Dqhpkphdt43qxposll66

コードギアス

CATEGORY | コードギアス

【コードギアス】1期のあらすじを各話ごとにネタバレ!ラストはどうなる!?

2018.09.15

『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、主人公のルルーシュが妹ナナリーのために「ギアス」という特殊能力を使って世界を変えようとする物語です。1期の各話あらすじをネタバレ込みで書きますが、ここで紹介するのは大体の「コードギアス」のあらすじだと認識してください。

  1. 『コードギアス 反逆のルルーシュ』とは?
  2. 『コードギアス 反逆のルルーシュ』の魅力は?
  3. 『コードギアス 反逆のルルーシュ』バトルがメインではない
  4. 【コードギアス】1期の序盤あらすじを語る前に
  5. 【コードギアス 序盤あらすじ①】1話はC.C.とスザクが見所
  6. 【コードギアス 序盤あらすじ②】黒の騎士団結成
  7. 【コードギアス 中盤のあらすじ】C.C.の昔の協力者マオ
  8. 【コードギアス 後半のあらすじ】後半と言えばユフィ
  9. 【コードギアス ネタバレ】1期のラストはバッドエンド
  10. 【コードギアス】各話ネタバレとラストのまとめ

主人公のルルーシュが悪の仮面を被る物語

『コードギアス 反逆のルルーシュ』は人気アニメなので、アニメにそれほど詳しくない方でも名前くらいは聞いたことがあると思います。
本作は、主人公のルルーシュという少年が、C.C.(しーつー)という謎の美少女から「ギアス」という特殊能力を授かり、ルルーシュの父親が皇帝の「ブリタニア帝国」を、妹ナナリーのために打倒しようと「黒の騎士団」という反乱組織を結成する話です。
ルルーシュは黒の騎士団の団長「ゼロ」として常に仮面を被り、その素性を知るものは黒の騎士団の中でもC.C.ただ一人という徹底した秘密主義を貫き、団員達からも不信に思われますが、圧倒的な指導力とカリスマ性で黒の騎士団を指揮し、打倒ブリタニアのための力をつけていきます。

キャラクターデザインが良くキャラの背景も魅力的

『コードギアス 反逆のルルーシュ』が人気となった理由は、第一にキャラクターデザインが男性キャラ女性キャラ共に素晴らしく、明らかに勢力が小さいルルーシュサイドが、ルルーシュの頭脳とギアスの力で巨大なブリタニア帝国相手に優勢になっていくという、下克上なストーリー展開にあるでしょう。
男性キャラは美形でかっこいいキャラが多く、女性キャラのデザインも非常に可愛い上にそれぞれのキャラクターが濃いので、重いストーリー展開も相まって先が気になる世界観となっています。

本作は人間ドラマに主眼が置かれている

コードギアスはロボットアニメではありますが、実際はロボットによるバトルよりも各キャラクターの人間ドラマに主眼が置かれており、バトルアクションは二の次である所にあるでしょう。
例えば、他の人間には冷たいルルーシュが妹ナナリーに対しては特別な愛情を抱いていたり、ルルーシュの圧倒的な知能による頭脳戦でブリタニアを制圧していったり、頭脳ではどうしようもない所はギアスの力で危機を切り抜けたりしていきます。
今は主人公ルルーシュの目線で話しましたが、他のキャラクター達もルルーシュに近い密度で物語に介入してくるため、非常に人間ドラマが複雑で、重い気持ちにさせられる場面があれば、逆に感動で涙を誘う部分もあったりしますね。

1期のあらすじを語る前に知っておいた方が良いこと

コードギアスは非常に長い物語で、1期と2期を合わせれば50話程になるため、各話をそれぞれ序盤・中盤・後半に分けて各話紹介していきたいと思います。
まず、コードギアスを語る上で外せないのが、第1話「魔神が生まれた日」でしょう。
しかし、第1話「魔神が生まれた日」は予備知識なく唐突に始まるので、ここで意味がわからなくてつまずいてしまう視聴者も多くいると思います。
そこでまずは、コードギアスを観る上で必要な予備知識を伝えたいと思います。

ルルーシュは父シャルルに見捨てられたことで復讐を誓う

ルルーシュはブリタニアの王「シャルル・ジ・ブリタニア」の息子ですが、幼い頃に謎の襲撃に遭い、母「マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア」を失ってしまいます。
さらに、母マリアンヌを目の前の失ったショックで、妹のナナリーは視力を失い、さらに自力で歩行することが出来なくなってしまいました。
マリアンヌを襲った襲撃を不審に思ったルルーシュは、父シャルルに詰め寄りますが一蹴され、その後はナナリーと共に日本に飛ばされてしまいます。
日本では枢木ゲンブという力のある人物の下にナナリーと共に預けられ、枢木ゲンブの息子「枢木スザク」と対立しながらも親しくなっていき、いつの間にか親友になりました。
母を失った悲しみとナナリーが身体が不自由になった苦しみはあったものの、スザクとの友情を得たルルーシュは、そのまま育てばまだ救いがあったかもしれません。
しかし、ブリタニアの皇帝でありルルーシュとナナリーの父でもあるシャルルは、ルルーシュとナナリーを預けているにも関わらず日本を制圧し、「エリア11」名付け日本の全てを支配してしまったのです。
そのことに深く憎悪したルルーシュはブリタニアの皇帝シャルルに復讐を誓い、妹ナナリーが平和に暮らせる世界をつくるために、身分を偽り復讐の機会を伺っていました。

1期の序盤あらすじで大事なポイントは1話のC.C.とスザク

1期で特に重要なのは1話で、1話はスザクとの再会から、ルルーシュがC.C.と出会い「ギアス」を得る所まで網羅されているので重要です。
それまで、ブリタニアを倒そうにも普通の学生の一人にまで成り下がっていたルルーシュが、ブリタニアを倒そうにも力が無く諦めかけていた所を、C.C.と出会ったことでギアスを得て打倒ブリタニアを現実のものとして捉えられるようになったのは彼にとって大きなターニングポイントとなりましたね。
また、久しぶりにスザクと再会するも、スザクは日本人でありながらブリタニアに所属していることにルルーシュは衝撃を受け、この再会が後に続く長い対立の物語の始まりとなってしまいました。
1話は唐突に始まるため、予備知識が無いとわけがわからなくて楽しめない部分もあるかもしれませんが、本作は中盤~後半まで見るとかなり楽しいので、1話で切らないことをおすすめします。

1期の序盤あらすじで重要なポイントは黒の騎士団が結成される所

各話で分けるとすれば、序盤は大体1話~8話くらいまでとなりますが、ちょうど8話で正式にゼロ(ルルーシュ)を筆頭とした対ブリタニアの反乱組織「黒の騎士団」が正式に結成され、対立を明らかなものとしました。
黒の騎士団には、ルルーシュの通っているアッシュフォード学園の紅月カレンもいますが、カレンは怪しんではいますがゼロがルルーシュだということに確信を持てずにいて、しかしゼロの優秀さには信頼を置いているため、強力なナイトメア「紅蓮」に乗ってゼロをサポートしていきます。

1期の中盤と言えばC.C.の昔のパートナー「マオ」が印象的すぎる!

コードギアス中盤で最も印象的なのは、各話で分ければ14話~16話くらいの時に強烈な印象を残したC.C.の昔のパートナー「マオ」の存在でしょう。
マオは昔、C.C.がギアスを与えた人物で、「人の心を読む」ギアスを所有している人物でしたが、精神的に壊れているので非常に厄介な存在で、頭脳戦を得意とするルルーシュが苦戦した相手の一人でした。
C.C.に固執するあまり、今のパートナーであるルルーシュを執拗に追い詰めていった本当の悪役でしたが、最後はスザクの協力とルルーシュ自身の機転により、なんとかマオに勝利することが出来ました。

1期の後半と言えばブリタニアの第3皇女ユーフェリアとルルーシュの悲劇

コードギアスの後半、各話で分ければ22話~最終話のラストまでの流れで、最も切なく強烈に印象に残ってしまうのはユーフェリアの予期せぬ暴走と死でしょう。
ユーフェリアはルルーシュを含めた大切な日本人達のことを想い、イレブンとしてではなく日本人としての誇りと尊厳を取り戻せる世界「行政特区日本」を設立することを誓い、式典を開催しました。
ユーフェリアの行動に納得できなかったゼロ(ルルーシュ)は、式典の会場に現れユーフェリアと対話しましたが、彼女と話している内にルルーシュはユーフェリアの思想に同調し、彼女の味方になろうと決意を改めます。
しかし、最悪のタイミングで突如ルルーシュのギアスが覚醒していまい、冗談で言った「日本人を殺せ」という命令でユーフェリアは暴走し、式典会場にいた大勢の日本人を殺してしまうのです。
自責の念に駆られたルルーシュは自らの手でユーフェリアを殺しましたが、この出来事でユーフェリアの騎士だったスザクとは決定的に対立してしまい、ルルーシュも思考能力が低下しナナリーの身の安全ばかり気になってしまい、結果的に黒の騎士団を見捨て壊滅の危機に瀕させてしまいました。

ネタバレすると1期のラストはバッドエンドでルルーシュは奴隷化

1期のラストをネタバレすると、ルルーシュはブリタニアの正当な騎士となったスザクに捕まってしまい、ルルーシュの父であり最大の憎悪の対象でもあるシャルルのギアスによって、シャルルの奴隷となってしまうという衝撃のラストになってしまいます。
さらにネタバレすると、スピンオフの『コードギアス 亡国のアキト』では「ジュリアス・キングスレイ」という名前でシャルルの奴隷として働いている姿で登場し、1期のラストの後では、ルルーシュは憎悪の対象であったシャルルに操られて生きているという哀れな姿で描かれていました。

コードギアスはネタバレしきれない程たくさんネタバレ要素がある

コードギアスは細かい伏線が作中の中に散りばめられているので、実際に作品を観た方が早い面があると思います。
ただ、予備知識なく観ると1話で挫折する恐れもあるので、ここに書いた情報を少しでも頭に入れておくと見やすい面はあるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。