// FourM
M2ixidmlgtjgk6ws26wf

種類

CATEGORY | 種類

電子マネーの種類一覧!多すぎる種類や電車・コンビニで使えるものは?

2024.02.22

お金を持たなくても買い物ができる電子マネー。種類が多すぎるとあって、自分にピッタリのものを見つけるのも一苦労します。そこで今回は、多すぎる種類の中からコンビニや電車で使える・スマホ対応などおすすめの電子マネーを2018年版の一覧でご紹介。見やすい一覧をご紹介!

  1. 電子マネーの種類は多すぎる!
  2. 電子マネーの種類一覧
  3. 電子マネーどう使う?
  4. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧①nanako
  5. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧➁WAON
  6. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧➂Suica
  7. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧④PASMO
  8. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧➄楽天Edy
  9. 【コンビニ・電車・スマホ対応】2018電子マネーの種類一覧⑥iD
  10. 電子マネーの種類一覧!多すぎる種類や電車・コンビニで使えるものは?のまとめ
X2il3ny0usqzgfbwpokc
引用: https://www.pinterest.jp/pin/114560384250836261/
Fgxrlwp9ccvk2bbg0tj6
引用: https://www.pinterest.jp/pin/736760820264153371/
お財布を持つことなく買い物ができる電子マネー。今や現代社会人は欠かせないものとなりました。そもそも電子マネーとは一体どのようなものなのでしょうか。電子マネーとは、情報通信技術を使用し、企業により提供された電子決済サービスのことを言います。何だか難しいように感じますが、ようは、お金がカードに入っているようなもの。そのカードを使用し、コンビニなどで簡単に支払いができるのです。電子マネーの普及率が高いのは、中国。中国では9割の人が電子マネーを使用しており、店舗のほとんどで使用することができます。もはや中国では現金を持ち歩かないのは当たり前。日本よりもはるかに進んでいるようです。そんな電子マネーはどれほどあると思いますか?現在発行されている電子マネーは、カード型、ケータイ型を含めかなりの数があります。電子カードそれぞれに特徴があり、ポイントの獲得も可能。自分のライフスタイルに合わせて利用すれば、どんどんポイントがたまる、お得なカードが電子マネーなのです。
Qqy0xpyijnvyl66er7t3
引用: https://www.pinterest.jp/pin/435371488973780839/
Ta5zmnlo0ncagqeq9uk4
引用: https://www.pinterest.jp/pin/259590366005194083/
今回ご紹介する電子マネーは、主に、コンビニや電車などの交通機関で利用できるものをピックアップしました。スマホ一つで出かけることができるため、万が一お金を忘れたとしても安心です。多すぎる電子マネーは、組み合わせ次第でポイントが大きくなることも。日常生活をより豊かなものへと変えてくれる電子マネー。是非、ご覧ください。
Phjtsxzwt6lcryh3ufum
引用: https://www.pinterest.jp/pin/79446380910696124/
Ly7aboa2iqu5ld2om5dg
引用: https://www.pinterest.jp/pin/20758848266612404/
電子マネーを持っていてもどうやって使用すればよいのか、分からない人も多いと思います。ここで少し、電子マネーの使用方法をご紹介。電子マネーは、2つのタイプがあります。先に上限額までの金額をチャージして使用することができるプリペイド型と、後で使用したおかねを払うポストペイ型。先にお金を支払うか、後に支払うかの違いではありますが、どちらにせよポイントが貯まるのは間違いありません。電子マネーは、買い物などで支払う際に、レジ付近にある機会に「ピッ」とかざすだけ。どの電子マネーを店員さんに伝えるだけで、誰でも簡単に使用することができます。残高が確認できるアプリもあるため、どのくらい使用したのか一目でわかる電子マネーもあります。
引用: https://www.netmile.co.jp/contents/wp-content/uploads/2016/01/st911.jpg
Al9hly3wij37ttvpxewk
引用: https://www.pinterest.jp/pin/756956649844921045/
それでは、ここからはコンビニや電車、スマホ対応の電子マネーを見ていきましょう。まず初めにご紹介するのは「nanako」です。nanakoは、セブン&アイグループが提供している電子マネー。そのため、セブンイレブンのコンビニをはじめ、セブン&アイグループ系列の店舗で使用することができます。ポイント還元率換算は、1パーセント。貯まったポイントは、お買い物に使用することも可能。また、「nanaco モバイル」というスマホアプリも登場していますので、そちらをダウンロードすれば、スマホでもnanakoの電子マネーを使えるようになります。
Akkczzuzjytjztuekjsz
引用: https://www.pinterest.jp/pin/455919162249101166/
Nvbldqcsbkmzrpcmrqmb
引用: https://www.pinterest.jp/pin/533324780854846716/
続いてご紹介するおすすめの電子マネーは、「WAON」。この電子マネーの特徴と言えば、機械にかざしたときになる「ワオン」という犬の鳴き声です。コンビニなどで何度か聞いたことがある人もいると思います。WAONは、イオンが提供している電子マネーです。イオン全店舗をはじめ、イオン系列のお店で使用することができます。チャージできる金額も1000円から50000円と幅広いため、自分の使用する分だけ、チャージをすることができます。また、スマホのアプリも展開しているので、おサイフケータイとしても活躍してくれます。
Szdeuqu8shwjyuixh7yy
引用: https://www.pinterest.jp/pin/114560384251696686/
Ia2ubzgyphyppicyoktt
引用: https://www.pinterest.jp/pin/250442429257631158/
続いてご紹介するおすすめの電子マネーは、「Suica」です。Suicaは、JR東日本が発行している電子マネー。首都圏をはじめ、新潟、仙台JRエリアで使用することができます。そのため、近くに住んでいる人にとってはとても便利。朝の通勤ラッシュでも、いちいち切符を買うことなくスムーズの電車に乗ることができます。もちろんこの電子マネーも、スマホ版を用意。IRや私鉄、バスをはじめ、実は新幹線でも使用することができる、交通に便利な電子マネーと言えそうです。
Bhuchx7biwghrckshwlv
引用: https://www.pinterest.jp/pin/538320961685174754/
Dtxmhn5o8jdfjtk06prz
引用: https://www.pinterest.jp/pin/669910513292501464/
続いてご紹介するおすすめの電子マネーは、「PASMO」です。PASMOは、首都圏エリアにある私鉄や地下鉄、バス会社などが発行している電子マネーです。東北や新潟でも利用することができます。また、PASMOは交通機関だけでなく、コンビニや量販店、スーパーなどでも利用できるお店があります。買い物ついでにチャージすれば、手間も省けて一石二鳥です。
U2b8mqmcuip8akxh2cde
引用: https://www.pinterest.jp/pin/377950593708503609/
G6o2tudf7gmsyyhobv06
引用: https://www.pinterest.jp/pin/501940320944463038/
続いてご紹介するおすすめの電子マネーは、「楽天Edy」。楽天Edyは、多すぎる電子マネーの中でも一番の人気を誇る電子マネーです。楽天Edyは、楽天が提供しており、ネットはもちろん、楽天グループ系列のお店であればどこでも使用することができます。その数は、約40万店舗。多すぎる店舗数であるということは間違いありません。また、スマホにダウンロードできるモバイル版もおすすめ。電子マネーをどれにしようか迷ったときは、楽天Edyが一番のおすすめです。
Hzjglwtdod5ap7gclbed
引用: https://www.pinterest.jp/pin/347762402457071466/
Dn7swlpdir5x25ngrocj
引用: https://www.pinterest.jp/pin/476466835560144653/
続いてご紹介するおすすめの電子マネーは、「iD」。iDは、ドコモが提供している電子マネーです。そのため、ドコモのケータイ支払いに使用が可能。利用店舗数も国内最大で、プリペイド型とポストペイ型の両方を用意しています。また、大手サイトのアマゾンやショップじゃパンなどでの買い物もiDでの支払いが可能。ネットデも街中でも、どこでも利用できる最強の電子マネーです。iDの決済用として使用するクレジットカードは、ドコモが発行している「dカード」と一緒に持っておくのがお得。チャージするだけでdポイントも一緒に貯めることができるため、ポイントもどんどん加算されます。dカードはドコモユーザーのみが手に入れることができますが、iDは、ドコモユーザーでない方でも、持つことができます。
Vl88qkr5ppvrkbkj96bv
引用: https://www.pinterest.jp/pin/806707351977832902/
Qrvdalfwz1boknxio4ws
引用: https://www.pinterest.jp/pin/357895501623408071/
多すぎる電子マネーからおすすめの電子マネーをご紹介しました。電子マネーは、先払い、後払いができるためお金の計画も立てやすいのではないでしょうか。また、残高確認もスマホですぐに見ることができるため、使い過ぎ防止にも役立ちます。2018年時点でも、かなりの数の電子マネーが普及しています。きっとこれからもどんどん電子マネーの数は増えていくことでしょう。電子マネーを選ぶポイントは自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのが、一番ポイント多く貯める方法だと思います。いつも行くお店で使えたり、通販でよく買い物をする人だったりと、電子マネーの特徴を最大限に活かせば、お得感も満載。今まで電子マネーを使用していなかった人も、2018年は、電子マネーデビューをしてみてはいかがでしょうか。きっとその便利さに驚くこと間違いなしです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1532139468/hzjglwtdod5ap7gclbed.jpg