// FourM
Orxk0izyaxind7oazehm

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

詩のおすすめ本・文庫を紹介!お気に入りの詩集でリフレッシュ!

2024.02.22

詩集は様々な本や文庫がありますが、ここでは小学生|中学生|高校生別におすすめの詩集を紹介します。厳選をした子どもにプレゼントをしたい、おすすめの本や文庫ばかりになっていますし、詩集は子どもの感受性を育んでくれますので、プレゼントをするのにもおすすめです!

  1. 年齢別に子供におすすめの詩集を紹介!
  2. 小学校に通っている子どもにプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!① みみをすます
  3. 小学校に通っている子どもにプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!② 版画 のはらうた
  4. 小学校に通っている子どもにプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!③ 花をうかべて―新美南吉詩集
  5. 中学生にプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!① 自分の感受性くらい
  6. 中学生にプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!② 二十億光年の孤独
  7. 中学生にプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!③ 海があるということは―川崎洋詩集
  8. 高校生にプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!① 寺山修司少女詩集
  9. 高校生にプレゼントをするのにおすすめの詩集の本や文庫を紹介!② これが私の優しさです―谷川俊太郎詩集
  10. 子供時代に読んでほしい詩集の紹介でした!親子で詩を読もう
Esd33vnd2usomjyvglur
Zlc01ogbagsn47fvbt6s
詩集には様々な本や文庫がありますが、その中には小学校に通っている子どもや中学生や高校生にプレゼントをするのにおすすめの本も数多くあります。ここではその中でも特におすすめをすることができる詩集を紹介します。どの本も大人が読んでも感じるものが多い詩集になっていますので、子どもにプレゼントをするだけではなく、プレゼントをする人にも読んでみて欲しい詩集ばっかりになっています。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510V40YC08L.jpg
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/item/detail/orig/photos/m96925376129_1.jpg?1526350993
大きな字になっていて、文章は全てひらがなになっているので、小学校低学年の子どもでもすらすらと読むことができます。詩で使用されている言葉は難しくなっているのはまったくありませんが、言葉が簡単なだけに心に入ってきやすくなっている詩が多くなっています。その詩の内容は低学年では少しわかりづらいところがあるかもしれませんが、中学年以上となると人の心をつかむことができる詩が書かれていることがわかります。
表紙が黄色であることが特徴的ですが、その中身は挿絵がないことでシンプルに構成されています。中身でときどき使用されている、1ページを使用している大きな顔でのイラストも心に残りやすくなっていて、シンプルな内容であるからこと小学校に通っている子どもに読ませたい内容になっていて、大人であっても何度も読み返したいと思える本になっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61VZRTXQQTL.jpg
引用: http://www.kenoh.com/2005/20051012noharauta/photo3.gif
シリーズとなっている、のはらうたは、かまきりりゅうじ、こぐまきょうこ、こねずみしゅん、などの野原の住人による詩が集められている本になっていて、小学校低学年から高学年や他にも大人であっても楽しく読むことができる詩集になっています。この詩集を読み終えてから外に出かけると、それまでの外とは違った景色が見えるかもしれません。
植物であったり虫や鳥などの小さい生き物に対する興味であったり愛情が芽生えてきます。詩の内容も印象的になっていますが、この本は暖かみが感じられる版画の挿絵や文字が使われていることが、より詩集を魅力的にしてくれています。それにより眺めるだけでも飽きない詩集になっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41CSHG8ADFL.jpg
引用: https://www.kosho.or.jp/upload/save_image/43000180/20170430154134088245_e8b79791b7594742a7f3619f234f5544.jpg
29歳にしてその生涯を閉じてしまった新美南吉。その代表作になっている童話の、ごんぎつねは多くの人が知っていますが、短い人生の中でも新美南吉は美しい詩を残しています。その詩は美しさであったり優しさも感じられる言葉が使われています。
有名な童話を作ることができたのは、詩人であったことが関係していると考えられていて、読んでいる人の心が自発的に動くようになるきっかけをくれる詩というのは、童話と同じようなところに存在をしています。小学校に通う子どもはまだ未成熟ではありますが、それだけにこの詩集に書かれている詩は感受性を豊かにしてくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31E6MX8NPXL.jpg
引用: https://feely.jp/wp-content/uploads/2014/10/0cb203374c993039a56e6a2718ff33fc.png
どうにもやる気をだすことが出来ないときに読むのがおすすめ詩集になっていて、読み終わったときには頑張っていこうと思える気持ちが湧いてくる本になっています。人になにかを言われたとしても自分の考えをぶれないようにしてくれて、心を強くしてくれる詩集になっています。著者である茨木のり子さん直線的で飾られていない言葉が詰まっている詩の数々は、この本を読む人の心にしっかりと届くようになっています。
この本を読むのが子どもであったり中学生であったとしても、この本は遠慮なく自分で強く生きるように伝えてくれます。しかし人を突き放しているような厳しさがありまうが、その中は人は弱いことを知っている著者の優しさが詰め込まれています。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/2685/9784087462685.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71WGR2uBNSL.jpg
みずみずしくて繊細な言葉が多く使われている詩は難解な内容になっていても、自分の心の中にすんなりと染み込んでくることがわかる詩集になっていて、日常の悩みがあったり心が落ち込んでしまっているようなときに読むことで、心を落ち着かせることができます。その理由はこの本の作者の谷川俊太郎さんが、18歳の若さのときに書かれた詩であることが関係あるかもしれません。
宇宙と向き合ってみることで、自身の孤独感を見つめている作者の感性に影響を受け、自分はどういう存在なのかを思案することができるようになるかもしれません。巻末には英訳があるので英語の勉強をすることができます。この本の解説には作者が集団に馴染むことがなかなかできなかったことが書かれていて、その話を見ると感じるものがあるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WCCNJXAAL.jpg
引用: https://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/large/46520/465203850X.jpg
この詩集を開くと日本語という言葉は良いなあと感じることができる言葉に出会うことができます。話をするように詩を書くことを信条としていたことから、その表現には柔らかさであったり優しさにも溢れている内容になっています。中学生になると小学校に通っているときより比較をすることができないほど、関わる人や情報の量が増えてきます。
中学生はまだ精神が未熟であることから衝突をしてしまったり挫折をしてしまうことも多くなります。そのようなときにこの詩集を読むことで、今の状況を変えるヒントを見つけることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/314M5BD4F8L.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/CkcfR0lUkAAN2cj.jpg
高校生におすすめしたい詩集の1冊目の作者である寺山修司は老若男女を問わずに多くファンが存在する、天井桟敷の劇作家としてだけではなく様々な分野で活躍をした人物です。その寺山修司の魅力を感じられる詩集がこの文庫本になっています。本の名前が寺山修司少女詩集となっていることから少女向けかと思われるかもしれませんが、少女以外にもおすすめすることができる本になっています。
様々なモチーフが使用されていることで、童話を読んでいるような感覚になることができますし、簡潔な言葉が使われていますが、人間という存在を根底にまで掘り下げることで生じる疑問が浮かび上がってくる詩集になっているので高校生に読んでもらいたいおすすめの本です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IIDE077yL.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRUhFh--qlS5fNSFk2oMAiKmDcz-ElFa1Ppj5PKfeIaFiiXNcpI
子どもから大人にまで広く愛されている詩人の谷川俊太郎は様々な詩集が存在します。この文庫本はこれまでの作品から、いくらかの詩を集めて再録をしています。様々な詩が書かれていて、しっとりとしている悲しみであったり、孤独や生の喜びであったり愛なども描かれていることで、人間という生き物の儚さや尊さなどを感じることができます。
詩の中には優しさという言葉が使われているわけではないですし、こう生きるようにと教訓が書かれている文庫本ではありませんが、読み終わったら周りの人などに優しく接したくなると思える作品になっています。様々な感性を磨きながら人間とは、生とは何なのか考えることも増える高校生に読んでもらいたい詩集です。

関連記事

Z0mxfeixusouvpnsuqoj
Znemvum310wnw65ruhfi
詩集の中の詩はその内容を理解しようとすると、味気なさを感じる言葉が羅列されているように思ってしまうこともあります。しかし詩の内容を素直に受け止めて感じることをすれば、その詩の内容を真の意味で理解をすることができるかもしれません。詩は不思議な魅力があるので、特に小学生であれば詩集を読むことで感受性を育むことができますので、プレゼントをするのにおすすめですし、中学生や高校生でも詩集は感じるものが多いのでおすすめです!