P5dsclejljfujpbxu2vy

キン肉マン

CATEGORY | キン肉マン

ウォーズマン理論で有名なウォーズマンを徹底解説!ウォーズマンスマイルとは!?

2019.05.16

一斉を風靡した大人気超人プロレス漫画「キン肉マン」。今回はそんな「キン肉マン」からウォーズマンをピックアップしてみました。主人公の仲間である正義超人の中でもメインキャラクターとして作中で大活躍したウォーズマンの情報をさっそくみていきましょう。

  1. キン肉マンとは?国民的人気漫画・アニメをおさらい!
  2. 【キン肉マン】ウォーズマンのプロフィール紹介!
  3. 【キン肉マン】ウォーズマンの容姿・素顔
  4. 【キン肉マン】ウォーズマンスマイルとは?
  5. 【キン肉マン】ウォーズマンの必殺技を一挙紹介!
  6. 【キン肉マン】ウォーズマンの名言まとめ
  7. 【キン肉マン】ウォーズマンの「第21回超人オリンピック編」の活躍
  8. 【キン肉マン】ウォーズマンの「悪魔超人編」での活躍まとめ
  9. 【キン肉マン】ウォーズマンの「黄金のマスク編」での活躍まとめ
  10. 【キン肉マン】ウォーズマンの「夢の超人タッグ編」での活躍まとめ
  11. 【キン肉マン】ウォーズマンの「王位争奪編」での活躍まとめ
  12. 【キン肉マン】ウォーズマンの「完璧超人始祖編」での活躍
  13. 【キン肉マン】ウォーズマンの実力・強さはどれくらい?
  14. 【キン肉マン】ウォーズマン理論とは?
  15. 【キン肉マン】ウォーズマンまとめ!
キン肉マン 1 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
「キン肉マン」は1979年から1987年まで集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていたプロレス漫画です。シリーズ累計発行部数は7500万部を突破してる大ベストセラー漫画です。「キン肉マン」というタイトルは、作者のゆでたまご先生「キン肉マン」というキャラクターを生み出したのが小学生のときでだったため、漢字が書けなかったからだと語っています。
テレビアニメ「キン肉マン」が放送されたのは1983年。1991年には「キン肉マン肉星王位争奪編」も放送されました。続編の「キン肉マンⅡ世」が2002年から2006年にかけて全第3期77話が放送されています。ちなみに「キン肉マンⅡ世」の主人公はキン肉スグルではなく、その息子のキン肉万太郎です。
キン肉マン 2 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
幼少時に主人公のキン肉スグルは、父に豚と間違えられて宇宙空間に捨てられてしまい、宇宙を漂流した末に地球の日本にたどり着いたキン肉スグルが超人のキン肉マンとなり正義超人の仲間たちと強敵をプロレスで倒していくという物語です。正義の味方が悪を倒すというテンプレなストーリーではなく、友情の要素も兼ね備えた作品にしたとゆでたまご先生は語っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61kOe1s6N0L._SL1376_.jpg
本名はニコライ・ボルコフ。出身地はロシアで生年月日は1957年10月1日、ロシア革命以前であり、当時はまだソビエト連邦でした。血液型はA型。身長210cm、体重150kg、趣味はロシアの民族楽器バラライカの演奏だと作中で語っています。ちなみに好きな食べ物はボルシチです。
ウォーズマンは超人レスラーとしての名前ででロシア語ではヴァイナー・ムシーヌイといいます。ウォーズマンはその名をあらわす通り、たったひとりで一個師団を壊滅することが可能なロボマシーンです。初登場時には当時最強の残虐超人であったラーメンマンを倒して、一時は残虐超人の中で最強の存在でした。しかし第21回超人オリンピックでの敗北により、主人公たちサイドの正義超人への仲間入りを果たしています。
キン肉マン 5 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61EXhTeLtoL._SL1376_.jpg
フォーズマンの容姿は、頭部全体を黒いヘルメットが覆っており、同色の仮面を付けているのが特徴的です。原作ではツルツルとした仮面でしたが、アニメ版では、凸凹とした表面をしているデザインに変わっています。肌の色は、原作だと褐色でしたが、アニメ版では、暗い鼠色をしています。又、原作とアニメ版で身体や腕が露出していたり、いなかったりとキャラクターデザインに違いがあります。
ウォーズマンは第21回超人オリンピックでキン肉マンとの対戦中にその黒いマスクの下に隠された素顔を公開しています。そしてその素顔は筋繊維と機械が融合したかのようなグロテクスクなものです。興味がある方は、ぜひ原作をチェックしてみてください。
キン肉マン 6 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
ウォーズマンはその黒いマスクの下にいつもは感情の無い真顔を浮かべていますが、残虐超人としての残虐さを発揮するときだけ、その顔を恐ろしい笑顔に変貌させます。これをウォーズマンスマイルといいますが、正義超人となってからはできるだけ見せないようにしています。
「ウォーズマンが笑うとき対戦相手は概ね死ぬ」と作中でも言われているので、ウォーズマンはかなりの実力者だということがわかりますね。ちなみにこのウォーズマンスマイルはよほどの強敵を前にしたときでないと見せないので、そこも彼の魅力でもあります。
キン肉マン 10 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432

スクリュードライバー

ベアークローという手の甲に装着された武器を突き出した後二、きりもみ回転をしながら相手を鋭く突き刺す攻撃です。

パロ・スペシャル

バロ・スペシャルは幻の必殺技であり高度なテクニックを要すします。元はロビンマスクが使っていた必殺技でツンドラの墓石と異名されていたものです。ゆえに脱せ湯津不可能のあり地獄ホールドとまで呼ばれていました。威力は腕をへし折るほどありますが、本気になれば腕が千切れるほど強力なものになります。

ウォーズマンの名言①

「100万パワー+100万パワーで200万パワー―――!! いつもの2倍のジャンプがくわわって200万x2の400万パワーっ!!そして、いつもの3倍の回転をくわえれば400万x3の、バッファローマン、おまえをうわまわる1200万パワーだ―――っ!!」

ウォーズマンの名言②

「みせてやりたいのさ、あの完璧超人どもに。地球のパワーなんかよりもっとでっかい友情パワーというものがあることを」

ウォーズマンの名言③

「ここでは働きが認められるたびに生命の玉という球体をひとつずつくれる、それが四つそろえばもう一度、生の世界へ帰れるのだが、まず早い者で半年、おそければ100年たってもその玉はそろわないという」

ウォーズマンの名言④

「そうら、泣け、わめけ、さけべ、氷の精神を持つオレさまにはいいメロディに聞こえるぜ」

ウォーズマンの名言⑤

「オレはいつも自分よりでかい相手に出くわすとどんどん闘志がわいてくる……」
「第21回超人オリンピック編」においてウォーズマンは、キン肉マンのライバルという立ち位置でした。序盤こそ目立たなかったものの、本戦に入るとペンタゴンやラーメンマンなどを得意の残虐ファイトで倒し決勝まで勝ち上がりました。
決勝戦のキン肉マン戦では、戦ううちに残虐ファイトではなく正々堂々戦う楽しさに芽生えました。試合はウォーズマンが押していたものの、30分しか戦えない弱点があったためキン肉マンに逆転負けしました。後にウォーズマンは正義超人へと転身します。
「7人の悪魔超人編」では、悪魔超人軍のボスであるバッファローマンと戦いました。「第21回超人オリンピック編」にて使用したベアクローを封印していたウォーズマンですが、緊急事態ということもあり使用しました。試合はバッファローマン有利に進みました。
超人パワー1000万のバッファローマンには、バロスペシャルもスクリュードライバーも効かず、戦意喪失してしまいました。しかし、キン肉マンの激をうけて甦ったウォーズマンは火事場のクソ力を発現させ、俗にいう「ウォーズマン理論」でバッファローマンに突撃しますが角を1本折り立ったまま絶命しました。後にバッファローマンによって生き返ります。
「黄金のマスク編」では序盤、プラネットマンの人面プラネットにより人質になりました。丁度心臓の上に配置され、ウォーズマンは自らを貫くようにキン肉マンに指示しプラネットマンを撃破しました。仮死状態になったウォーズマンの体内で、悪魔超人と正義超人の戦いが繰り広げれその間ウォーズマンの出番はありませんでした。
正義超人の活躍で一命をとりとめたウォーズマンは、アシュラマンへと挑みますが軽くあしらわれてしまい、「黄金のマスク編」では残念ながら、プラネットマン戦以降大きな活躍はありませんでした。
「夢の超人タッグ編」ではロビンマスクとタッグを組み、「超人師弟コンビ」として出場しました。優勝候補とも目される2人は、初戦にて「ヘル・ミッショネルズ」と対戦しました。ネプチューンマンの正体を喧嘩男だと見抜くために奔走するロビンマスクに代わり、攻撃を喰らい失明してしまいました。
そして、「ヘル・ミッショネルズ」のコンビ技、マスク剥がしの「クロスボンバー」を喰らいマスクを剥がされ絶命しました。ロビンマスクも破れてしまい、優勝候補と目された2人は1回戦で敗退しました。
「王位争奪編」にてウォーズマンは超人墓場にて、強制労働していました。邪悪の神の策略によって超人墓場にやってきたキン肉マンに対し、3つの命の珠を与えて脱出させました。後にドクターボンベの手によって現代に蘇りましたが、手術は失敗していて戦い方を忘れていました。
師匠であるロビンマスクのセコンドと、キン肉マンの捨て身の友情により本来の戦い方を思いだしたウォーズマンは、技工チームの先鋒ザ・マンリキに逆転勝ちを果たしました。決勝戦を前に、マンモスマンの奇襲にあい決勝戦ではウォーズマンの活躍を見ることはできませんでした。
新編である「完璧超人始祖編」では、第2戦である鳥取砂丘の戦いから参加しました。対戦相手は"完力"の異名を持つポーラマンです。ネメシスにロビンマスクが破れたことや、自分の生い立ちを指摘されたことで敗北寸前まで追い込まれますが、ロビンの亡霊とキン肉マンたちの応援によって超友情パワーを発現させ勝利しました。
敗北したロビンマスクの代わりに、正義超人のリーダーを務めることになりになります。その後は、ロビンマスクの敵討ちのためネメシスに挑もうとしますが、ロビンマスクの後を任されていたラーメンマンや、キン肉族の生い立ちと深い関わりのあるキン肉マンに全てを託し、観戦していました。
作中にて、「完璧超人始祖編」が始まるまでは何かと噛ませ犬的な立ち位置だったウォーズマンですが、実際の所実力は高いのでしょうか?筆者の推測では、ウォーズマンの実力は正義超人の中でもNo.3くらいには位置付けされると考えています。
根拠は、「完璧超人始祖編」で発現した「超友情パワー」や、プラネットマン戦にてキン肉マンに自分ごと貫けと言えるような強い仲間意識にあります。単純な強さで言えばロビンマスク・ラーメンマンに少し劣るといった印象を受けますが、自分を犠牲にしても勝利を取る「真の友情」とでもいうべき精神を持っています。
とはいえ、「第21回超人オリンピック編」以降は少々噛ませ犬的な立ち回りが多く、最終章であった「王位争奪編」においてもザ・マンリキに勝利したと思ったら、決勝戦にはマンモスマンに奇襲され登場せずがっかりした読者も多かったのではないでしょうか。そのような方は是非、「完璧超人始祖編」を読んでいただきたいと思います。
様々なトンデモ理論が登場することで有名なキン肉マンですが、今回紹介するウォーズマン理論もとても有名で1度は耳にしたことがあるのではないか?と思います。
「(ベアークローを両手に装備し)100万パワー+100万パワーで200万パワー!! いつもの2倍のジャンプが加わり、200万×2の400万パワー!! そして、いつもの3倍の回転を加えれば、400万×3の バッファローマン!お前をうわまわる1200万パワーだーっ!!」と言いました。
ツッコミどころが満載で、どういうことなのとツッコみたくなってしまいます。因みにウォーズマン理論を駆使して戦った相手は、バッファローマンでしたが倒すには至らず角を片方折るのが精一杯でした。キン肉マンはこの折れた角に助けられたので、ネタにされがちなウォーズマン理論ですが作中では大いに役立ちました。
一斉を風靡した大人気超人プロレス漫画「キン肉マン」から今回は、残虐超人から正義超人になったメインキャラクターのウォーズマンをピックアップしてきましたが、いかがだったでしょうか。ウォーズマンといえば「キン肉マン」に登場するキャラクターの中でも、活躍の機会が多い超人なのでウォーズマンが好きだという方も多いでしょうね。興味がある方は、「キン肉マン」の原作やアニメ版をぜひチェックしてみてください。
キン肉マン 13 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FOVlcN1EL._SL1500_.jpg