Iomebhv2zuaw5xrbx8kt

ルパン三世

CATEGORY | ルパン三世

【ルパン三世】映画「次元大介の墓標」で活躍!かっこいい次元大介の声優や名言を紹介

2018.07.10

次元大介は『ルパン三世』に登場する、ルパンの相棒ともいえるキャラクターで狙撃の名手。スーツに帽子の似合うダンディな男性です。こちらでは『ルパン三世』の次元大介について、彼のキャラ情報やかっこいい名言、演じている声優さんなど、魅力をたっぷりとまとめました!

  1. 【ルパン三世】次元大介とは
  2. 【ルパン三世】次元大介のモデルは?
  3. 【ルパン三世】次元大介はかっこいい!魅力はどこに?
  4. 【ルパン三世】次元大介愛用の拳銃
  5. 【ルパン三世】次元大介愛用の帽子
  6. 【ルパン三世】次元大介の苦手なものは?
  7. 【ルパン三世】次元大介のかっこいい名言紹介!
  8. 【ルパン三世】「次元大介の墓標」で描かれた次元の姿
  9. 【ルパン三世】「次元大介の墓標」次元とヤエル奥崎との対決に注目
  10. 【ルパン三世】次元大介を演じる声優は?
  11. 【ルパン三世】次元大介のかっこいい名言や演じる声優まとめ
次元大介は『ルパン三世』の登場人物で、ルパン一味の1人。ルパンと大体行動を共にし、ルパンの相棒ともいえる人です。大体スーツを着用、帽子を好んでかぶっており、タバコをくわえているシーンが多く描写されています。拳銃の扱いにとても長けており、早撃ちの名手。その速さは「0.3秒」とも言われています。
性格は、基本はクールを装っていますが、男の夢を追う的なロマンチストな一面も持っていたりします。そのあたり、ルパンと似ているので合うのかもしれませんね。ルパンとは最初から知り合いだった、あるいは敵同士、など設定もさまざまですが、ただ、昔はボディガードや傭兵、殺し屋だった、という設定にブレはないようです。
『ルパン三世』の次元大介のモデルになった人物は、『荒野の七人』に出演していたジェームズ・コバーン演じるブリットであると言われています。当時、次元を担当していた声優・小林清志さんが吹き替えを担当しており、そういった縁もあるのかもしれませんね。
Ost: the Magnificent Seven CD, Import
価格 ¥ 1,205
ちなみに『荒野の七人』のブリットはナイフ投げの達人で寡黙で孤高な男。セリフは少なくても非常に含蓄のある言葉や行動をとっていました。次元大介のモデルと言われて、納得がいくような気がします。
『ルパン三世』の次元大介はクールな孤高のガンマン、そういうイメージが「かっこいい!」と思わせる部分が大きいと思います。『ルパン三世』のルパン一味の中で誰がかっこいいか好きかと特に女性に聞いた場合、五ェ門派と次元派に分かれるのではないでしょうか。そんな次元大介のかっこいい!と思える魅力はどこにあるのでしょうか。
寡黙でクール、自分の仕事を淡々ときっちりこなす、そういう部分が、女性から見るとかっこいい、素敵、という風にうつるのでは、ということはありますよね。また、見た目もダンディですし、女性を裏切らなさそう、そういったイメージもありそうです。銃の名手、というのもかっこいいですよね。
時にルパンを見放すような言動をとりながらも、最後にはしっかりルパンを支えている、そういうところもかっこいいです。彼の魅力はそういったところにあるのでしょうね。
『ルパン三世』次元大介の武器は拳銃です。彼が愛用している拳銃は「S&W M19 コンバット・マグナム」で、作品によってはたまに違う銃を使用している時もありますが、このタイプの拳銃を一番多く所持しています。
次元大介本人によれば「オートマチックよりリボルバーが好き」なんだそうで、このあたりは拳銃の専門的な話になりますが、リボルバーを愛用するのは、殺し屋だった時のなごりとも言われていますね(殺し屋は1発で標的をしとめるのがいいとされているらしいです)。
実際、アメリカ大統領シークレットサービスもリボルバーを愛用しているということもあるらしいので信憑性は高そうですね。
『ルパン三世』の次元大介といえば、トレードマークに帽子、というのがあると思います。この帽子はボルサリーノ製の中折れ帽で、大体目深にかぶった描写をされており、目元が描かれていませんが、コミカルなシーン(帽子がふっ飛ばされるなど)ではたまに目が描かれます。
TV第2シリーズ「次元と帽子と拳銃と」では、帽子の鍔で視線を調整し銃の照準を合わせている(つまり帽子がないと照準が合わない)という設定がでてきますが、これはこのときのみの設定で、その後は帽子がなくてもちゃんと命中させています。作品によって帽子の帯の色が変わっていることもあるので、おそらくいくつか持っているのでしょうね。
そんな次元大介の苦手なものはなんでしょうか。次元大介の苦手なものとして歯医者と女性、が挙げられています。女性が苦手とはいっても、女性とのロマンスが全くないわけではなく、次元が密かに好きだった女性がいたり、反対にモテる描写もあり、その時には満更でもない対応をしています。
次元が苦手な女性は端的に言えば「峰不二子」のような女性のようです。ことあるごとに峰不二子は信用できないと言っていて、そのあたりは、何度裏切られても平気なルパンとは対照的かもしれません。

「チップをはずむから、勇気を分けてくれねぇか」

こういったかっこいいハードボイルドな感じのセリフは次元大介だからこそ!という感じでしょうか。こちらのセリフは、次元大介の名言といえば、で必ず挙がるセリフ・名言です。

「女と一緒さ、相性ってやつがあるんだ。俺はこいつと離れられないし、こいつも俺と離れられない。ただ女と違う所は、俺を裏切らないって事だ」

このセリフもかっこいいですね!これは愛用の拳銃について語っているセリフなのですが、次元にとって拳銃とはもはや「モノ」でも「武器」でもなく、自分に寄り添ってくれる大事な相棒なのですね。まさに名言!と言っていいでしょう。女と違って裏切らない、の部分にも次元らしさが表れているなあと思ってしまいますね。

「俺達の世界では同じ腕のヤツは二人いらないんだ。勝つか負けるか、どっちかしかねぇ」

こちらも、次元大介ならではの名言ですね!早撃ちの名手は1人でいい、ということでしょうか。そして自信があるからこそ言えるセリフでしょうね。かっこいい名言です!
LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 通常版 [DVD]
価格
『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』(以下、「次元大介の墓標」)は、2014年6月の1週間のみ劇場で公開された、次元大介を主役とした映画です。「次元大介の墓標」は時代設定は「1960年代後半から1970年代前半」となっており、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』の前半とされています。ストーリーは、次元大介がルパンと組む前のことを描いており、作風も原作を意識したハードボイルドな仕上がりとなっています。
ルパン三世-次元大介の墓標 / LUPIN THE 3RD: JIGEN'S GRAVEST[Blu-ray][Import]
価格 ¥ 4,600
「次元大介の墓標」のみどころは、コンビを組んだばかりの次元とルパンの関わりにも注目なのですが、なんといっても次元のライバルともいうべき殺し屋、ヤエル奥崎との対決でしょう。彼の狙撃の能力はかなり高く、次元を一度は敗北に追いつめるほどの実力の持ち主です。さらにこのヤエル奥崎は次元にとっては因縁のある相手で…!?どうなるのかは是非「次元大介の墓標」をご覧になって確かめてみてください!
『ルパン三世』で次元大介を演じているのは、声優の小林清志さんです。『ルパン三世』は作品が長く続いているため、他のメインキャラクターは声優さんの交代が結構あるのですが、小林さんだけはずっと次元大介を演じ続けていらっしゃいます(唯一劇場版『ルパン三世 風魔一族の陰謀』だけは銀河万丈さんが声優を担当しました)。
小林さんは御年85歳!2018年4月から放送されている『ルパン3世 PART5』でも次元大介を演じてらっしゃいます。
ここまで、『ルパン三世』の次元大介について、彼の魅力やかっこいい名言、演じている声優さんなどについてまとめました。孤高のガンマン・次元大介の活躍を、もっともっと見ていたいですね!少しでも魅力が伝われば幸いです。