Pmqxmrxyu21me41rbwlj

ジョジョの奇妙な冒険

CATEGORY | ジョジョの奇妙な冒険

【ジョジョ】荒木飛呂彦は老けない男?作者の年齢や不老不死の噂〜出身地や他作品も調査!

2021.07.08

ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦についてまとめました。老けないと噂のジョジョ作者・荒木飛呂彦の年齢、出身地、他作品、年収、作風の紹介など。ジョジョの奇妙な冒険のキャラ設定や独特な台詞回しなどジョジョの世界感満載です。

  1. 【ジョジョ】作者は不老不死!?ジョジョの奇妙な冒険について
  2. 【ジョジョ】作者の名前は荒木飛呂彦
  3. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦の経歴は?
  4. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦が描く作風:絵柄について
  5. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦が描く作風:台詞回しについて
  6. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦が描く作風:キャラ設定について
  7. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦の年齢は?
  8. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦が老けない秘訣
  9. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦の年収は?
  10. 【ジョジョ】作者・荒木飛呂彦の他作品を紹介
不老不死と噂のジョジョ作者・荒木飛呂彦先生が画く人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』について紹介します。作者である荒木飛呂彦先生のジョジョの奇妙な冒険は、週刊少年ジャンプ、またはウルトラジャンプで連載されている日本の漫画です。
初期のジョジョの奇妙な冒険は1987年の1月号から2004年まで週刊少年ジャンプで連載され、その後は集英社の青年向けコミック雑誌ウルトラジャンプに移り、2005年から2018年現在も連載を続けけいます。
キャラクターたちのおしゃれな服装や独特のポーズ「ジョジョ立ち」、「ゴゴゴゴゴ」といった擬音が話題になり、誕生30周年の年である2018年には六本木の国立美術館にて「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ 冒険の波紋」の原画展が開催されました。
ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦氏について紹介します。荒木飛呂彦(あらきひろひこ)氏は、1960年に宮城県仙台市で生まれました。
子供の頃から「一人の世界が好き」だったようで、幼い頃から好んで絵を描かれていたそうです。当時は「巨人の星」「あしたのジョー」「サスケ」「カムイ伝」「バビル2世」を愛読しており、中でも「バビル2世」は『ジョジョの奇妙な冒険』Part3の構成の元になっており、インタビューでも作者自ら「自分の原点の作品」と述べています。
ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦氏の経歴を紹介します。ジョジョの奇妙な冒険作者・荒木飛呂彦は幼少の頃から絵を描いていました。そして20歳の頃、専門学校在学中に第20回手塚賞に応募した作品『武装ポーカー』が準入選し、翌年週刊少年ジャンプで同作品でデビューしました。 その後他の作品を連載し、初デビューから6年後『ジョジョの奇妙な冒険』の連載を開始します。
ジョジョの奇妙な冒険作者・荒木飛呂彦が描く作品の作風について紹介します。ジョジョの奇妙な冒険作者・荒木飛呂彦が描く作品の作風ですが、作者自身ルネッサンス美術、とくに画家ミケランジェロに強く影響を受けたと公言しています。ジョジョの奇妙な冒険に登場するキャラクターたちの独特なポージング「ジョジョ立ち」もイタリア美術が元になっているようです。ジョジョのキャラクターたちが皆おしゃれなのは作者である荒木飛呂彦氏のセンスが影響しているのですね。
ジョジョの奇妙な冒険の作者荒木飛呂彦が描く作品「ジョジョの奇妙な冒険」の台詞回し・擬音について紹介します。ジョジョの奇妙な冒険の作者荒木飛呂彦が描く作品「ジョジョの奇妙な冒険」の台詞回し・擬音は独特なものがあり、ネット上で改変されて使われるのも珍しくありません。
例えば、「~じゃないか」といった一言でも荒木節だと「じゃあないか」になり、「じゃないぜ」も「じゃあないぜ」、「じゃないの?」も「じゃあないのォ?」と独特で心印象深いものになります。これについて作者の荒木飛呂彦氏は「本を読んだ影響が残っている」と認めており、本人のインタビューでも同じような言い回しをしているようです。
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない Vol.7<初回仕様版>Blu-ray
価格 ¥ 5,842
そしてジョジョの奇妙な冒険の擬音について。ジョジョでは緊迫シーンなどの心理状態を表すとき「ゴゴゴゴゴ」「バーーーーーン」「ズギュウン」といった擬音がよく使われます。これは作者いわくサスペンス映画などで使われる擬音を漫画にもほしい!と思い取り入れた手法のようです。ジョジョといえばこの擬音と台詞回しです。この2つはジョジョを語る上で切ってもキレないものですね。
ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木氏は漫画を描く上で一番大事なことは「キャラクター設定」だと言っています。キャラクター設定をするさいには、そのキャラクターの家族構成や所属組織、趣味や癖、譲れない信条のようなものなど60近い項目を設定しキャラクターごとの身上調査書を作成するそうです。 そういった細かな設定がジョジョのキャラクターたちをいきいきとさせているのでしょうね。
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 スタンダード・エディション [Blu-ray]
価格 ¥ 3,629
ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦氏は老けないことで有名です。そんな荒木飛呂彦先生ですが、一体何歳なのでしょうか?
ジョジョの荒木飛呂彦先生は1960年6月生まれです。ですので、2018年現在は58歳になります。雑誌のインタビューや授賞式などで露出されるたびに「若返っている」「前より若い」「波紋使い」など様々な噂が上がります。顔年齢を測定できる顔認識アプリでは54歳当時で「27歳」と出たことも…。ネット上などで20代の荒木氏の写真と現在の写真比較を見ても確かに変わっておらず「年を取らなィィィィィ??」と謎は深まるばかりです。
そんなジョジョの作者・荒木氏の老けない秘訣は何なのでしょうか?下記にて紹介します。
UOMO(ウオモ) 2018年 10 月号 [雑誌]
価格
ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦氏が老けない秘訣はなんなのでしょうか?100人中一00人が気になっているところだと思います。ジョジョの奇妙な冒険の生みの親ですので、「波紋呼吸法」や「石仮面」といった疑惑も…。
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
価格 ¥ 842
しかし荒木氏が老けない秘訣は、実は生活スタイルにあるようです。 まず体力維持のためジムでトレーニングや水泳を欠かさない、決まった日は必ず行う。(それが例え記念日であっても)。夜は22時に寝て朝5時に起き、食事は野菜中心、夕食は食べない。
そしてタバコは絶対に吸わない。(ジョジョに登場するくわえタバコキャラにも禁煙させるほどのタバコ嫌いだそうです) お肌の綺麗さについては「東京の水道水で洗っていて特にこだわったスキンケアはしていません」とのことでした。
そんな荒木氏ですが、ジョジョの奇妙な冒険の原画展「荒木飛呂彦原画展 JOJO -冒険の波紋-」の取材で年齢のことを聞かれると「年は取っていますよ」と即答したようです。若さの秘訣に聞かれると「わからない、DNAですかね?でも確実に年はとっています。足腰が痛くなったり日々辛いです」と答えていたようです。 これからも元気で楽しいジョジョを描いてほしいですね。
ジョジョ作者・荒木飛呂彦氏の年収はいくらなのでしょうか?推定ですが、1億円はくだらないと思われます。 社会現象になったジョジョの奇妙な冒険はコミックを始めアニメや実写映画など様々なメディアミックスはもちろん今なお人気作であることは間違いありませんね。
死刑執行中脱獄進行中 (集英社文庫(コミック版))
価格 ¥ 648
ジョジョ作者・荒木飛呂彦氏の「ジョジョの奇妙な冒険」以外の作品を紹介します。 まず、荒木氏は週刊少年ジャンプの「武装ポーカー」にてデビューしました。その次から準に紹介します。『アウトロー・マン』、『バージニアによろしく』『魔少年ビーティー読み切り』『魔少年ビーティー』『バオー来訪者』『ゴージャス☆アイリン』『ジョジョの奇妙な冒険』
『変人偏屈列伝』『死刑執行中 脱獄進行中』『ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜』『岸辺露伴は動かないシリーズ』『デッドマンズQ』『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』『徐倫、GUCCIで飛ぶ』です。 その他には画集や寄稿イラストなどが多数あります。
恥知らずのパープルヘイズ ―ジョジョの奇妙な冒険より― (JUMP jBOOKS)
価格 ¥ 799
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/819le4UIBML._RI_SX300_.jpg