Ioplyb1hkb4lpdjy13x9

君の名は。

CATEGORY | 君の名は。

【君の名は。】感動シーンまとめ!感動したポイントを振り返る!

2018.11.08

『君の名は。』は感動の結末が素敵な物語でしたが、感動シーン・感動ポイント・感動しない所などをまとめて紹介したいと思います。ネタバレを含みますので、まだ『君の名は。』を視聴していない人は見ない方がおすすめですが、簡潔に紹介したいと思います。

  1. 『君の名は。』とはどんな作品?
  2. 【君の名は。】新海誠監督はどんな人?
  3. 【君の名は。】ストーリーはどんな?
  4. 【君の名は。】感動シーンはどこ?【ネタバレ】
  5. 【君の名は。】期待し過ぎると感動しないから注意
  6. 【君の名は。】感動するために

興行収入250億円超えの大ヒット作品

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51s8LcPmYLL.jpg
『君の名は。』は「新海誠」監督のアニメーション作品で、興行収入250億円を超えた大ヒット作として有名です。
地上波でも放送されたことがあるので、視聴した方は多いと思います。
美麗なグラフィックに壮大な音楽、さらにリアリティーとファンタジーの絶妙なバランスが多くの人達を感動の渦に巻き込み、名作となったアニメですね。
現代日本を舞台にしているため視聴者たちも受け入れやすく、聖地には多くのファンが詰めかけるようになりました。

かなり多彩な経歴

監督の名前は「新海誠(しんかいまこと)」監督で、子供時代からSFや宇宙関係の書籍に興味を持ち、当時は珍しかったパソコンを買い与えられ遊んだようです。
生年月日は1973年2月9日で、2018年秋で年齢は45歳ですね。
小学校時代はスピードスケート部に所属し、中学校時代はバレーボール部、高校時代は弓道部と、意外と体育会系の経歴を持っていることがわかります。
大学在学中からアルバイトしていた立川市のゲーム会社「日本ファルコム」に正式に入社した後、ゲーム開発部門への配属を希望しましたが叶わず、ロールプレイングゲームのパッケージ制作する傍ら、自主アニメーションの制作をしていたといいます。
会社員時代は帰宅した後、深夜3時頃までアニメーション制作をし6時に起床するという生活を送っていたようですが、その努力が報われ自主アニメが評価されるようになっていきました。

東京の男子高生と糸守の女子高生の精神が入れ替わる

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71qrItD1XOL._SL1000_.jpg
『君の名は。』は、東京に住んでいる男子高生「立花瀧(たちばなたき)」と、糸守という架空の田舎町に住んでいる女子高生「宮水三葉(みやみずみつは)」の精神が入れ替わり、様々なドラマを繰り広げていく青春アニメです。
性別も生活スタイルも何もかもが違う二人が、原因不明の入れ替わりを体験し、苦労しつつも互いに惹かれ合っていくというストーリーが魅力的ですね。
違い過ぎてお互いの環境を乱しまくる瀧と三葉なのですが、そこで憎み合いながらも愛情を深めていく経過が楽しめ、後半の超展開で一気に物語に引き込まれていきます。

感動ポイントは瀧と三葉の再会

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YAna96V6L.jpg
当たり前かもしれませんが、『君の名は。』の感動ポイントは瀧と三葉の再会する所が感動シーンでしょう。
瀧と三葉が再会する感動シーンは作中では主に二回ありますが、どちらも物語の後半で盛り上がっている所なので、そこで二人が再会するのは感動ポイントですね。
瀧と三葉が再会する感動シーンは特に美しく描かれており、新海監督が最も力を入れた部分の一つだったと思います。
また、瀧と三葉がお互いの名前を思い出せなくなるシーンは、最も涙を誘うシーンの一つでしょう。

過度な期待は『君の名は。』を感動しない方向へもっていく

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Yl0JKztdL._SY346_.jpg
『君の名は。』は期待し過ぎると感動しない可能性が高く、せっかくの感動シーンも泣けなくなってしまう可能性があります。
本作は大ヒットした作品で観る前から構えてしまった視聴者もいたようで、あらかじめ感動ポイントも知り過ぎて泣けなかった……という方もいました。
そのため、『君の名は。』は観る時は期待し過ぎないで、フラットな気持ちで観ることが大事だと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UwUneqqPL._SY279_BO1,204,203,200_.jpg
『君の名は。』を視聴する時は、期待し過ぎないで適当な気持ちで観ることが大事でしょう。
その方が、瀧と三葉が再会した時のシーンの感動が大きく、純粋に泣ける良い話だなぁ……と思えるはずです。
この作品は災害から大切な人を救う、不思議な力を持ってしまった少年少女の話ですが、それ以上の予備知識なく軽い気持ちで観た方が感動しますね。