Lx6gkhahqcdrknyfr3ax

SAO

CATEGORY | SAO

【SAO】ソードアート・オンラインのキャラクター紹介まとめ

2018.08.07

『ソードアート・オンライン』は2010年代に最も中高生に人気のメディアミックス作品です。世界観だけでなくキャラクターも魅力的な『ソードアート・オンライン』なので、ここでは「SAO」の主要キャラクターを紹介しつつ、人気キャラクターのシノンも合わせて紹介します。

  1. 『ソードアート・オンライン』は大人気メディアミックス作品
  2. 『ソードアート・オンライン』通称「SAO」の魅力は何か?
  3. 【ソードアート・オンライン】主人公キリトの基本キャラ
  4. 【ソードアート・オンライン】主人公キリトのキャラの強さ
  5. 【ソードアート・オンライン】キリトのその他のキャラ情報
  6. 【ソードアート・オンライン】キリトの声優は松岡禎丞さん
  7. 【ソードアート・オンライン】ヒロイン「アスナ」基本キャラ
  8. 【ソードアート・オンライン】アスナのキャラの強さ
  9. 【ソードアート・オンライン】アスナのその他のキャラ情報
  10. 【ソードアート・オンライン】アスナの声優は戸松遥さん
  11. 【ソードアート・オンライン】かわいいシリカの基本キャラ
  12. 【ソードアート・オンライン】シリカのその他のキャラ情報
  13. 【ソードアート・オンライン】シリカの声優は日高里菜さん
  14. 【ソードアート・オンライン】元気なリズベットの基本キャラ
  15. 【ソードアート・オンライン】リズベットの他のキャラ情報
  16. 【ソードアート・オンライン】リズベットは高垣彩陽さん
  17. 【ソードアート・オンライン】ユイの基本的キャラクター
  18. 【ソードアート・オンライン】ユイのその他のキャラ情報
  19. 【ソードアート・オンライン】ユイの声優は伊藤かな恵さん
  20. 【ソードアート・オンライン】人気キャラ「シノン」とは?
  21. 【ソードアート・オンライン】シノンのキャラの強さ
  22. 【ソードアート・オンライン】シノンの声優は沢城みゆきさん
  23. 【ソードアート・オンライン】主要キャラクター紹介まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/8151Di-PXwL._SY679_.jpg
『ソードアート・オンライン』通称「SAO」は「川原礫(かわはられき)」さん原作のライトノベルで、2010年代に中高生に最も人気のメディアミックス作品です。
2012年7月に第一期がアニメ化してから人気が爆発し、円盤の売上が余裕で10000枚以上という凄まじい人気ですね。
2018年秋には第三期が放送予定で、今後も人気が予想される最も注目の話題作です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81cho0e%2BLML._SX522_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xwBz4%2BmOL.jpg
『ソードアート・オンライン』通称「SAO」の魅力は、VRマシンという機械で様々なゲームの中にダイブし、仮想世界で戦っていく所にあります。
舞台が仮想世界であるため表現の自由が効いており、ゲームの種類も豊富なため、視聴者を魅了していますね。

SAOはキャラも魅力的な美少女キャラクターばかり

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61AP%2BMJ-kJL.jpg
ゲームを通して知り合うキャラクター達も魅力的で、主人公のキリトは毎回例外なく素敵な美少女たちと縁を結びます(エロい意味ではなく)。
SAOのキャラクター紹介をしているサイトは多いですが、ここでは大まかにわかりやすくキャラ紹介をしていきたいと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51PXAVd0xoL.jpg
まず最初に紹介するのが、『ソードアート・オンライン』通称「SAO」の主人公キリトです。見た目はごく普通の少年で特筆すべき点はない人物ですね。
一見、温厚そうに見えますが、実際は自分の考えを最優先する理知的な性格が強く、あまり周囲に迎合することがありませんでした。
しかし、VRゲームの適正は人一倍あり、もともと理知的で他者と迎合しない性格も相まって、作中ではトップクラスのプレイヤーとして名を馳せます。
また、キリトは理知的であるかと思えば感情的な所もあり、合理的な強さを求めるより、自分の好みを反映させたプレイスタイルにこだわるという特徴を持っています。例えば、銃の方が強いゲームでも剣を選択するなど、天邪鬼な所がありますね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511sO4vSa7L.jpg
『ソードアート・オンライン』通称「SAO」の主人公キリトは、見た目は華奢な少年ですが、戦いの舞台はゲームなのでストレングス(力)重視のパワーの高いキャラ育成をしています。
また、アジリティ(速さ)も重視しており、素早い動きでパワーのある連続攻撃をするという典型的なファイタータイプです。
キリトのもともとのVRゲームの適正も相まって、作中ではVRゲームのトッププレイヤーとして君臨し、シンプルで力強い安定した強さを誇っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mQ2T36vkL.jpg
『ソードアート・オンライン』通称「SAO」の主人公キリトは、リアルでの名前は「桐ケ谷和人(きりがやかずと)」と言い、プレイヤー名のキリトは「桐ケ谷和人」をもじったものです。
キリトの誕生日は10月7日で、誕生星座が天秤座らしいバランスの取れた理知的な所がありますね。
ヒロインの「結城明日奈(ゆうきあすな)」とはリアルで恋人関係で、デスゲーム『ソードアート・オンライン』を共に生き抜いてきた戦友でもあります。
初期の頃はソロプレイを好む孤高のプレイヤーでしたが、アスナや他の魅力的なプレイヤー達と出会い、協力してより大きな敵を倒すプレイスタイルを身に付けていきました。
デスゲーム『ソードアート・オンライン』で生き延びるために、わざわざ人を寄せ付けない雰囲気で己のステイタスを磨くことに専念していましたが、本当は情緒的でやさしい人物で、生き延びるために自分の甘さを隠していた所もあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DiyUckrBL.jpg
キリトの声優は、『アブソリュート・デュオ』の主人公「九重透流(ここのえとおる)」や『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の主人公「ベル・クラネル」の声優を務めている「松岡禎丞(まつおかよしつぐ)」さんです。
松岡さんは『Re:ゼロから始める異世界生活』の「ペテルギウス・ロマネコンティ」という超悪役の声優もやっていますが、ペテルギウスはもはやキリトの面影がないので、全然違う松岡さんを見れます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Fm4JhhODL.jpg
次に紹介するのが、『ソードアート・オンライン』通称「SAO」のヒロイン「アスナ」です。年齢はキリトの一つ上で、しっかり者で負けず嫌いですが、それ以上にやさしくて明るい素敵な女の子ですね。
リアルでの名前は「結城明日奈(ゆうきあすな)」と言い、お金持ちのお嬢様です。しかし、お金持ちであることを鼻にかけることは一切なく、育ちの良さこそ目立つものの普通に美人な女子高生をやっています。
デスゲーム『ソードアート・オンライン』ではキリトが最も頼りにしていたパートナーで、二人で戦い抜いてきた経緯もあり、生還してからは強い絆で結ばれた恋人同士になりました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61srR2RC0CL.jpg
「SAO」におけるアスナの戦闘スタイルは、レイピアによる素早い連撃が特徴で、その速度はSAO最速のキリトですら一目置くほどです。
総合的な戦闘力もキリトに勝るとも劣らず、本音ではソロプレイを好むキリトがアスナと行動できたのも、アスナがキリトの強力なパートナーだったからだと言えます。
「SAO」では前線で戦っていたアスナですが、続く「アルヴヘイム・オンライン」通称「ALO」では魔法が使えるため、回復・支援に特化した「ウンディーネ」を選択し、髪の毛の色も水色に変化しました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4182Uvbp3AL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Zcu2w4OeL.jpg
アスナの誕生日は9月30日で、これは「川原礫(かわはられき)」さんのもう一つの小説『アクセル・ワールド』のヒロイン「黒雪姫」と同じです。
『アクセル・ワールド』は『ソードアート・オンライン』の未来の話であるため、二人は親子で「黒雪姫」はキリトとアスナの子供なのではないかと一部で言われていました。
しかし、誕生日が一致しているだけでアスナと「黒雪姫」が親子であると断定するのは難しいと思います。
それでも、確かに「黒雪姫」のアバター「ブラック・ロータス」は、キリトと同じ黒をベースカラーとし、二刀流で戦っていることから、「黒雪姫」がキリト・アスナの娘説はあり得る路線ではあるかもしれないですね。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61Q7gJTd7AL._SS500.jpg
アスナの声優は、『To LOVEる -とらぶる-』のヒロインの一人「ララ・サタリン・デビルーク」や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の「安城鳴子(あなる)」の声優を務めた「戸松遥(とまつはるか)」さんです。
戸松さんは基本的に、元気な女の子や気の強い女の子の声を演じるのが上手い声優ですね。歌も上手で美人な戸松さんは、前に出ていっても通用する声優です。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51y4NWl7U9L._SS500.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Bet1j1L1L.jpg
シリカはSAO内のアイドル・マスコット的なキャラクターで、年齢はキリトより一つか二つ下の女の子です。
ビーストテイマーであり、レアモンスターである小さなフェザーリドラのピナを乗せて行動していました。
森でモンスターに襲われていた所をキリトに助けられ、その時に命を落としたピナを生き返らせるために、一時期キリトと行動を共にしましたね。
性格は典型的なかわいい妹キャラという感じで、可愛さと無邪気さを兼ね備えた、庇護欲をそそる女の子です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61R%2BROQlJ1L.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JQGqjuQ8L.jpg
シリカは素早い動きを特徴とした短剣による攻撃が得意ですが、プレイヤースキルはそれほど高くはないので、戦闘で劇的に役立つキャラクターではないですね。
むしろ、ややおっちょこちょいな所があり、全体的には足を引っ張りがちですが、マスコット的なキャラクターなので許されてしまいます。
「SAO」生還後もキリトやアスナたちと交流し、『アルヴヘイム・オンライン』通称「ALO」ではケットシーを選択し、支援系の魔法でパーティーを支えています。
シリカの本名は「綾野珪子(あやのけいこ)」ですが、なぜプレイヤーネームがシリカなのかはわかりませんね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41-J45VRGXL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VFEdNceQL.jpg
シリカの声優は、『アクセル・ワールド』の「ニコ〈上月由仁子 / スカーレット・レイン〉」や『妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)』のヒロイン「白鬼院凜々蝶(しらきいんりりちよ)」の声優を務めている「日高里菜(ひだかりな)」さんです。
驚くべきは、シリカもニコも凜々蝶も、全くキャラが異なり声の感じも全然違う所です。日高さんは、類まれにバリエーションが豊富な声優ですね。
2018年の段階で声優歴約10年にも関わらず、まだ24歳という年齢なので、今後の活躍をまだまだ期待できる声優さんです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UI3HgaoVL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61F5tMSXDPL.jpg
リズベットは「SAO」内で鍛冶屋を営んでいた少女で、アスナの親友です。性格は明るく元気な女の子ですが、やや適当な所があるためピンチに陥ることも。
しかし、鍛冶屋としての腕前は一級品で、「SAO」最強クラスのプレイヤーであるキリトとアスナの武器を生成したりメンテナンスしたのはリズベットでした。
キリトの武器の素材を手に入れるために、一緒に55層のレアな金属を生み出すドラゴンを退治しにいきましたが、キリトの足を引っ張ってしまい一時絶体絶命に陥ってしまいます。
しかし、プレイヤースキルの高いキリトはピンチを乗り切り、無事に武器の素材をゲット。その経緯でキリトに恋心を抱くようになりますが、直後にアスナとキリトが良い感じだと知り、身を引きました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/316xXZL5R5L.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31H-B467gmL.jpg
リズベットは「SAO」から生還後もキリトやアスナ達と行動を共にし、リアルではシリカと仲良くなりました。
本名は「篠崎里香(しのざきりか)」と言い、「SAO」ではピンク髪が特徴的だった彼女も、リアルでは茶髪の普通の女の子です。
キリト達と共に『アルヴヘイム・オンライン』通称「ALO」をプレイしており、「ALO」でも鍛冶屋を営んでキリト達の装備を整えています。
鍛冶屋としてのスキルが高いためか戦闘では全体的に平凡で、傑出した力はないものの適度にアシストしてパーティーを支えています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51y3YwyBREL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YqKcxQVDL.jpg
リズベットの声優は、『TARI TARI』の主人公「坂井和奏(さかいわかな)」や『神のみぞ知るセカイ 女神篇』の登場人物「五位堂結(ごいどうゆい)/ マルス)」の声優を務めた「高垣彩陽(たかがきあやひ)」さんです。
高垣さんは比較的、明るめのキャラクターの声優が得意ですね。高垣さんの良い意味で普通っぽい声は、日常の中で聴いても違和感がなくバランスの良い声優さんです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510XjA3mXjL.jpg
「アインクラッド編」の中盤と後半の間くらいで、キリトとアスナが森で見つけた記憶を失った少女がユイです。
プレイヤーでもNPCでもないユイは不可解な存在でしたが、放っておくこともできず、キリトとアスナは一緒に暮らしていた田舎の家にユイを連れていきました。
そこでユイはキリトとアスナに懐き、キリトのことを「パパ」、アスナのことを「ママ」と呼び、本当の家族のような時間を過ごしましたね。
しかし、ユイの正体は『ソードアート・オンライン』のシステム、「カーディナル」の「メンタルヘルスカウンセリングプログラム試作一号ユイ」で、記憶を取り戻したユイはチート的な力でキリトとアスナを助けたため、バグのように扱われ消去されてしまいました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4114bQCmeHL.jpg
「SAO」のシステム「カーディナル」に消去されそうになったユイでしたが、なんとかシステムに割り込んだキリトはユイのプログラムをオブジェクト化し、小さなカケラに残すことに成功しました。
その後、「SAO」と同じ「カーディナル」のシステムを流用していた『アルヴヘイム・オンライン』通称「ALO」でユイは復活。見事、キリト達の前に姿を現し、ナビゲーションシステムとしてキリト達を支えています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aoazIwFqL.jpg
ユイの声優は『神のみぞ知るセカイの』の「エルシィ〈エリュシア・デ・ルート・イーマ〉」や『僕は友達が少ない』の「柏崎星奈(かしわざきせな)」の声優を務めた「伊藤かな恵(いとうかなえ)」さんです。
伊藤さんも、ユイ・エルシィ・星奈では、幼女・妹・ビッチほどの差があるので、物凄く間口の広い声優ですね。これからも、まだまだ活躍が期待できそうです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91XePgJOhWL._SX522_.jpg
最後に紹介するのが、正確には「SAO」は不参加でしたが、「ファントム・バレット編」におけるヒロインの「シノン」です。
シノンは「SAO」のキャラとしては珍しくクールな美少女で、明るい女の子が多い「SAO」の美少女キャラクターの中では少し異彩を放っています。
また、シノンが初登場した「ガンゲイル・オンライン」というVRゲームは、剣や魔法というファンタジー要素が強いVRゲームではなく、実在する銃で撃ち合うというリアリティー高めのサバイバルゲーム的な作品だったため、そういう意味でもシノンの存在感は異質ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51pbYJV3XcL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51eiquEIn0L.jpg
「ガンゲイル・オンライン」通称「GGO」におけるシノンの戦闘スタイルは、「ヘカートii」という対物ライフルによる長距離射撃です。つまり、シノンはスナイパーで、その実力はプロゲーマーが徘徊する「ガンゲイル・オンライン」の中でも五本の指に入る程です。
「ファントム・バレット編」の後はアスナと親しくなり、キリト達と共に「アルヴヘイム・オンライン」通称「ALO」にもログインするようになりました。
「ALO」ではケットシーという種族を選択し、猫耳が生えたのが特徴的です。武器は弓矢を選択し、「GGO」の時のように中遠距離からの攻撃を得意とし、キリト達をサポートしています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31pgD9fZqEL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LJAShOqlL._SY679_.jpg
シノンの声優は、『HUNTER×HUNTER』の「クラピカ」や『ノーゲーム・ノーライフ』の「初瀬いづな」の声優を務めた「沢城みゆき」さんです。
沢城さんは、どことなく落ち着いたキャラの声が得意ですね。シノンの時もグッドでした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71yIf3awDjL._SX522_.jpg
『ソードアート・オンライン』のキャラクターランキングでも上位を占めるキリト・アスナの紹介をはじめ、「ガンゲイル・オンライン」の人気キャラ「シノン」まで紹介しました。
キリト・アスナは主人公とメインヒロインなので、キャラ紹介やランキングで上位にくるのは当然ですが、やはりシノンも独特なキャラデザとキャラクターが魅力的で素敵ですね。
2018年秋から放送予定の『ソードアート・オンライン』の三期には、ここでは紹介していない「アリス」という新キャラも登場し、このアリスは原作ファンから高い評価を得ている美少女キャラなので注目ですね。
まだまだ紹介していないキャラクターの中にも魅力的なキャラが登場する「SAO」ですが、ここで紹介したキャラは「SAO」の中でも特に重要なキャラクターなので、ここで紹介したキャラは最低でも抑えておくといいです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51H7nZvrkZL.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xwBz4%2BmOL.jpg