優に転向し、これまで数々の映画やドラマに出演しています。映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」では主役を演じ、ブルーリボン賞の主演男優賞を受賞しています。ドラマ「義母と娘のブルース」では中盤で病死してしまう父親役で、これまで数々の主演を演じた竹野内豊さんが今まで演じたことがない意外な役どころを好演しました。

演じたのは石原さとみ

アメリカ合衆国大統領の特使のカヨコ・アン・パタースンを演じたのは石原さとみさんです。カヨコ・アン・パタースンは政治家を輩出している名門の日系3世の女性で、40代で大統領になる野心も持っています。祖先が日本人であることから日本に核爆弾を3度も落としたくないという信念のもと、ゴジラに対する米国の核攻撃を阻止する為に矢口蘭堂率いる巨災対に協力します。日系3世の為、会話の端々に英語が混じる話し方も特徴です。
カヨコ・アン・パタースンを演じた石原さとみさんは1986年生まれの女優です。石原さとみさんは映画やドラマ、CMに出演しています。カヨコ・アン・パタースンは容姿だけではなく、能力にも恵まれた強い女性ですが、ゴジラへの核攻撃に対して複雑な思いも持つ女性を石原さとみさんは好演し、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

演じたのは市川実日子

環境省自然環境局野生生物課長補佐であり、巨災対のメンバーである尾頭ヒロミを演じたのは市川実日子さんです。尾頭ヒロミは洞察力や分析力に長けており、あまり表情に動きがなく、化粧っ気もなく髪型も寝ぐせのついており、早口で話すというとても個性的な人物です。尾頭ヒロミはメインの登場人物ではありませんが、物語の終盤では笑顔を見せるシーンもあり、そのシーンで尾頭ヒロミのことが好きになった人も多いです。
尾頭ヒロミを演じた市川実日子さんは1978年生まれのモデル、女優です。市川実日子さんは実力派の女優としても知られ数々のドラマや映画等に出演しています。市川実日子さんはあまりメイクをしていない状態で出演することも多いので尾頭ヒロミにも通じているところもありますね。市川実日子さんは尾頭ヒロミを演じたことで毎日映画コンクールで女優助演賞を受賞しています。カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみさんとはドラマ「アンナチュラル」でも共演しています。

演じたのは高橋一生

文部科学省研究振興局基礎研究振興課長であり、巨災対のメンバーである安田龍彦を演じたのは高橋一生さんです。安田龍彦はオタクと評され、少し屈折した印象もあります。尾頭ヒロミとの見解の違いを嘲笑しましたが尾頭ヒロミとの見解が正しかったことがわかると謝る素直な部分もあります。安田龍彦を演じた高橋一生さんは1980年生まれの俳優です。数々の映像作品に出演している人気俳優で、ジブリの「耳をすませば」の天沢聖司役を演じていたことでも有名です。

演じたのは塚本晋也

国立城北大学大学院生物圏科学研究科准教授であり、巨災対のメンバーである間邦夫を演じたのは塚本晋也さんです。塚本晋也さんは1960年生まれの俳優です。間邦夫は生物学者で肩にタオルをかけているのが特徴です。塚本晋也さんは俳優だけではなく映画監督でもあり、クエンティン・タランティーノなど塚本晋也さんに影響を受けた人も多いです。

演じたのは高良健吾

矢口蘭堂内閣官房副長官の秘書官の志村祐介を演じたのは高良健吾さんです。高良健吾さんは1987年生まれの俳優です。志村祐介は大学の後輩である尾頭ヒロミを巨災対のメンバーした人物です。高良健吾さんはドラマや映画に数多く出演しており、映画「横道世之介」でブルーリボン賞主演男優賞を受賞するなど実力派の俳優です。

演じたのは津田寛治

厚生労働省医政局研究開発振興課長であり、巨災対のメンバーである森文哉を演じたのは津田寛治さんです。津田寛治さんは1965年生まれの俳優です。森文哉は巨災対のまとめ役で現場の仕切り役でもありました。津田寛治さんは映画やドラマに多数出演している名わき役としても知られています。

演じたのは大杉漣

内閣総理大臣の大河内清次を演じたのは大杉漣さんです。大杉漣さんは1951年生まれの俳優で2018年に急逝されました。大杉漣さんは名わき役としても知られ、出演した映像作品はたくさんあります。大杉漣さんが演じた大河内清次は国民を思う気持ちは強いのですが、優柔不断なところもある内閣総理大臣です。大杉漣さんが演じる役は優しい父親やっからヤクザまで幅が広く、実力派俳優としても知られています。

演じたのは野村萬斎

ゴジラを演じたのは野村萬斎さんです。野村萬斎さんは「シン・ゴジラ」にモーションアクターとしてゴジラ役を演じました。野村萬斎さんは1966年生まれの狂言師、俳優です。野村萬斎さんの狂言師だけではなく、俳優としても活躍しており映画「七つの会議」(2019年)などたくさんの映像作品に出演しています。「シン・ゴジラ」の公開までは野村萬斎さんがゴジラのモーションアクターであることは秘密になっており、映画が公開されると野村萬斎さんが329人目のキャストとして紹介されました。意外にキャスティングに驚きの声が上がりました。
「シン・ゴジラ」のキャストについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。「シン・ゴジラ」はキャストが300人以上もいる映画で、作中のいろいろな場面で豪華キャストを目にすることができます。本記事で紹介できたなかった残りのキャストも豪華なので是非「シン・ゴジラ」を見てみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51dycHo-tJL._AC_US200_.jpg