Vvurxeal3hgo3ylnnecb

ダーリン・イン・ザ・フランキス ‏

CATEGORY | ダーリン・イン・ザ・フランキス ‏

【ダリフラ】ミツルの声優は?ヒロとの約束やセリフをご紹介!誰と結婚するの?

2021.07.05

「フランクス」と呼ばれるロボットを操り「叫竜」という人類の敵と戦うアニメ、ダリフラことダーリン・イン・ザ・フランキス。ダリフラに登場する子供たちはパラサイトという操縦者でミツルもその一人です。ダリフラの話が進む中でミツルはどうなっていくのか紹介していきます。

  1. 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスの世界
  2. 【ダリフラ】人類はなぜプランテーションに篭るようになったのか
  3. 【ダリフラ】13部隊のミツル
  4. 【ダリフラ】ミツルの操縦するフランクスは?
  5. 【ダリフラ】ミツルは元々弱気な性格だった?
  6. 【ダリフラ】ミツルがヒロに冷たい理由は
  7. 【ダリフラ】ココロがミツルをパートナーに
  8. 【ダリフラ】その後のミツルとココロ
  9. 【ダリフラ】ミツルを演じる声優さんを紹介!
  10. 【ダリフラ】ミツルの情報まとめ
ダリフラの略称で知られているダーリン・イン・ザ・フランキス。ダリフラの世界は荒廃しており、隔離されたプランテーションの中でなければ生きていけないような過酷な世界となっています。
二人の男女が搭乗することで起動する「フランクス」というロボットを操り「叫竜」と呼ばれる人類の敵と戦います。このフランクスを操るのは作中で「コドモ」と呼ばれている少年少女たちの中でも、操縦者として選出された主人公たち「パラサイト」の面々。プランテーションで生活している「オトナ」たちを守るために、パラサイトたちは戦い続けます。
ダリフラの世界では石油などの化石燃料が枯渇しています。その後に人類が発見したエネルギーが「マグマ燃料」です。このマグマ燃料はエネルギー革命を引き起こし、世界規模で採掘が進められました。その結果として地球は著しく荒廃してしまい、生活するための場所としてプランテーションが作られたのです。
そうしてマグマ燃料を使い続けていくうちに、人類には新たな脅威が迫ってきました。それが「叫竜」と呼ばれる存在です。おおよそ生物とは思えないような、兵器のような叫竜たちはマグマ燃料採掘施設に呼び寄せられているかのように現れて人類を襲います。
叫竜によって再び滅びの運命に向かい始めた人類は、叫竜に対抗するための手段を考え続けていました。そこで開発されたのが男女一組で操作することのできるロボット「フランクス」です。各地のプランテーションに5機ずつ存在し、叫竜の脅威から人類を守っています。フランクスを操ることができるのは「パラサイト」と呼ばれる少年少女たちだけで、「オトナ」たちを守ることに誇りを持ちながら日夜戦い続けています。
今回、紹介するミツルは13部隊に所属するパラサイトの一人です。Code:326なのでミツルです。丁寧な言葉遣いをするものの、どこか棘を含んだような発言をするのが特徴です。何に対しても一線を引いて他人に同調せず、不躾に踏み込んできた相手にはやや攻撃的に接することもあります。
ミツルは元々フランクスに乗るための適性が低く、幼少の頃に適正率を大幅に上げる薬を投与してまでパラサイトになりました。この薬は成功率15%で失敗すると死にます。そんな危険な賭けをしてまでパラサイトになるほどの強い意志と理由が、ミツルの中にはありました。それについて後で説明をしましょう。
ミツルが操る機体は「クロロフィッツ」で、遠距離攻撃を得意とする支援型のフランクスです。両腕には「ウイングスパン」と呼ばれるフィンが取り付けられていて、ウイングスパンによって他の機体よりも長時間飛行することが可能です。攻撃方法は両腕から弾丸を放つことです。連射力が高く制圧力のある攻撃を得意とします。
また、ダリフラのアニメでは「ストレリチア」に乗ったこともあります。ミツルはヒロに対抗心を抱いていて、今までパイロット適性を失っていたヒロはストレリチアに乗っていただけで大したことをしていない。自分の方がもっと素晴らしい結果を出せると言って出撃します。
しかし、ゼロツーはパートナー殺しと呼ばれる存在で、何も異常がなかったヒロとは違い、ミツルはゼロツーの力によって心身ともに大怪我を負ってしまいます。その後はクロロフィッツに戻りますが、ストレリチアに乗ったときのダメージは大きく、薬を服用しながら生活するほどです。そして、ある日からはパートナーが変わり、操縦する機体も変わります。そちらも後で解説しますね。
幼少の頃のミツルはアニメ本編開始時のような性格ではありませんでした。ミツルは病弱な体をしていました。あんな刺々しい雰囲気はなく、むしろ弱気でヒロの後についていくような腰巾着です。自分に名前をつけてくれたヒロを心の底から尊敬し、ヒロに憧れて「エリキシル注射」でパイロット適性を上げようとするほどには素直な性格だったんです。それが何故あのような棘のある、一線引いた態度を取るようになったのでしょうか。
実はミツルが受けたエリキシル注射の成功率は15%で失敗すると死にます。そんな危険な手段を選んででもパイロット適性を上げようとしたのはヒロとの約束があったからです。
「生きて帰ってきたら一緒にフランクスに乗ろう」
その約束がミツルの支えとなりました。命を賭けてパイロット適性を上げたミツルは、期待を胸にヒロに生きて帰ってきたことを伝えます。しかしヒロから返ってきたのは「覚えていない」という言葉でした。これによってヒロに裏切られたと思ったミツルは今のような性格になってしまったのです。
ダーリン・イン・ザ・フランキス 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
価格 ¥ 6,422
話が進むにつれて、ミツルは徐々に不安定になっていきます。実は元々パートナーであったイクノとの相性も良いものではなく、機体を動かせなくなることがあったのです。
そこで同じ13部隊所属のCode:556、ココロがパートナーシャッフルの相手としてミツルを指名します。自ら一人になろうとしていたり、少し孤立気味だったミツルをずっと気にかけていたからです。
結果的にパートナーシャッフルは功をなして、ミツルは無事にフランクスを操縦できるようになりました。ココロとパートナーになってからは「ジェロニモ」を操り叫竜と戦います。
ココロがパートナーになったことをきっかけに、ミツルは良い方へ徐々に変化していくようになりました。
優しく人を気遣えるココロがパートナーとなったおかげか、ココロの影響を受けてミツルの態度も徐々に柔らかくなっていきました。ココロと接する時間も増えていき、二人の仲も深まっていきます。
やがてミツルもココロに惹かれるように、グランクレバス戦の後にミツルは自分がココロを愛していることを自覚し始めます。数々の試練が待ち受けてはいたものの、それを乗り越えてミツルとココロは愛を確かめあい、お互いの体を重ねたのです。
「1人で決めないでください。僕をもっと頼ってください。僕は、あなたを幸せにしたいんだ」
ミツルがココロを慰めるために言ったセリフです。誰にも頼ろうとせず、一人で何とかしようとしていたミツルが、ココロに向かって頼って欲しいと素直な気持ちを伝えるところは、見ていて胸が高鳴りました。やがて二人は結婚し、最終話までには二人の間に子供も生まれています。
ミツルの声優を務めるのは、画像の右にいる男性の市川蒼さんです。やや高めの声でミツルの凛とした冷静なイメージを出しています。本人もなんだか可愛らしく線の細い印象がありますね。
ダリフラ以外の作品では『ハイスコアガール』や『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』『からかい上手の高木さん』など、最近放送しているアニメに出演されている声優さんですね。ダリフラでは主役級の役柄でしたので、今後も活躍していきそうな声優さんだと思います。
今回はダーリン・イン・ザ・フランキスのミツルを紹介していきました。アニメを見ると分かりますが、最初のミツルは本当に冷たくてヒロにはそれが顕著に出ています。その理由は約束を破ってしまったからなのですが、実はヒロの記憶が消されていたことが分かって、最終的には和解しています。
ストレリチアに乗った時のことや、冷たい態度と言動から少し噛ませ犬的なポジションが目立っていましたが、徐々に人間として成長していく姿には心を動かされましたね。ダリフラを見ていれば分かりますが、1話のミツルと最終話のミツルでは全然性格も変わってます。ダリフラの中では一番変わったキャラクターだなと思っています。
次第にダリフラの未来を切り開いていく面が強調されていて、パラサイトの中では最初に結婚した男、最初にパパになった男など、言われていました。一線引いていたミツルを知っている視聴者は、ミツルとココロが結婚して親になった時は非常に感動したことでしょう。荒廃して絶望的だった世界に希望が生まれる瞬間は素晴らしいものでした。ぜひこの記事を読んだ方も、ダリフラ本編を見ていただきたいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
【早期購入特典あり】ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray] (「複製アフレコ台本セット」「線画A3ポスター」「田中将賀描きおろし複製色紙」付)
価格 ¥ 13,980
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/DARLI_FRA/status/992743210911809536