O9etknsahjz6hcuhdjb3

ごちうさ

CATEGORY | ごちうさ

【ごちうさ】モカが一番「お姉ちゃん」?声優情報や人気の秘訣を一挙公開

2018.04.03

保登モカとはご注文はうさぎですか?に登場する人物の一人です。 ごちうさの世界では珍しく成人している女性キャラの一人です。 最初の頃はココアの回想でしか登場していなかったのですが、アニメ第二期4話ラストから登場しました。 モカの名前の由来は「ホットモカ」です。

  1. ごちうさとは
  2. ご注文はラジオですか?
  3. モカの基本情報
  4. モカの容姿
  5. モカの年齢
  6. モカの声優
  7. モカのかわいいとこ
  8. モカの決め台詞
  9. モカのグッズ
  10. モカは人気!?
  11. モカの腕
  12. モカは機械音痴
ごちうさとはKoiによる4コマ漫画作品です。略称は「ごちうさ」です。「まんがタイムきららMAX」で2011年3月号から連載をしており、アニメ化・映画化・ゲーム化も行われています。
ごちうさの主なあらすじはココアが街に引っ越してき、ラピッドハウスという喫茶店に入ります。休憩がてらラッピドハウスに入り、自分の下宿先の宿をチノに聞くとラッピドハウスがココアの下宿先でした。 高校の方針によりラッピドハウスで働くこととなりました。
主な主要人物はココア/保登 心愛(ほと ここあ)・チノ / 香風 智乃(かふう ちの)・リゼ / 天々座 理世(てでざ りぜ)・千夜 / 宇治松 千夜(うじまつ ちや)・シャロ / 桐間 紗路(きりま しゃろ)の五人です。 他にも色々なキャラクターがおり、キャラクター同士の日常生活をごちうさでは楽しむことができます。
ごちうさではアニメだけではなくウェブラジオもあります。 アニメ第一期と同じ期間に放送されており、全16話です。出演は佐倉綾音(ココア役)と水瀬いのり(チノ役)が出演しています。 アニメ二期の時も同じくラジオが配信されており全14話です。出演は水瀬いのり(チノ役)と種田梨沙(リゼ役)です。
ご注文はラジオですか?では保登モカ役茅野愛衣さんは出演していないのですが、ラジオ自体はとても面白いのでごちうさ好きの方は是非聞いてみてください。
保登モカの基本情報です。 誕生日:3月13日(うお座) 身長:不明(少なくとも160cm以上) 年齢:不明 血液型:? 声優:茅野愛衣 名前の由来:ホットモカ
ごちうさの中ではココアの姉であり、ココアが姉を目指すきっかけとなった人物です。 しかし、登場したての頃では姉オーラはココアの姉オーラと同じで茶番に見えたのですが、ココアとは違い本物の姉でした。 本物の姉なので「甘えたい」と思わせてくれるような人物でとてもかわいいです。
また、ごちうさの中でも成人している一人であり(年齢は不明)、青山ブルーマウンテンの蔵書を愛読しています。青山ブルーマウンテンとは同年代で青山さんのファンの一人です。 ごちうさの中でも漢字表記がなく保登モカと名前がカタカナになっています。
容姿に関してはココアと同様の綺麗な紫眼に色素が濃い腰まである長くて癖のある赤毛と、やや小柄な妹とは対称的な長身が特徴です。顔立ちや風貌に関しては身内だけあって妹と比較的似ているがモカの方が顔の輪郭が丸く口が妹に比べて小さいという相違点があります。 相違点はあるもの姉妹なのでやはりココアと似ています。
ココア同様、誰にでも優しく接する社交的な性格であり、抱きしめてもふもふしたがる癖があります。その包容力はリゼをテンパらせたり、チノに至っては母親のような安らぎすら感じさせたほどです。 しかし、あまりに馴れ馴れしいためか、ココアから距離を置かれることもありました(もっともこれはチノやリゼらに、「姉に甘える自身を見られたくないから」と言う理由です)。
モカの年齢は明らかにされていないです。 しかし、年齢は青山ブルーマウンテンと同じ、ココアの姉ということから年齢は20代前半くらいと予想できます。 女性に年齢を訪ねるのは野暮ですが、気になるので早く年齢は知りたいですね。
モカの声優は茅野愛衣さんです。ここでは茅野愛衣さんについて紹介していきます。 主な出演として、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない:本間芽衣子役」、「ノーゲーム・ノーライフ:白役」、「ちはやふる:大江奏役」、「さくら荘のペットな彼女:椎名ましろ役」、「リライフ:日代千鶴役」、「ニューゲーム:遠山りん役」など色々な作品に出演し声優として活躍しています。
声優としての声は柔らかい声をしており、何故かまんがタイムとの縁があります。 声優としての声が柔らかいせいか、演じているキャラクターは姉系キャラが多いです。 また、声優としての活動だけではなくラジオやナレーションとしての活動などを行っており、様々な分野で活躍しています。
保登モカには魅力がたくさん詰まっています。 アニメで印象に残っているシーンは「姉」として頑張っているココアを甘やかすシーンです。 甘やかそうとするのですがココアはそれを突っぱねてしまいます。ココアはきっと甘えたいと思っているのでしょうが思春期は難しいですね。
ココアに突っ張られてしまったモカはその後大ショックでラッピドハウスでジョッキでミルクを飲んで泣き崩れます。モカの妹離れにはもう少し時間がかかりそうですね…。 ここのシーンのモカがものすごくかわいいと思うので是非見たことない人は見てください。
モカの決めセリフは「お姉ちゃんに任せなさい! 」です。モカらしく姉妹だけあってココアに似ていますね。 これで誰かが甘えたいと思ってくれればいいのですが現実は甘くなく、行動も空振りに終わることが多いです。
誰かこの姉妹に甘えてあげてください…。そしたらとても喜んでくれます。 甘えるのがチノだとしたら姉妹そろって満足の笑みで倒れそうですね。 モカの決め台詞は甘えたい甘えたいと思わせてくれる「お姉ちゃんに任せなさい!」でした。
保登モカのグッズはまだ数が少ないです。 単行本をグッズと呼んでいいのならあるのですが、缶バッジやトレーディングカードのようなグッズが多いです。 グッズと言えばフィギュアなので是非フィギュア化はしてほしいですね。 他にもねんどろいどなどのグッズがあってもいいと思います。
モカはグッズだけでなく出番も少ないので出番ももう少し増やしてほしいですね。ココアの姉でココアが甘えたいと思っています。なのでココアが甘えている様子のイラストなどもかわいいと思うので是非グッズ化してほしいです。
保登モカは出番の割に人気度が高いです。その理由はモカのかわいいとこにあると思います。 誰にでも甘えたいと思わせてくれるような姉御肌キャラがかわいいポイントだと思います。ココアと同じく茶番の様な感じなとこもあるのですが、映画などではかわいいだけでなく姉としてかっこいいとこも見せてくれました。
他にも人気の秘訣には声優が関係していると思います。モカの声優は茅野愛衣さんで茅野愛衣さんはthe姉という声をしていてとてもかわいい声をしています。声から甘えたいと思わされるのも人気の秘訣なのだと思います。
保登モカの実家はパン屋さんです。「Hot Bakery」というお店で母と二人で働いています。 パンを作るのがうまく、チノが言うには涙が出るほどおいしいらしいです。 そんなパンを作るのがうまいモカですが何でもおいしく作れるというわけではありません。
モカはスコーンを作るのが苦手なようです。作ったスコーンをココアが食べるとトラウマになるほど不味いと言っていました。 また、コーヒーを淹れるのも苦手らしく、淹れたコーヒーは母から酷評されており、その本人も泥水と認めるほど不味いらしいです。
ラピッドハウスで暮らしているココアとのやり取りはいつも手紙でした。 その理由はモカが機械音痴というとこにありました。 頭がよく理系のイメージとは対称的に機械は使えないようです。
内緒でチノと手紙でやり取りしていたこともあり、それがココアに見つかった時には一カ月間手紙のやり取りをしないというほどココアは怒っていました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DYIOxUcV4AAn1H0.jpg