T055inkw0g4u0keqde3a

機動戦士ガンダム

CATEGORY | 機動戦士ガンダム

ティアンムの活躍、声優情報などキャラ紹介まとめ【機動戦士ガンダム】

2021.06.27

機動戦士ガンダム作品の中で無能な指揮官が多い中、数少ない活躍した将軍の一人である「ティアンム」。重要な作戦に従事し、実行力のある腕と指揮能力を持った軍人であり地球連邦軍の中でもファンにとっては知られた人物であるティアンムについて着目します!

  1. ティアンムとは?
  2. ティアンムは有能なのか?
  3. ティアンムの功績とは
  4. ティアンムの声優「永井一郎」
  5. ティアンム まとめ
ティアンムは地球連邦軍の宇宙軍省に所属する将軍であり、無能と呼ばれる司令官や将軍が多い中の数少ない有能な軍人として知られている人物でもあります。本名についてですが、一説によると「マクファティ・ティアンム」と呼ばれているようです。V作戦時にホワイトベースを支援したとされるレビル将軍と同じくしていましたが、影に隠れていて実はあまり有能と見られていない部分があります。
見た目は厳しい面構えのおじさんであり、揉み上げがとちょび髭が特徴的な将軍です。一年戦争ではそれなりの敗北や退却も余儀無くされる場面がありましたが、そんな中でも折れずに艦隊を再編成したり、またそれをしっかりと実行にうつすなどとても手際よくまた頭脳もあると将軍と見てもいいでしょう。無能と呼ばれる将軍は数知れず、有能である将軍はやはり少ないものですね。
無能か有能かでいえばやはり有能であると言ってもいいでしょう。特に目立っている部分といえばやはり実行力としっかりとした作戦立てにあると個人的に感じております。無謀な策ではなくしっかりとして考えあっての行動が多く、敗北もしておりますが指揮官としては一年戦争に多く貢献した人物として挙げられるキャラクターであると思います。
最初の敗北であるブリティッシュ作戦ですが、当時最新鋭であったモビルスーツのザクによって大敗を余儀なくされます。これは正直なところティアンムの失態ではなく地球連邦軍がモビルスーツの開発に遅れをとっていたということろが原因であり、直接的なティアンムの失態ではないと個人的には感じております。しかしながらこの時には地球へと大ダメージを与えてしまう結果になってしまいます。
しかしながらその後は若干の敗れる戦いもあるものの勝利をする場面が多くなります。これはやはりティアンムの実力があったからであると思います。総括するとやはり有能であると個人的には思っております。無能というのはやはりガミガミと小うるさいキャラクター性があり功績もなくただ敗北する場面が多いキャラであると思います。
ビンソン計画で艦隊の再編成と立て直しを実行します。頭脳面においてティアンムはかなりのものであると思われます。またオデッサ作戦が成功した後、主な戦闘が宇宙空間で行われることが多くなり、その際の大規模な攻略であるソロモンの攻略で指揮をするという大役を与えられチェンバロ作戦を実行します。ここでの指揮権はティアンムに一任されたと言ってもいいでしょう。
ソロモン攻略戦ですが、ソーラ・システムというものが活躍します。これを使って数々の作戦を立てて難攻不落の要塞であったソロモンは壊滅的なダメージを受けて地球連邦軍が勝利を納めます。これは確実にティアンムの功績と言ってもいいでしょう。作戦立てもそうですが、ティアンムあってこその作戦成功であったと言っても過言ではありません。
しかしながらドズルの最後の特攻によりティアンムの搭乗する戦艦タイタンが大ダメージを受けて撃沈します。これによりティアンムは戦死することになりますが、ソロモンを落としたという功績はしっかりと評価されており、のちにティアンム栄誉を讃えるために「アドミラル・ティアンム」と戦艦に名付けられます。
永井一郎(ながいいちろう)さん、1931年5月10日生まれ、大阪府出身、最終の所属は青二プロダクションです。数々の名作品に出演する名声優であり、日本の声優界ではもはや知らぬ人はいないというほどに活躍した声優さんと言えるでしょう。しかしながら2014年1月27日に虚血性心疾患により死去、享年82でした。
いかがでしたでしょうか? 今回は有能な将軍であるティアンムについて綴ってきました。ティアンムの活躍というのは案外知られていない部分も多いですが、あのソロモン攻略においてとても尽力した有能な指揮官であると言えるでしょう。ティアンムなしにはソロモン攻略は不可能であったとまで言われているほどであり、ファンの間では有能な指揮官として語られております。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/G_THE_ORIGIN/status/758503176244858880