U7xhtggi4yxvzhrap09o

ラプンツェル

CATEGORY | ラプンツェル

【ラプンツェル】塔のモデルがある?塔の間取りや高さを徹底紹介!おもちゃも人気!

2018.11.17

世界的に有名なアニメーションであるディズニーが手がけている作品の一つである「塔の上のラプンツェル」ですが、今回はそのラプンツェルに登場する「塔」について見ていこうと思います。実際のモデルとなった塔が存在するということで間取りや高さ、おもちゃなど見ていきましょう!

  1. 【ラプンツェル・塔】塔の上のラプンツェルとは?
  2. 【ラプンツェル・塔】塔のおもちゃ1
  3. 【ラプンツェル・塔】塔のおもちゃ2
  4. 【ラプンツェル・塔】ラプンツェルが住んでいた塔のモデルとは?
  5. 【ラプンツェル・塔】間取りや高さについて
  6. 【ラプンツェル・塔】今や観光地になっている?
  7. 【ラプンツェル・塔】敷地は結構広い!
  8. 【ラプンツェル・塔】モデルとなった塔のある城はホテルになっている?
  9. 【ラプンツェル・塔】ラプンツェルディナーもある!
  10. 【ラプンツェル・塔】まとめ
塔の上のラプンツェルは、今や世界的に有名であり誰もが知っているアニメーションの最高峰であるディズニーが手がけている作品の一つであり、ディズニーの記念すべき50作目に当たる作品になります。歴代のディズニー作品の中でもダントツで人気とされており、ヒロインであるラプンツェルをはじめとして、男性主人公であるユージーンやカメレオンのパスカルなど人気キャラが多いのも特徴的です。
ストーリーはとある出口のない塔の中で18年間もの長い期間、ずっとそこで生活を強いられてきた髪の長いラプンツェルが外の世界へと冒険に出るという話になります。もちろん一人ではなく、大親友であるカメレオンのパスカルや、外へ出るきっかけとなった大泥棒であるユージーンなどの濃いキャラクターたちと共に髪長姫は大冒険へと出発するのでした。
ディズニー プリンセス 塔の上のラプンツェル ラプンツェル キャッスル プレイセット 女の子 キッズ 子供 おもちゃ ままごと ドール 人形 フィギュア
価格 ¥ 8,480
ではまずはラプンツェルに登場する基本の舞台である「塔」のおもちゃについて見ていこうと思います。作中でもラプンツェルが長い期間生きてきた場所であり、作品内でも特徴的な描写が多かったところになりますので、子供達のファンはこのおもちゃを欲しがるのは当然のことでしょう。そのおもちゃの定番が上記のものになります。かなり忠実に再現されているものですね。
レゴ(LEGO) デュプロ ラプンツェルの塔 10878
価格 ¥ 3,974
子供のおままごとや作品に熱中している子供であればもはや楽しくて仕方がないと思われます。またもう一つのものはレゴのラプンツェルの塔になります。これは見た目を完全に真似ているというよりはレゴが好きな方向けの商品であると言っていいでしょう。レゴの世界でラプンツェルの塔が登場するというのはちょっと面白い世界観になりそうですね!レゴ好きならかなりオススメになります。
ディズニープリンセス リトルキングダム ラプンツェルの塔の上のサロン
価格 ¥ 2,160
そしてお次は映画のものを出来るだけ可愛く再現したものであり、年齢層がもう少し低めの子供にいいかと感じられます。遊ぶということに関してはおそらく上記たちのものよりも上のものの方がいいかと個人的には感じております。またお値段もかなりお安いというのも一つの特徴であり、利点であると思われます。これだけで遊ぶというよりは他のセットも購入して一緒に遊ぶのがいいかもしれません。
レゴ(LEGO)ディズニープリンセス ラプンツェルのベッドルーム 41156
価格 ¥ 1,949
そして最後になりますが、こちらはラプンツェルのベッドルームを再現しているレゴになります。レゴ作品でもラプンツェルの塔と共にこのベッドルームを購入するというのは必須になってくると思われます。レゴは数々の作品が存在しておりますが、レゴ好きにも、またレゴを知らない人であってもここから入るというのも一つのいいところかと思われます。あくまでも個人的な意見ですので参考までにお願いいたします。
さて、ではここからが記事の本筋になりますが、ラプンツェル作品で登場する塔の実物、いわゆるモデルとなった塔が存在するということをご存知でしょうか? 実際にその塔が現実世界にあり、それをロケハンして描かれていると言われております。正しくは原作であるグリム童話のラプンツェルが正しいのかもしれませんが、同じラプンツェルということでディズニーのラプンツェル作品の映像に登場する塔というもののモデルと言っていいでしょう。
このラプンツェルの塔のモデルとなったのはドイツにある「トレンデルブルク城」というものになっております。城と書いてありますが、実際は塔ですね。煉瓦造りのとても趣のある見た目であり、時代とその土地の建物感というものを感じるものです。ちなみに城と書いてある部分に関しては本当にあります。塔は敷地の一部に建てられているということになりますね!
では間取りや高さについてです。正確な間取りに関しては実際に言ってみないとわからない部分が多いのですが、実際にアニメーションで描かれているような広いものではないと言えるでしょう。人が数人入ればもう狭く感じるほどの広さであり、おそらく個人的な推測では直径5メートルほどの広さであると考えられます。塔自体一階から階段で上がれるようになっております。
中はあまり光が入らないような作りであり、ちょっとした小窓がいくつかあるだけになっております。ある種の牢屋のような場所な感じがしました。高さについては推測ですが、40メートルほどであると思われます。最上階はあたりを一望できるようになっており、ここからの景色はなかなかのものであると言えるでしょう。ドイツの綺麗な風景を拝めるということですね!
このラプンツェルの塔のモデルとなっているトレンデルブルクというところですが、現在はラプンツェルのこともあってか観光地になっております。もちろんその場所に関してもかなり綺麗なところであり、自然に囲まれたドイツの歴史を感じる土地となっております。ラプンツェルの作品がなくても観光地として十分に成り立つところであると個人的には感じました。
場所に関してですが、ドイツのメルヘン街道沿いにあり、町の広さはそこまで広いものではなく小さな町というような感じでしょうか。とても静かな場所であり、自然豊かでもありますので、自然を好んで観光する日本人にとってはとてもいい場所であると感じました。またラプンツェルの大ファンであれば聖地巡礼として一度は言ってみたい場所であると思われますね!
このトレンデルベルクにあるラプンツェルのモデルとなった塔ですが、トレンデルベルク城と呼ばれる場所の一角にあります。敷地はかなり広いものであり、ゆったりと観光するのにはかなりオススメです。ラプンツェルの塔だけでなく、その付近の庭園はしっかりと手入れがされており、今流行りでありインスタ映えする場所といっても過言ではないでしょう。
城というだけあって庭園の広さはかなり広いものであり、1日かけてじっくりとまわれるような場所と言えると思います。西洋の建物や庭園を匂わせるものがたくさんあり、様々な場所から塔を見ることができるのも一つ大きな良い点であると思います。塔だけでなく他の場所でも十分満喫できるという意味で、ここへ行くのもいいと個人的には思っております。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
さて、ここからがちょっと驚きなのですが、あのラプンツェルの塔がある城というのは今なんと観光地のホテルになっております。正式には「ホテルブルク トレンデルベルク」というものんであり、トレンデルベルク城そのものをホテルに改装してしまっているということになります。これは少々驚きですね。しかし観光する側としてはもう魅力満点の場所といってもいいでしょう。
ホテルブルクへの一番近い駅はカッセル駅であり、そこからローカル線に乗り換えをしてホーフガイスマー駅で降りるとトレンデルベルク城に一番近い駅となります。駅からの距離は車を使って約15分程度でありますが、送迎の依頼をしておかないとかなり遠くなってしまいます。バスも出ておりますが、かなり本数が少なく、同じ名前の停留所が多いため間違いやすいのにも注意が必要です。
さて、このホテルに宿泊する上で欠かせないのが、ラプンツェルディナーというものです。ラプンツェルファンにとってはもちろん魅力的なものであるといっていいでしょう。ラプンツェルの聖地巡礼をする場合はこのホテルブルクで宿泊し、そしてディナーから観光までじっくりとラプンツェルの世界に浸れるというのがとても良い部分であると個人的には感じております!
いかがでしたでしょうか? 今回はラプンツェルに登場する塔のモデルについてみてきました。実際にドイツのトレンデルベルクという場所にトレンデルベルク城というお城があり、そこの一角にモデルとなった塔があるということがわかりました。今では観光地となっており、お城もホテルに改良されており、ファンにとってはとても魅力的な場所であると言えるでしょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81cpGEV38pL._SY606_.jpg