// FourM
Flvhr4vta25mxwguphix

CATEGORY | 車

ハスラーの評価・口コミを辛口チェック!乗り心地や人気色も解説!

2024.02.22

アウトドアにぴったりな可愛い印象で人気のハスラー。購入された方の辛口評価や口コミは気になりますよね。そこで大切な愛車購入に失敗しないようハスラーの評価・口コミを辛口チェック!またハスラーの乗り心地や人気色、2016・2017・2018年ごとの変更点もご紹介!

  1. スズキの人気軽自動車ハスラー
  2. 人気のハスラー買うべきか?
  3. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】いい口コミ
  4. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】悪い口コミ
  5. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】乗り心地
  6. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】人気色
  7. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】2016変更点
  8. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】2017変更点
  9. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】2018変更予定
  10. 【ハスラーの評価・口コミを辛口チェック】まとめ
発売当初はCMや街中で見かける日がないくらい人気だったハスラーは誰もが1度は見たことがある人気軽自動車かと思います。 人気のハスラーですが、実際に購入を検討した際には何を基準に選べばいいかや実際に購入した人の口コミが気になりますよね。今回はそんな人気のハスラーの秘密を、実際に購入した人の口コミをもとに乗り心地や人気色まで辛口チェックします。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img04.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/img/img03.jpg

関連記事

人気のハスラーですが、発売当初は特徴的な見た目が話題になりました。 トールワゴンとSUVを合わせたような特徴的な見た目はキャンプや釣り、バーベキューと言ったアウトドアにぴったりで軽自動車の新ジャンルを作り上げました。 軽自動車の魅力である小回りの良さや燃費の良さが魅力で、何処まででも一緒に行けてしまいそうなその姿は頼もしく、休日が楽しくなります。 しかし、実際に買った人の口コミを見てみると、予想以上の満足する部分もあれば、期待はずれの部分もあるようです。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img01.jpg
先ずは、実際にハスラーを購入された方のいい口コミからチェックしていきましょう。
コンパクトで、小回りも利き、とても使い勝手の良い車です。

やはり軽自動車のメリットである小回りが利くという点は、実際に購入した場合も予想通りの評価の様です。

休日が楽しみになるワクワクさせてくれる車です。普段使いでも十分性能を発揮してくれますがやはりこの車は遊ぶための車として使うのが似合います。

見た目の良さは購入後の評価も高いようです。 機能面だけでなく、アウトドアにぴったりの車は休日の楽しみを上げてくれます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/49/2c/e7/492ce74cc94d263c6bb35bd26ddcb169.jpg
続いて悪い口コミをチェック、実際に購入して毎日乗るからこそ分かる、購入前には分からなかった本音の部分を見て行きましょう。
ややカーブではロールがします。タイヤのグリップ感が悪いです。普通車が買えるくらいの値段がします。

高さがあり、タイヤも普通車と比べると細くなるため、やはりカーブでのロールは感じるようです。 軽自動車全般の値段も上がってきてはいますが、特にハスラーは110万~180万と高めです。

室内の高さはあまりないので全体的に狭く感じます。

車体が高いので社内も広いと思いがちですが、意外と社内は狭いようです。 室内寸法ですが、長さ2,160mm、幅 1,295mm、高さ1,250mmとなっています。室内が広いと人気のタントは長さ2,200mm、幅1,350mm、高さ1,365mmと全てにおいて上回っていますので、見た目の印象と比べると期待はずれのところがあるのかもしれません。

引用: https://i.pinimg.com/564x/75/e6/dd/75e6dd472d0a281b0f1fe71d3d9d2299.jpg
ハスラーの乗り心地は非常に賛否両論と言われています。特に辛口の乗り心地チェックを行っている場合はあまり良い評価が得られていないのも事実のようです。試乗したときの口コミではゴツゴツした感じが多くあり路面の突き上げが吸収できていないなどいわれています。ハスラーは他のこのサイズの車よりもインチアップした扁平のタイヤを標準装備されています。タイヤの幅が小さくなればなるほど、路面の状況がダイレクトに伝わってきますので、乗り心地が悪く感じてしまうのです。タイヤが扁平なので路面状況が分かりやすいと言えばいいですが、この手の車としては乗り心地を重視する方のほうが多いのも事実です。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img02.jpg
ハスラーはパステルカラーも多く採用されており、可愛らしいボディーカラーが選べることで人気があります。ハスラーのボディーカラーは13種類あり。特に人気色となっているのはその内の6色であるツートーンのカラーが人気色となっているのです。ツートーンの配色は屋根部分とボディー部分の色を異なる色で配色したパターンでMINIクーパーやAudi A1など可愛らしい車種では特に人気色となっており。このハスラーに関しても人気色であることは間違いありません。また、そんなツートーンカラーの中でも人気色なのがオレンジ色を用いたカラーです。ハスラーとのイメージを非常にマッチしているカラーになります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/46/df/63/46df6399e42d504037239c5eb5464b3d.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img03.jpg

関連記事

ハスラーは登場してから現在までフルモデルチェンジを行っていませんが、何度かマイナーチェンジを繰り返しています。2016年モデルのハスラーではカラーバリエーションが追加され、特別仕様車も登場しているのです。

ハスラー2016変更点!カラーバリエーションの追加

ハスラーの2016年モデルでは新たに新しいカラーバリエーションが追加されています。それはムーンライトバイオレットパールメタリック ホワイト2トーンルーフです。紫色のパール色にホワイトのルーフを組み合わせた配色で、非常に落ち着いた色合いになっています。ただしこの2016年からポジティブグリーンメタリック ブラック2トーンルーフがなくなりました。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/img/X_C2F.jpg

ハスラー2016変更点!ハスラー 特別仕様車「Fリミテッド」追加

2016年には特別仕様車も販売開始がされました。Fリミテッドではハスラーのバンパーガーニッシュを黒くしたり、ホイールをガンメタにしたり、内装をボディーカラー合わせた変更を加えたりした特別仕様車に仕上がっています。このFリミテッドは2016年12月に販売が開始されており、非常に好評なグレードとなっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7b/14/0a/7b140a9247f15f8d59f25102e73e7684.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/img/wheel3.jpg
2018年現在ではまだハスラーのマイナーチェンジは行われていませんので、2017年モデルが最新のハスラーになります。

ハスラー2017変更点!オプションカラー入れ替え

2017年のハスラーには再度オプションカラーの入れ替えがありました。これまでクリスタルホワイトパールとして白色が設定されていましたが、2017年5月からピュアホワイトパールへカラーの入れ替えとなっています。クリスタルホワイトパールでは少し青みがあった白となっていましたが、ピュアホワイトパールではより純な白とパール色が強く出される色となっています。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/img/X_ZVR.jpg

ハスラー2017変更点!全方位モニター用カメラパッケージ追加

2017年のもう一つの変更点が全方位モニター用カメラパッケージの追加です。これにより車外360°がモニターで一目で分かるようになり、車を駐車するときの安全さがよりUpしますね。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/img/img35.jpg

ハスラー2017変更点!特別仕様車「FリミテッドII」、「J STYLE III」、「J STYLE III ターボ」3モデル追加

2017年にも特別仕様車が3パターン追加されました。それぞれ「FリミテッドII」、「J STYLE III」、「J STYLE III ターボ」となりよりこだわりの強いモデルとなっています。FリミテッドIIではボディーと同色のバンパーガーニッシュとブラックメッキされたホイールの採用、そして「J STYLE III」、「J STYLE III ターボ」ではより街乗りを想定したスタイリッシュなインテリアとボディーカラーが採用されています。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_f_limited2/home/img/special1.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_f_limited2/home/img/interior1.jpg
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_j_style3/home/img/color1.jpg
毎年仕様の変更等を行っているハスラーなので、2018年はどのような変更があるのか気になってしまいますね?しかし残念ながら、ハスラーの2018年モデルの変更点はまだ詳細な情報はありません。2018年で登場してから約5年になるので、おそらく2018年モデルではマイナーチェンジなど大きな変更がされるのではないでしょうか?多くの見方では2018年モデルでは兄弟車種であるワゴンRなどの最新技術をフィードバックされるのではないかと言われています。いずれにせよハスラーの変更はこれまで年末に多く行われていることから2018年の変更ももう少し先になるの可能性があります。
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/img/X_DAE.jpg
スズキのハスラーの口コミを辛口チェックしましたが、いかがでしたか?少し乗り心地に難があると言われるハスラーですが、アウトドア用途での使用も考えられていますので、致し方ない部分もあるのかもしれません。今回の辛口チェックを参考に一度ディーラーでその乗り心地を試してみてはいかがでしょうか?
引用: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/img/X_A7M.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/83/45/51/8345513be3d08e180035604adfbe8cdf.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img05.jpg