Xcnazm1cfkcdmekz2uwu

十二大戦

CATEGORY | 十二大戦

【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】

2021.07.15

『十二大戦』に登場するキャラクター、異能肉。今回は異能肉の父との過去、十二大戦での最後、同じ十二支の戦士である砂粒との関係など、気になるところをご紹介いたします。ネタバレ満載の内容となっていますので、あらかじめご了承ください。

  1. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:十二大戦
  2. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:異能肉について
  3. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:異能肉の父と過去
  4. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:砂粒との関係
  5. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:最後
  6. 【十二大戦】異能肉はかませキャラ?砂粒・父との関係&過去まとめ【ネタバレ注意】:まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/media/DJffWoPUMAIX-LK.jpg
十二大戦とは、12年に1度開催される、大規模な殺し合いのイベントです。十二支の名を持つ12人の戦士たちを集め、彼らにルールに則った殺し合いをさせるのです。生き残ったひとりが、十二大戦の優勝者となります。十二大戦の優勝者は「たったひとつ、何でも願いを叶えることができる」権利を得ることができます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ2Y5C-UMAAOZRF.jpg
『十二大戦』に登場する、十二支の戦士のひとり。『亥』の戦士――『豊かに殺す』異能肉。本名は伊能淑子です。誕生日は4月4日。身長176cm、体重60kg。300年以上の歴史を持つ名家の長女です。使用武器は2丁の機関銃「愛終」と「命恋」。重火器の扱いに通暁しており、基本的にどんな兵器でも扱えますが、特にこの2丁は自分の身体の一部のように扱えます。
『十二大戦』異能肉の戦闘能力は、十二大戦に参加した十二支の戦士たちの中でもトップクラス。異能肉は名家の跡取りとして、敵をいかに由緒正しく、いかに上品に殺すかを考えており、汗をかいて手に入れる勝利は敗北と同じだと思っています。勝ちよりも雅を、が異能肉のスタイルです。
現在異能肉は12人の男性と付き合っており、十二大戦に優勝したら、35億人のイケメンに囲まれたハーレムを作りたいそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLMY0HMU8AAhG_w.jpg
CVを担当したのは、声優の日笠陽子さんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLIkW4MV4AIzn-K.jpg
『十二大戦』異能肉の父は、第11回十二大戦の優勝者です。名家・伊能家の当主である彼は虐待的なまでに厳しい教育方針で、跡取りである異能肉を戦士として徹底的に鍛え上げました。一方の母親は父とは正反対で、異能肉に異常なほどの溺愛を重ね甘やかしました。異能肉はそんな両親の板挟みになりながら、どちらの期待にも応えてきたのです。
異能肉には、動物を殺すことが好きな、5歳年下の妹・清子がいました。本来十二大戦の出場資格者は異能肉ではなく、清子だったのですが、異能肉は12年かけて妹を暗殺。十二大戦の出場資格を強奪し、作中で開催される第12回十二大戦に出場しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLIkZwKU8AAv6x7.jpg
戦い方は父の命令で叩き込まれており、父は異能肉にいざというとき動きやすいよう、両手は常に自由にしておくべき、と教えました。しかし異能肉はその教育方針を独自に推し進め、いざというときを想定するのであれば、むしろ常に武器を持っておくべきだろうとし、両手に機関銃を持つようになったのです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdeI4peV4AERa6M.jpg
十二大戦に出場した十二支の戦士のひとり、砂粒とは腐れ縁という間柄。異能肉は砂粒のことを「不愉快な女」と嫌っていました。戦士として戦いを生業とする異能肉と、戦士でありながら戦いを止めようとする砂粒は、あちこちの戦場で顔を合わせているらしく、十二大戦以前に殺し合いをしたことがある仲だったのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81vpdV2qzjL.jpg
その一方で、心を許してはいないものの、カフェでお茶をしたり、ラインで連絡を取り合ったりする仲でもあったようですね。これは漫画『十二大戦』の最終巻に収録されている、『十二大戦対十二大戦』の予告編で描かれています。そして『十二大戦対十二大戦』本編では、異能肉は砂粒に対して僅かな友情を感じていたことを自覚しました。敵とも友人とも言えない、複雑な関係だったのですね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLYdyUOUMAAHHFR.jpg
十二大戦優勝候補のひとりであった異能肉は、なんと第1話で死亡してしまいます。異能肉は卓越した戦闘能力を披露する間もなく、十二大戦参加者のひとり、憂城の大鉈に刺し貫かれたのでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DMUDnNQVQAAm8Ye.jpg
敗因は憂城の、殺した人間を操る能力「死体作り」を知らなかったこと。目の前の憂城に気を取られていた異能肉は、彼が操った死体に背後から捕らえられ、動きを封じられたため憂城に殺されたのです。前回の十二大戦優勝者が父であったため、今回の十二大戦に出場した娘の異能肉も、優勝候補と目されていたのですが…。悲しいほど呆気なく、異能肉の十二大戦は幕を下ろしました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DCH1i1vUwAAu0wB.jpg
『十二大戦』のキャラクター、異能肉をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?あれだけ優雅に、もったいぶって出てきたのに、異能肉は第1話で呆気なく殺されてしまいます。異能肉を殺した憂城が異常でチートな能力を持っていたため、仕方ないといえば仕方ないのですが、もうちょっと十二大戦中の、異能肉の活躍を見てみたかったですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DZ2Y5C-UMAAOZRF.jpg