Lwbgp5ztx2aydqq2wpvl

南條愛乃

CATEGORY | 南條愛乃

【ベルセルク】ソーニャが嫌いな読者もいる!?性格・声優情報を徹底解説!

2018.07.11

ベルセルクのソーニャとは、新生鷹の団幹部の1人になります。 クシャーンの虜囚になっていた所をグリフィスに救われた少女です。 ソーニャは、テレパシー、預言等の能力を持ち、「鷹の巫女」 としてグリフィスを補佐します。今回はベルセルク・ソーニャの紹介です。

  1. 「ベルセルク」ベルセルクのソーニャとは?
  2. 「ベルセルク」ベルセルク・ソーニャの声優は南條愛乃
  3. 「ベルセルク」ベルセルク・ソーニャは新生鷹の団の巫女
  4. 「ベルセルク」ベルセルク・ソーニャとグリフィスの出会い
  5. 「ベルセルク」ベルセルク・ソーニャは嫌われてる!?
  6. ベルセルクゲーム・ベルセルク無双
  7. 「ベルセルク」ベルセルク・ソーニャまとめ
ベルセルクのソーニャとは、新生鷹の団幹部の1人になります。 クシャーンの虜囚になっていた所をグリフィス率いる鷹の団に救われた少女です。 ベルセルクのソーニャは、 預言などの能力を持ち、「鷹の巫女」としてグリフィスを補佐する役割を持ちます。こんなベルセルクのソーニャのような補佐がいたら無敵です☆
ベルセルクのソーニャは、可憐な容貌と華奢な身体ながら、狂暴な戦魔兵とも対等以上に付き合います。 戦場での人の死も当たり前の事として平然と扱う気丈さもあります。 しかし、特異な異能力を持つがための孤独感から寂しがり屋の面もあり、 港でたたずんでいたシールケを鷹の団に誘った事もあるのがベルセルクのソーニャになります。
ベルセルクのソーニャは最高です☆
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61HILU5OPkL._SY346_.jpg
Vpegqsqwia3kyytermhj
引用: https://twitter.com/berserk_anime/status/864637792629936128
南條 愛乃(なんじょうよしの)  プロフィール  愛称・ナンジョルノ、ジョルノ、なんちゃん  性別・女性  出生地・静岡県  生年月日・1984年7月12日  血液型・O型  
fripSideの2代目ボーカルであり、 μ'sのメンバーでもあります。公式ファンクラブは、「ごきんじょるの 友の会」  声優・歌手としては、 『カードキャプターさくら』をよく見ており、声優を目指したきっかけとなったと語っています。  ベルセルクのソーニャにぴったりな声優さんです!ダークな世界観のベルセルクの癒し声です☆
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71g1kTBZIYL._SX425_.jpg
ベルセルクのソーニャは光の鷹グリフィス率いる『新生鷹の団』の中である意味異彩を放つ存在の『鷹の巫女』です。 ベルセルクのソーニャは鋭過ぎる霊感以外の技能は無い少女ですが、その霊感は凄く、今後その能力が大いに明らかになると予想されています。 ベルセルクのソーニャの故郷は、ミュールが属する地方貴族ウォーフレイム家が治めるミッドランドの辺境シェトの住民のようです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vbZw5dL0L._SY346_.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51QRyJ8GeqL.jpg
クシャーン帝国の侵攻により陥落したシェトにおいて、ベルセルクのソーニャは両親を失います。 ここでクシャーンの虜囚となるところでしたが、突如現れた光の鷹グリフィス率いる『新生鷹の団』の強襲に救われます。 ここで、ベルセルクのソーニャの能力は発動するのです。そのグリフィスに神性を見た ベルセルクのソーニャは、グリフィスこそ「自分の生きる指標」であると感じ、行動を共にする事にします。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51q-dRtcJ%2BL.jpg
ネットの検索をかけると、何故か「ベルセルクのソーニャ嫌い」などとでています・・・。 ベルセルクファンに、ややベルセルクのソーニャは嫌われてしまっているようです。 そこに注目して迫って行きます。 ベルセルクのソーニャの現在位置として、グリフィスに近い存在であり、化け物の使徒とも対等に 話せる胆力もあり、テレパシーなどの力もあります。 おそらく、ベルセルクのソーニャがベルセルクファンに嫌われる理由としては、
ある種の嫉妬や図々しさと予想されています。 今まで、グリフィスに対してベルセルクのソーニャのように接したキャラは一人もいないです。グリフィスとは常に神のような存在です。 なので、人々からはベルセルクのソーニャがグリフィスなどに対しての「図々しさ」を 感じてしまうのです。 普通の感覚であれば、グリフィスに対して自分の言動を制限します。
ベルセルクのソーニャのように、人と違う事をする人というのはどこの 世界でもおかしな人扱いをされて、弾かれます。おそらくベルセルクのソーニャとはベルセルクにおいて、そういう存在なのです。 かつての鷹の団にはいなかった存在。グリフィスに憧れつつも、それだけではなく 友達のように軽口を叩ける存在は特別な存在です。 ある意味、ベルセルクのソーニャとはベルセルク読者の理想的な存在なのかもしれないと私は思います。
「ベルセルク無双」は、群がる大勢の敵を一掃する爽快感が魅力の「無双」 シリーズの流れを汲むタクティカルアクションゲームになります。本作では、従来の無双シリーズのような敵を吹っ飛ばすアクションに加え、 主人公・ガッツの持つ大剣「ドラゴンころし」を振り回し、「両断する」「斬り潰す」 といったパワフルな戦い方も再現されているのが特徴です。
やはりベルセルクの世界は力!が強調される為、ガッツのようにドラゴンころしを操って敵を倒す!というのは爽快感があるのでオススメします。ベルセルクの世界観で無双ができたらかなりスッキリします。敵が大群の中をガッツが無双する!というのもベルセルクの醍醐味です。やはりベルセルクファンにとって、ベルセルクは無双シリーズが最高だと思います☆
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2B5VziZbYL._SX342_.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZrKsKfhbL.jpg
ベルセルクのソーニャとは、新生鷹の団幹部の1人です。かつて、 クシャーンの虜囚になっていた所をグリフィスに救われた少女で、グリフィスを信奉しています。 その ベルセルクのソーニャには、 千里眼や預言等の能力を持ち、「鷹の巫女」としてグリフィスを補佐する存在です。今やベルセルクの中核を担う存在です。
そして、グリフィスに図々しくも話しかけられる存在でもあり、 かつての鷹の団にはいない存在です。ベルセルク読者からはその点がやや嫌われていますが、 今後のベルセルクにてソーニャの活躍が見られれば、ベルセルクのソーニャに対する感情は変わると思います! なので、今後のベルセルク・・・そして、新生鷹の団ソーニャの活躍を、ベルセルクの連載を楽しみして待ちましょう!
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WUYaMfYeL._SY346_.jpg