B0bjcyqcvlzrrnesydp0

ヒカルの碁

CATEGORY | ヒカルの碁

【ヒカルの碁】10年後はどうなった!?予想をまとめてみた!

2018.10.29

1999年から2003年まで週刊少年ジャンプで連載されていた人気囲碁漫画「ヒカルの碁」。アニメヒカルの碁では、最終回から10年後のキャラクター達の予想図や、その後の展開なども注目されています。ここでは、主要キャラクター達の10年後の予想についてまとめ紹介しています。

  1. 【ヒカルの碁】ヒカルの碁のとは?
  2. 【ヒカルの碁】ヒカルの碁のあらすじを紹介
  3. 【ヒカルの碁】ヒカルの碁の10年後とは?キャラクターを紹介①
  4. 【ヒカルの碁】ヒカルの碁の10年後とは?キャラクターを紹介②
  5. 【ヒカルの碁】ヒカルとアキラの10年後の姿が公開?
  6. 【ヒカルの碁】10年後の姿に繋がるヒカルの碁の最終回とは?①
  7. 【ヒカルの碁】10年後の姿に繋がるヒカルの碁の最終回とは?②
  8. 【ヒカルの碁】アニメから予想される10年後の姿とは①
  9. 【ヒカルの碁】アニメから予想される10年後の姿とは②
  10. 【ヒカルの碁】10年後はどうなる?予想 まとめ
ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

ヒカルの碁はジャンプの人気漫画

ヒカルの碁は1999年から2003年まで週刊少年ジャンプで連載されていた漫画で、囲碁を題材としたことで話題となりました。原作はヒカルの碁でデビューしたほったゆみさん、作画には「デスノート」や「バクマン。」で知られる小畑健さん、監修は日本棋院所属の女流棋士・吉原由香里さんが務められました。漫画は全23巻が発売されており、累計売上2500万部を記録するなど大ヒットした作品なのです。
ヒカルの碁 2 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

アニメ化でも話題に

2001年から2003年にはアニメ化もされ、本編75話とスペシャル、特別編が放送されました。ファンからは原作を忠実に再現していると高く評価されており、アニメから作品を知った人も多いほどです。またアニメの人気をきっかけに囲碁ブームが巻き起こるなど、とても影響力の高い作品として有名です。
ヒカルの碁 3 (ジャンプコミックス)
価格
ヒカルの碁 4 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

ヒカルの碁の物語とは

ヒカルの碁では、主人公である進藤ヒカルが平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)と出会い、「神の一手」を極めるため棋士として成長していく物語が描かれています。運動好きで頭を使うことが苦手な小学6年生のヒカルは、ある時祖父の家で古い基盤を見つけます。その基盤には血痕が残っており、血痕に気づいたヒカルは基盤に宿っていた佐為に取り憑かれてしまいます。
佐為は過去に非業の死を遂げており、かつては棋聖とも評された本因坊秀策にも取り憑いていました。囲碁の歴史もルールさえ知らないヒカルでしたが、その日から佐為と共に囲碁の道を歩み始めるのでした。佐為はヒカルの棋士としての成長に力を貸し、ヒカルにしか見えない存在として物語は進んでいきます。
ヒカルの碁 5 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁 6 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

10年後の姿が話題の進藤ヒカル①

進藤ヒカルはヒカルの碁の主人公であり、日本棋院に所属する囲碁初段の腕前を持つプロ棋士です。ヒカルの碁の物語では、佐為と共に「神の一手」を目指し囲碁に熱中していくヒカルの姿が描かれています。当初は佐為に流されるまま仕方なく囲碁を打っていたヒカルでしたが、生涯のライバルとなるアキラとの出会い、中学での囲碁部の活動などを通じ囲碁の楽しさに目覚めていきます。佐為の力なしでも高い実力を発揮することができ、院生時代からその素質を周囲に認められていました。

10年後の姿が話題の進藤ヒカル②

佐為を師と仰いでおり、その指導の成果もあり早い段階からプロの目に留まっていたヒカルでした。森下九段の研究会で研鑽を積んでからは、苦労の末に通算24勝3敗という結果を残し、院生となってから1年でプロ試験に次席で合格しています。その後、佐為との関係から一度は囲碁の道を離れてしまうヒカルですが、伊角やアキラとの対局、北斗杯での高永夏との熱戦など数々の名勝負を繰り広げています。ヒカルの碁の最終話ではアキラと並ぶ棋士に成長し、若獅子戦において勝利することも予感させました。
ヒカルの碁 7 (ジャンプコミックス)
価格
ヒカルの碁 8 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

10年後の姿が話題の塔矢アキラ①

塔矢アキラはヒカルの碁のもう一人の主人公であり、佐為からも実力を認められているヒカルの永遠のライバルです。幼少から囲碁の英才教育を受けてきたエリートであり、プロ試験も予選では3戦負けなし、本選でも1敗しかしていないという実力者です。アマチュア時代にはあまりの実力の高さから周りの棋士の目を積むと言われ、父親から大会への出場が禁止されていました。それでも小学生の時には全国優勝した小学生に勝ち、中学生の時にアマチュアの大会で3試合全勝と実績を残しています。

10年後の姿が話題の塔矢アキラ②

突出しすぎていたため同年代から嫌がらせを受けたこともありますが、ヒカルとの対戦を楽しみにするなど囲碁への愛情はとても強いです。それ故ヒカルの実力のなさに落胆したこともあり、その存在を意識しながらも顔を合わせない時期もありました。しかしヒカルが囲碁を離れた時には必死に説得し、復帰した際にも励まし後押ししています。終盤にはヒカルの実力を認めライバルと確信、共に棋道を究める友人として仲を深めるなど良い関係性を続けていきました。
ヒカルの碁 9 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁 10 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

ヒカルの碁の10年後の予想とは?

ヒカルの碁「プロ棋士編2」のBlu-rayBOXには、特典ブックレットとして作者である小畑健さんのインタビューのもと、ヒカルとアキラの10年後の姿を描いたイラストが掲載されました。このイラストでは10年後のヒカルとアキラが棋士として成長し、共に研鑽を積んでいることが予想される姿が描かれました。
ヒカルは大きな容姿の変化はなく、佐為から受け継いだ扇子も使い続けているようでした。一方でアキラは髪の毛が女性のような長さになっており、より一層美男子として成長しています。ヒカルもアキラも10年後はかなり大人っぽくなっているようで、スーツ姿もしっかりと似合っています。
ヒカルの碁 11 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁 12 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

漫画の最終回を解説①

「ヒカルの碁」最終回では北斗杯での大将戦、ヒカルと韓国の高永夏(コ ヨンハ)との対局が描かれました。この時ヒカルは佐為と別れた後で、棋士として独り立ちする覚悟を決めていました。そうして臨んだ韓国との団体戦だったのですが、しかし力及ばず、結果は高永夏に半月差で敗れてしまうのでした。チームとしても、アキラが2勝しただけでヒカルと清春は敗れてしまったため最下位という結果になったのです。

漫画の最終回を解説②

ヒカルは自分が負けことに責任を感じ、対局後は悔しさからその場を動けません。そんなヒカルに、対局を終えた高永夏は「なぜ碁を打つのか」と問いかけます。ヒカルは「自分が碁を打つことで過去と未来を繋ぎ止める、そのために自分はいるんだ」と、ヒカルのこれまでの歩みを象徴する意味を持った言葉を口にしています。
ヒカルの碁 13 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

漫画の最終回を解説③

そんなヒカルの返答に、中国囲碁協会の八段でもある楊海(ヤンハイ)は「碁を打つことも日々を生きることも同じであり、遠い過去と遠い未来を繋ぐために誰もがいる」と説きます。ヒカルにとって遠い過去とは佐為の生きていた時代、つまり囲碁の歴史のことを意味していて、遠い未来とは囲碁における「神の一手」、囲碁を極めた先にある最善手であり最後の境地とも言える一手を指していました。

漫画の最終回を解説④

ヒカルが出場した北斗杯は、大盤解説会やネット中継で高い注目と歓心を集め、その後も開催されることが決まります。また、最終回ではヒカルが若手のプロとして若獅子杯に参加し、大会の2回戦でアキラと対局しています。この対局では、ヒカルの碁で永遠のライバルで会った2人がぶつかり、ヒカルが優位に立ちつつも終局を迎えないという対局になりました。
ヒカルの碁 15 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

ヒカルの碁のアニメはどこまで描かれた?

ヒカルの碁は全75話が放送されていますが、その中で漫画での最終章で会った北斗杯編は描かれませんでした。アニメではヒカルがアキラとの対局を迎え、夢の中で再会した佐為から扇子を渡されるシーンがメインとなりました。アキラとの対局でヒカルの中に佐為の魂が宿っていることを断言され、夢の中の佐為から自身の夢を託されるヒカル、アニメ最終話では鉄男達も登場し、新たな道に進むヒカルの姿が印象的です。
ヒカルの碁 16 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁 17 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421

アニメから考える10年後の予想とは

北斗杯編こそ描かれなかったものの、ヒカルの碁のアニメはとても完成度が高く評価も良いです。アニメのラストでは新たに自分たちの道へ歩みだしたヒカルやアキラの姿が描かれ、これからも囲碁を続けていくであろう未来が予想できます。佐為の想いもヒカルにしっかり受け継がれているでしょうし、ヒカルも囲碁に対して希望を持って向き合っていくように思えます。
ヒカルの碁 18 番外編 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 421
ヒカルの碁は連載が終了した今でも根強いファンを持ち、ジャンプ作品の中でもかなり面白いと言える作品です。囲碁を知らなくても楽しめる内容になっていますし、ヒカルの碁から囲碁にハマった人も多いほど影響力のあった作品だと言えます。アニメと漫画でラストの展開は違いますが、どちらも面白いのでぜひ最終話を見てヒカル達の10年後を予想してみてください。