Bpmwagrkj1at4yqdmo7t

千本木彩花

CATEGORY | 千本木彩花

【アホガール】阿久津瑠璃の声優やキャラ情報紹介!阿久津明が溺愛するほどかわいい!

2018.06.27

アホガール作品に登場するヒロインの幼馴染である阿久津明の妹である阿久津瑠璃。見た目は中学生くらいですが、実は小学生であり、よしこと同じくらいのアホである阿久津瑠璃です。アホガール一番の可愛さを誇る阿久津瑠璃について今回は掘り下げていきます!

  1. 【アホガール】阿久津瑠璃とは?
  2. 【アホガール】阿久津瑠璃の性格は?
  3. 【アホガール】阿久津瑠璃の強さは?
  4. 【アホガール】よしこと同じくらいのアホ「阿久津瑠璃」
  5. 【アホガール】阿久津瑠璃とよしことの仲は?
  6. 【アホガール】阿久津瑠璃と兄との関係性は?
  7. 【アホガール】可愛いだけが取り柄の阿久津瑠璃
  8. 【アホガール】小学生とは思えない肉体をもつ阿久津瑠璃
  9. 【アホガール】阿久津瑠璃の声優「千本木彩花」
  10. 阿久津瑠璃 まとめ
阿久津瑠璃はよしこの幼馴染である阿久津明の妹であり小学五年生の女の子です。よしこと同じくらいのアホであり、胸がでかいというのが特徴的です。よしこと同じくらいのアホですが、よしことは違って自ら学力をあげようと努力しているところがありますが一向に向上することはなく日々精進しているところが魅力とも言えるでしょうか?
またよしこはアホ以外に関しては中々にプロフェッショナルであり、スポーツも料理も絵も上手くアホさえなければとても良い女性と言えますが、瑠璃はアホな上にそれ以外に関しても壊滅的にダメであることが挙げられます。また小学五年生でありながら自らの名前さえ漢字で書くこともできず、小学校低学年で制覇する九九でさえも苦しんでいる部分が挙げられます。
ただ見た目だけはとても可愛く妹キャラのドジっ子でもうキャラが立ってしまっているのがこの瑠璃というキャラクターであることが言えます。よしこと同等のアホな割によしこに対して「あほがうつる」と嫌っており、目くそ鼻くその争いが勃発しております。また逆によしこも瑠璃のことをアホっこと言っており双方でアホの言い合いをしているのがとても面白い部分と言えるでしょう。
性格面は極めてアホですが、それでもまともな部分が多く、兄と違って友達も普通におり、異性からは可愛いこともあってモテている部分があります。また子供向けアニメであるアイタツの大ファンであり、よしこを嫌っているにも関わらずアイタツのこととなると一緒に映画を観に行くほどのアイタツが大好きであると言えるでしょう。
アホな部分は他にもあり、自らの胸の成長具合を気にして「これ以上胸が大きくなると全て胸に成長を奪われてアホになっちゃう」と勘違いしてしまうほどアホです。どうすれば胸が小さくなるのかと真剣に考えるくらいです。とてつもないアホであると言っても過言ではありません。アホ以外では普通であり友達もおり妹キャラとしては良いキャラクターであると言えると思います。
阿久津瑠璃の強みと言えばやはりアホさという部分が挙げられるでしょう。ヒロインであるよしこをさし置くほどのアホさを持っており、その点に関して最強クラスであると思われます。もちろん学力的な、知能的な面で言うとよしこと同等ですが、それでもそれ以外が壊滅的なだけにやはり強みであると思われます。
腕力的な強さはありませんが、そのほかが強みであると言えます。感性的には普通なところが大きいでしょう。兄の言動に対して通常の反応を示す部分もあるので、その点は普通と言えますが、それ以外が破壊的な威力であると言えます。なので総合的に見てアホであると言うところが最大の強さであると個人的には感じております。あくまでも個人的な意見ではありますが。
ヒロインであるよしことタメを張るほどのアホであると言うことが瑠璃にも言えます。学力的な面ではおそらく小学生では壊滅的と言ってもいいでしょう。またこれが成長するとおそらくよしこ二号ができてしまうほどの学力と地力であると言えます。なぜできないのか?と言う部分に関してはキャラクター性であるとしか言えますせんが、アホであることには変わりません。
まず自分の名前すら漢字でかけないと言うとてつもない学力であり、九九もできなければ現段階の学校の授業についていけていないレベルの学力であると言えます。もう一度小学一年生からやり直したほうが早いのではないか?と言うのが正直なところでしょう。しかしながらこれがやはり阿久津瑠璃の持ち味であると個人的には感じております。
阿久津瑠璃とよしこの仲と言うのは正直言って良いとは言えません。お互いにアホなだけにお互いをアホであると罵るくらいにアホであり、どちらも同レベルであると思われます。しかしながらアイタツのこととなれば話は逆でありよしこもそこまで毛嫌いしているわけでもなく、アイタツの映画に誘うなどめちゃくちゃ仲が悪いわけではありません。
ただアホな部分はむき出しとなっており、アホな展開ではアホ同士のやり取りもあるくらいであり、やはり仲が良いとも言えません。なので悪すぎると言うこともなく、良いと言うこともない、何方かと言えば悪いであろうと言うのが個人的な感想です。おそらくは皆さまもそうであろうと思われているでしょう。しかしこれは個人的な印象ですので一つの参考として見たいただければと思います。
阿久津瑠璃がアホと言うことを気にしているだけに兄である明もそのことに関してはかなり心配をしているようです。また兄の明がアイタツの大ファンであると言うことに関してはドン引きしている瑠璃でした。そのほかにも瑠璃がアホであるだけに明が「養ってやるから心配するな」発言で兄に対しての感情がどんどん下がっているのは事実でしょう。
明の妹瑠璃に対する接し方がおかしいだけに瑠璃の兄に対する感情や好感度も下がりまくっており、兄妹の仲はどんどん悪くなっていると言ってもいいかもしれません。ただ明から瑠璃を嫌うと言うことはまずなくアホであると言うことを心配しているだけであって可愛い部分はかなり溺愛すると言うこともあるのではないかと考えられます。
可愛いこと、また胸がでかいこと、これが唯一の取り柄であると思われる阿久津瑠璃です。アホであると言うことがもはやキャラクターとしてはやばいのですが、それ以外でも瑠璃はダメダメな部分が多いです。料理に関しても、また運動に関しても絵に関してもよしことは全く違って壊滅的であり、可愛いことと胸がでかいことをとってしまうともはや何もなくなってしまうと言えるでしょう。
その点よしこはアホ以外はかなり天才的な部類でありアホさえなんとかなればなんとでもなると言う感じです。それだけに瑠璃は他もダメなのでおそらくかなり落ち込んでいることでしょう。キャラクターとしてはここまでダメなキャラクターというものをかつて見たことがないほどにダメダメであるとも言えます。個人的な意見ではありますのでそん点はご理解ください。
阿久津瑠璃の魅力の大きな一つとして小学生とは思えないほどの魅力的な肉体をしているということです。小学六年生に進級してから胸が大きくなりそのことで本人は本気で悩んでいるようですが、あるフェチにしてみればこれはかなり熱い展開と言えるでしょう。さやかに対してどうすれば胸が小さくなるのか尋ねるシーンに関してはさやかにとって大ダメージだったことでしょう。
可愛さと胸が大きくなっていること、これが一番の魅力とも言えます。小学生だけにあるファンが付くのは間違いないと思われます。さて、この魅力に関してですが、やはりアホでほかに取り柄がないということ、そして普通の感性を持っているのに他がダメというのが瑠璃というキャラクターの魅力をあげている一番の要因であると個人的には推測しております。
千本木彩花(せんぼんぎさやか)さん、1995年11月24日生まれ、埼玉県出身、アイアムエンタープライズ所属の若手声優さんです。高校生で「帰宅部活動記録」で声優デビューを果たし2014年には「甲鉄城のカバネリ」にて初のひろりんを担当したことでブレイクします。そしてどんどんと新作アニメのヒロイン級をつとめアイアムエンタープライズの期待の星と呼ばれております。
いかがでしたでしょうか? 今回は阿久津明の妹である阿久津瑠璃について綴ってきました。よしこと同等のアホであるということが一つの大きなキャラクター性であり、また作中でも可愛いだけにアホというギャップがとても反響を呼んでおります。まだご覧になっていない方は是非瑠璃に着目してご覧になって見てください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/ahogirl_anime/status/928508823232380928