Yvck4rysbne041hjtytk

機動戦士ガンダム

CATEGORY | 機動戦士ガンダム

フラウ・ボゥの声優は?その後や制服が生足の理由も徹底紹介!【機動戦士ガンダム】

2021.07.12

機動戦士ガンダムに登場する「フラウ・ボゥ」は、声優が作品ごとに異なっています。この記事でフラウ・ボゥのそれぞれの声優さん情報に加えて、作品のその後のフラウ・ボゥについてや、制服について、生足の理由等をご紹介していきます。

  1. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥとは
  2. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥのプロフィール
  3. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥの担当声優
  4. THE ORIGINでの担当声優、福圓美里さんについてご紹介
  5. 福圓美里さんの声優出演作品情報
  6. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥとアムロ・レイの関係と、その後について
  7. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥと制服
  8. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥといえば生足??
  9. 【機動戦士ガンダム】フラウ・ボゥの名言
  10. 機動戦士ガンダムのフラウ・ボゥについてまとめ
フラウ・ボゥとは、機動戦士ガンダムに登場するキャラクターの1人です。
ヒロインとして登場し、主人公であるアムロ・レイのガールフレンドという立場があります。
また、機動戦士ガンダムだけでなく、続編となりその後が描かれている「機動戦士Zガンダム」、また、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」にも登場しています。
名前の由来については、「ドイツ語でボウ夫人(フラウ)から」ということだそうです。総監督が仰っていました。
フラウ・ボゥは献身的な女性キャラクターで、元々趣味等に没頭して自身の身の回りのことをほとんど全くすることがないボーイフレンドのアムロ・レイに対し、食事を差し入れたりして世話していました。
過去には母親と祖母をジオン軍によるサイド7への攻撃で亡くしているという、悲劇のエピソードを持つキャラクターでもあります。
その後、戦艦ホワイトベースへと避難し、けが人などの治療の手伝い・サポートや孤児たちの面倒を見ています。元々アムロ・レイにも面倒見の良さから様々な部分で世話をしている部分がありましたので、ぴったりな役割を担っていると言えるでしょう。
後ほど詳しくご紹介いたしますが、制服の独特な着こなしや、生足が特徴的です。
フラウ・ボゥを演じられている声優は、3人存在しています。「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Zガンダム」では鵜飼るみ子さんが担当、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」では福圓美里さんが担当、「機動戦士ガンダムさん」では山口立花子さんがそれぞれ担当されています。
なかなか3人の担当声優が存在しているキャラクターというのも珍しいかもしれませんが、どれも「合っていない」ということはなく、それぞれの声優さんの演技でそれぞれのフラウ・ボゥの魅力が生き生きと表現・演じられています。
さて、この記事では「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でフラウ・ボゥを担当されている福圓美里さんについて詳しくご紹介いたします。福圓美里さんはシグマ・セブンに所属されている女性声優です。
「福圓 美里」で「ふくえん みさと」と読みます。あまり見慣れない字ですが、「圓」は「円」の旧字体です。
福圓美里さんは東京都ご出身、1982年1月10日生まれで現在36歳です。デビューは1998年で、ゲーム「Etude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜」にて桜木美里という名義でした。
これまでに数多くのアニメで色々な役柄・設定のキャラクターたちを演じられ、役幅が広い声優と言えます。中でもヤンデレやクール属性のキャラクターの演技が高く評価されています。
ヤンデレに関しては特に「ときめきメモリアル4」にて演じられた大倉郁子が代表的なキャラクターになっています。
BLACK CAT - イヴ、ティアーユ=ルナティーク
流星のロックマン - 響ミソラ
To LOVEる -とらぶる- - 金色の闇、ティアーユ・ルナティーク、小暮幸恵
グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜 - 立華卯衣
ガールフレンド(仮) - 吉永和花那
蒼の彼方のフォーリズム - 倉科明日香
さて、元々ボーイフレンドとしてアムロ・レイと関係を持っていたフラウ・ボゥでしたが、最終的にはこの関係は終焉し、その後ハヤト・コバヤシをパートナーとして選びました。
なぜ、アムロ・レイと関係を築いていくことができなかったのでしょうか。それは、アムロ・レイのニュータイプとして覚醒していくさまを目前で見てきたことによる「距離感」、「置いてけぼり」を感じたことでした。
ガンダムのパイロットとして活躍をし続ける姿や、ニュータイプとして覚醒し、どんどんと成長を遂げていく姿を目の当たりにし、「距離が離れていく」ことを感じてしまったのだと考えられます。その結果、2人の関係は一年戦争の終結とともに終わってしまったのですね。
フラウ・ボゥが結婚したハヤト・コバヤシは元々幼馴染で、その後フラウ・コバヤシへと改名しています。子供を身籠りましたが、夫のハヤト・コバヤシとその後死別しています。
アムロ・レイとの恋模様に関しては、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でフラウ・ボゥの心中の描写がかなり濃く描かれています。フラウ・ボゥがアムロ・レイのことを本当に慕っていて、心から想っていたということが分かる作品となっていますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。
さて、フラウ・ボゥといえば制服の「着こなし」が特徴的・印象的です。他のキャラクターたちのように、ただ制服を普通に着るだけではなく、自分でアレンジしたり、首にスカーフを巻いてたりと、色々な工夫をこしらえています。
制服ではなく「制服に限りなく似た私服」と評しているファンの方もいるようで、実際にはどちらなのか断定はできません。劇中で「こいつが着てるのは連邦軍の制服です」というセリフに、「そうかな。ちょっと違うぞ」と言われるシーンも描かれています。
制服にはある胸ポケットもないのです。
番組放映中に発売されたアニメムックでは「大きな制服を自分で直して作ったのでしょう」と語られています。
機動戦士ガンダムという作品の中ではある意味珍しいことをしている人物とも言えますが、似合っていますしとても可愛らしいですよね。
といった具合に制服(私服)を着こなしているフラウ・ボゥですが、最も特徴的なのは「生足」を惜しげもなく披露しているというポイントだと言えます。
連邦軍制服の中には白色のインナースーツ、アンダーブラウスがあるのですが、フラウ・ボゥはそれを履いていません。そのまま太ももを露出し、生足で活動しているのです。
ミニスカートを履いているような状態になっており、生足を含めてフラウ・ボゥのかわいらしさがふんだんに表されています。
フラウ・ボゥは劇中、様々な名言を発しています。若干数ではありますが、ここでご紹介したいと思います。

名言①:アムロ・レイに対して放ったセリフ

「どんどん私から離れて行っちゃうのね」

名言②:母親感がすごいセリフ

「こんなことだと思ったわ。ちゃんと朝食を取らないと、体の為に良くないのよ」

名言③:爪を噛んでいるアムロ・レイに対して、お母さんのような一言

「その癖やめなさい」

名言④:フラウ・ボゥの感情

「自分のやったことに自信を持てない人なんて嫌いよ!!」

フラウ・ボゥの名言について

どのセリフも、フラウ・ボゥの「お母さん感」がにじみ出る言葉ですよね。そして、アムロ・レイのことを本当に心配、心から思っていることが伝わってくるセリフばかりです。
性格の良さ、フラウ・ボゥの優しさが伝わってきますよね。
ここまで、「機動戦士ガンダム」等に登場するフラウ・ボゥについてご紹介してきました。声優が3人いるという情報や、制服の着こなし、生足について、アムロ・レイとの関係等、様々な観点からフラウ・ボゥを見てみると、非常に献身的で「お母さん」のようなキャラクターであるということが分かります。
最終的にはハヤト・コバヤシと結ばれたものの、死別することとなってしまいますが、身籠っていた子供は無事出産できたようです。
正統派のヒロインと言えるような、非常にかわいらしいキャラクターですよね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/Dbm7VNvXUAAxxYk.jpg