Ultsxjxxxis1pc8quebr

あしたのジョー

CATEGORY | あしたのジョー

【あしたのジョー】ラストシーンでジョーは死んだのか?ラストのセリフから徹底考察!

2018.12.03

あしたのジョーのラストシーンは、非常に印象的なものです。果たして主人公であるジョーこと矢吹丈は、死んだのでしょうか。この記事では、あしたのジョーのラストシーンでジョーが死んだのかどうか、セリフなどから考察していきますよ。

  1. 【あしたのジョー】この記事をご覧になる前に【ラストシーン】
  2. 【あしたのジョー】作品について注目【ラストシーン】
  3. 【あしたのジョー】矢吹丈について【ラストシーン】
  4. 【あしたのジョー】最終回の内容は?【ラストシーン】
  5. 【あしたのジョー】ラストシーンはどんなもの?【ラストシーン】
  6. 【あしたのジョー】ラストシーンのセリフ【ラストシーン】
  7. 【あしたのジョー】ラストシーンでジョーは死んだ?【ラストシーン】
  8. 【あしたのジョー】ラストシーンのセリフ「まっ白な灰」について考察【ラストシーン】
  9. 【あしたのジョー】ラストシーンについて、ちばてつや先生の考え【ラストシーン】
  10. 【あしたのジョー】ラストシーンの考察についてまとめ
今回この記事では、「あしたのジョー」という作品の「最終回」そして「ラストシーン」についての考察を行い、それについてまとめられた内容が掲載されています。 これはもちろんあしたのジョーにとって重要なネタバレであり、最終回・結末についてのネタバレとなります。 そのため、今回のこの「あしたのジョーの記事」をご覧になる前に、「ネタバレが含まれる記事」であるということを把握の上ご覧になってください。ネタバレ注意です。
まずは最初に、「あしたのジョー」という作品について今一度おさらいしておきましょう。 あしたのジョーについて、簡単に作品の紹介をしていきます。 あしたのジョーは漫画原作の作品で、アニメ・実写化も果たされている作品です。高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつやが作画を担当されていた作品ですが、最終回に関してはちばてつやさんが製作したそうで、20パターンくらいの中からあの結末を選んだそうですよ。そんな「あしたのジョー」はボクシング漫画で、連載は1968年~1973年頃でした。あしたのジョーは今でも高い人気を得続けており、日本の漫画界というものを語る際には外せない、「名作中の名作」だと言っても過言ではないでしょう。 さて、今回この記事ではタイトルでも分かる通り、「あしたのジョー」という作品のラストシーンにフォーカスを当てつつ、矢吹丈という男のその後、死んだのかどうかという点に注目し、セリフ等からあしたのジョーのラストシーンの考察を進めていきます。
矢吹丈は、あしたのジョーの主人公キャラクターです。 矢吹丈は長めな頭髪に加え、体格の良さが印象に残るキャラクターです。 不良少年で素行も悪く、ケンカっ早い性格をしています。しかし、明るくお調子者な面もあり、不良だからと言って憎めないキャラクターです。 逮捕、少年院も経験していることから、そのケンカっ早いという性格も明らかでしょう。 今回注目するラストシーン、つまり「あしたのジョー」という作品の最終回で矢吹丈は、ホセ・メンドーサと試合を行います。
では、あしたのジョーのラストシーンについて考察をする前に、まずはあしたのジョーの「最終回」がどんな内容なのかについて確認しておきましょう。 あしたのジョー最終回で、主人公である矢吹丈は「世界チャンピオン」であるホセ・メンドーサとの試合が濃く、とにかく濃く描かれています。 あしたのジョーのホセ・メンドーサは「コークスクリューパンチ」という「相手の脳にダメージを与える」というとんでもないパンチを武器にして戦う「世界最強の男」でした。 もちろんこのあしたのジョー最終回、矢吹丈との試合でも「コークスクリューパンチ」を使用し、ジョーへダメージを蓄積させていきます。 しかし、試合の過程でなんとあしたのジョー主人公である矢吹丈もその「コークスクリューパンチ」を習得し、まさに「死闘」と呼ぶに相応しい戦いを演じるのです。
さて、ここからはあしたのジョーのネタバレ注意です。「あしたのジョー」のラストシーンに注目していきます。 そんなあしたのジョーの最終回ですが、これだけ死闘を繰り広げる様子を見て、あしたのジョーの丹下段平は矢吹丈に対して「棄権」を申し出ます。しかしジョーはそんな「棄権しろ」という言葉に耳を傾けることはなく、むしろ丹下段平に対してこう言ったのです。 「たのむや、おっちゃん。たのむや...。まっ白な灰になるまでやらせてくれ、なんにもいわねえでよ...。」 そう、「まっ白な灰になるまでやらせてくれ」と頼んだのでした。 そのまま試合は続行し、最終的に判定で惜しくもホセ・メンドーサが勝利しました。 しかし、ホセ・メンドーサも矢吹丈の気迫に圧倒されており、なんと髪の毛が全て白髪になってしまっていたのです。 対してジョーはというと、「まっ白な灰」となっていたのでした。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/418DH2HTAXL._AC_US200_.jpg
あしたのジョー2 Blu-ray Disc BOX1
価格 ¥ 26,362
そんな衝撃的なあしたのジョーのラストシーンですが、あしたのジョーで非常に有名な名セリフもこのラストシーンで放たれた言葉なんです。 それは「燃えたよ……まっ白に……燃えつきた……まっ白な灰に……」というものでした。 このあしたのジョー名セリフは、15ラウンドが終了し、ゴングが鳴り、矢吹丈がコーナーに戻る前に放ったセリフです。 「あしたのジョー」という作品そのものを知らない方や、内容までは見たことがないという方でも知っている方は多いかもしれません。それほど、非常に有名なセリフです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/513ZW39DFPL._AC_US200_.jpg
あしたのジョー 矢吹丈 -ラスト・シーン- エクセレントレジン製 塗装済み 完成品フィギュア
価格 ¥ 18,170
こんな「あしたのジョー」屈指の名セリフを吐いたジョーは、この後どうなったのでしょうか。 やはり最初に浮かんでくるのはあしたのジョーのラストシーンでジョーは「死んだ」という推測でしょう。 あしたのジョーのラストシーンのコマを見ても、まさに「燃え尽きた」と言うに相応しいまっ白な矢吹丈の姿が大きく描かれており、あしたのジョーという物語と、矢吹丈という男の物語の終了を否が応でも受け入れさせられます。
劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD] [Blu-ray]
価格 ¥ 8,143
しかし、ジョーは本当に死んだのでしょうか。ここで、セリフから考察を進めていきましょう。 「燃えたよ……まっ白に……燃えつきた……まっ白な灰に……」 このセリフに出てくる「まっ白な灰」は、実は前にもあしたのジョーで登場しているフレーズなのです。以前に矢吹丈は、あしたのジョー劇中でこんな風に発言しています。 「(前略)ほんのしゅんかんにせよまぶしいほどまっかに燃えあがるんだ。そして、あとにはまっ白な灰だけがのこる...。燃えかすなんかのこりやしない...まっ白な灰だけだ。」 抽象的なセリフですので、真に理解するのは難しいかもしれませんし、多くの解釈の仕方があると考えられますが、矢吹丈という男にとって「まっ白な灰」というのは非常に重要な意味を占めているということが分かります。 だからこそ、棄権を勧めてきた段平にも「まっ白な灰になるまでやらせてくれ」と頼んだのでしょう。 だからこそ、ジョーが死んだのか、それとも生きているのかというのは、読者それぞれが答えを出すべきことなのかもしれません。
さて、ここまであしたのジョーのラストシーンで矢吹丈が死んでしまったのかどうかについて、セリフや情景から考察してきましたが、実はちばてつや先生が言及されているんです。こんな風に語られています。 「もしかしたらジョーは燃え尽きて死んだのかなと思いながら描いていました。」 あしたのジョーのラストシーンを描きながら、こんなことを感じられていたんですね。しかしちばてつや先生は、「これは自分独自の解釈」とも仰っており、「死んだ」ということが事実であるとは一言も話していません。 そして「読者の判断にゆだねた」という旨の言葉も放っています。 ちばてつや先生の中では答えはあるそうですが、それを公開することはないそうですよ。 今でも議論が起こる「あしたのジョーラストシーン」ですが、読者それぞれの答え・解釈があるのが正しいという状況なんですね。正解はないのかもしれません。
さて、ここまで「あしたのジョー」のラストシーンに注目して、矢吹丈という主人公が死んだのかどうかの考察をしてきました。 正解は、読者それぞれが決めていいと言っていいでしょう。 あしたのジョーが今なお世代を超えて愛されている作品となっているのは、このラストシーンの考察という楽しみ方があるからという要因も、もしかしたらあるのかもしれませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DSN9hLvUEAICw-y.jpg