Amvwmfubj7naizrdfmfu

キン肉マン

CATEGORY | キン肉マン

カレクックの強さや読み切りのエピソード、Tシャツ情報総まとめ!

2018.08.21

一斉を風靡した大人気プロレス漫画「キン肉マン」。今回はそんな「キン肉マン」からカレクックをピックアップしてみました。それでは、カレーライスを頭に乗せた残虐超人として有名なカレクックのキャラクター情報をさっそくみていきましょう。

  1. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!キン肉マンとは?
  2. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!どんな物語?
  3. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!プロフィール
  4. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!容姿
  5. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!性格
  6. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!読み切り
  7. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!スカイマン
  8. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!フィギュア
  9. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!Tシャツ
  10. インドから来た残虐超人!【キン肉マン】カレクックのキャラクター情報・読み切りでの活躍・Tシャツなどを紹介!まとめ
キン肉マン 1 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
「キン肉マン」は1979年から1987年まで集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていたプロレス漫画です。シリーズ累計発行部数は7500万部を突破してる大ベストセラー漫画です。「キン肉マン」というタイトルは、作者のゆでたまご先生「キン肉マン」というキャラクターを生み出したのが小学生のときでだったため、漢字が書けなかったからだと語っています。
キン肉マン 2 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
テレビアニメ「キン肉マン」が放送されたのは1983年。1991年には「キン肉マン肉星王位争奪編」も放送されました。続編の「キン肉マンⅡ世」が2002年から2006年にかけて全第3期77話が放送されています。ちなみに「キン肉マンⅡ世」の主人公はキン肉スグルではなく、その息子のキン肉万太郎です。
キン肉マン 3 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
幼少時に主人公のキン肉スグルは、父に豚と間違えられて宇宙空間に捨てられてしまい、宇宙を漂流した末に地球の日本にたどり着いたキン肉スグルが超人のキン肉マンとなり正義超人の仲間たちと強敵をプロレスで倒していくという物語です。正義の味方が悪を倒すというテンプレなストーリーではなく、友情の要素も兼ね備えた作品にしたとゆでたまご先生は語っています。
キン肉マン 4 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515SuKJLOuL.jpg
カレクックは初登場時は残虐超人として登場しましたが、正義長損との戦いに敗れてからは自身も正義超人へと改心し、それ以来は主人公のキン肉マンたちとともに戦う仲間になっています。リングネームはカレクックですが、作中でシンという本名も公表されています。身長は200cm。体重105kg。超人強度は60万パワーです。
カレクックが作中で初登場を果たしたのは第20回超人オリンピックです。カレクックはその残虐性の高いファイトスタイルから世界中に名を轟かせた残虐超人でかつてはブロッケンマンとラーメンマンと並んで「世界三大残虐超人」として名を連ねていました。試合に敗れて正義超人となってからは、キン肉マンの親友として度々登活しては活躍をみせるラーメンマンとは対照的にキン肉星王位争奪編まで出番がありませんでした。
しかし頭にカレーライスを乗せている印象的なビジュアルをしているため、登場回数以上にカレクックが印象に残っている読者も多いです。
キン肉マン 5 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41iLHuoLJSL.jpg
カレクックはインドから来た残虐超人という設定なので、全体的なビジュアルはインド人っぽく、スキンヘッドに焼けた肌と残虐超人らしい釣り目、たらこ唇、黄色の衣装ですがもっとも印象に残るのはやはり頭にカレーライスを乗せているということでしょう。
これのおかげで読者の間でも登場回数が少ないにもかかわらず印象に残っているという声が多いです。ちなみにこのカレーライスは本物で、カレクックが戦う上でのエネルギーとなる見た目以上に大切な役割を担った装備です。このカレーライスはかなり美味しいらしいですが、勝手に食べるとカレクックは激怒します。
キン肉マン 6 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mNhRv0QrL.jpg
カレクックは初登場時は世界三大残虐超人の一角を担う超人だったため、かなりの残虐性を秘めた性格だったと思われがちですが、そのファイトスタイルがラフファイトなだけであり悪人ではないようです。カレクックが残虐超人と畏怖されるようになったのは過去の出来事がきっかけで、それ以降は残虐ファイトを繰り返すようになりました。
誰かが虐げられたり理不尽な理由で苦しめられることが見過ごせない性格で、それに対しての怒りで我を忘れて残虐的なことをしてしまうということからも、カレクックが悪人ではないことがわかりますねキン肉マンたちとの戦いのあとは、正義超人として活躍しています。ちなみに公式ガイドブックの「キン肉マン77の謎」には「そもそも残虐超人には向いてなかったのかもしれない」と評価されています。
キン肉マン 7 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
キン肉マン 8 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
キン肉マン 9 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432

超人列伝 カレクック-愛と怒りの聖人-

「超人列伝カレクック-愛と怒りの聖人-」はカレクックがまだ立派な正義超人を目指し、頭載格闘術の祖・アジャンタのもとで修行を積んでいたときの物語です。カレクックは熱心に修行をしていたため、数多い弟子のなかでもと頭角を現していきますが、アンジャタがカレクックが怒りに傾きやすい性格をしていると見抜いていたため、免許皆伝の許可を与えられていませんでした。
そして免許皆伝の許可を得るためにシンの修行の旅に出たカレクックが一年の月日を過ごした頃に立ち寄った村でカレー屋を営んでいるミーナという女性と出会います。カレクックは親切にしてくれたミーナに一目ぼれしてしまいますが、そこに現れたのがイギリスの悪行超人ケンブリッジマンでした。村の人々から税を巻き上げるケンブリッジマンにカレクックは怒りますが、一方的に殴られることしかできませんでした。
翌日、ミーナの店のカレーに大麻が入っているといって店を破壊したカレクックに対して激怒したカレクックは禁忌とされていたカレーを頭に乗せてケンブリッジマンを一方的に虐殺。村を救いましたが、村の人々やミーナは彼の血に塗れた姿を恐れ畏怖します。それからは「カレーを頭に載せた外道“カレクック”」として残虐超人になりました。
キン肉マン アクションフィギュアシリーズ No.25 カレクック
価格 ¥ 7,400
連載当時から長いこと愛され続けている「キン肉マン」という作品からは、これまでにたくさんのキャラクターのフィギュア化されてきました。ファンが多い作品のため、メインキャラクターはもちろんあまり登場回数の多くないキャラクターまでフィギュア化されているので、ファンとしては非常に嬉しいですね。もちろんカレクックのフィギュアも製作されているので、興味のある方はチェックしてみてください。
キン肉マン 10 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
週刊少年ジャンプ展VOL.1「キン肉マン」会場限定Tシャツ (L)
価格 ¥ 9,800
長い間愛されてきた作品の「キン肉マン」はさまざななグッズを商品化してきました。その中でもいろいろなブランドとコラボしてきたTシャツは、他のグッズと比べても比較的安価で入手でき、種類も豊富なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。
キン肉マン 11 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
キン肉マン 12 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
一斉を風靡した大人気超人プロレス漫画「キン肉マン」から今回はカレクックをピックアップして紹介してきましたがいかがだったでしょうか。カレクックは残虐超人として初登場を果たしたにもかかわらず、頭の上にカレーライスをのせていたり、そもそもそれほど悪い人ではなく過去の出来事によって残虐超人へと成り果ててしまったという経緯があったりと、好きな人も多いキャラクターでよう。興味のある方はぜひチェックしてみてください。
キン肉マン 13 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515SuKJLOuL.jpg