Udcslxozxmk7cmgwzurx

ハイキュー

CATEGORY | ハイキュー

【ハイキュー】強さ・名言・人気キャラのランキング情報まとめ

2018.08.29

大人気作品ハイキューには魅力的なキャラがたくさん登場します。また個々でパラメータが発表されており、強さも数値化されています。そこでハイキューのキャラたちを強さランキングや人気ランキングごとに名言とあわせて紹介していきます!

  1. 【ハイキュー】ポジション別人気キャラランキング<WS>
  2. 【ハイキュー】ポジション別人気キャラランキング<MB>
  3. 【ハイキュー】ポジション別人気キャラランキング<S>
  4. 【ハイキュー】ポジション別人気キャラランキング<Li>
  5. 【ハイキュー】強さランキング1<個人総合力>
  6. 【ハイキュー】強さランキング2<団体総合力>
  7. 【ハイキュー】団体能力別ランキング1<パワー>
  8. 【ハイキュー】団体能力別ランキング2<バネ>
  9. 【ハイキュー】団体能力別ランキング3<スタミナ>
  10. 【ハイキュー】団体能力別ランキング4<頭脳>
  11. 【ハイキュー】団体能力別ランキング5<テクニック>
  12. 【ハイキュー】団体能力別ランキング6<スピード>
※【ハイキュー】ポジション別人気キャラランキングはジャンプ32号(2016年7月11日は発売)で発表されたハイキュー人気投票データを元にしています。

第1位 岩泉一

ハイキューWSの人気キャラランキング1位は岩泉一です。青葉城西高校3年で男子バレー部の副主将で、一本筋の通った男前な性格や及川とのやり取りで人気を博しています。
有名な名言は「6人で強い方が強いんだろうが」です。強い選手の存在で焦り1人で勝とうと躍起になっている及川の胸倉を掴んでこう叫ぶ岩泉はまさに男前です。

第2位 木兎光太郎

2位は梟谷学園主将の木兎光太郎です。テンションの上がり下がりは激しいものの、敵味方関係なく気さくに声を掛け、プレーでも士気を上げることができる熱い男の子です。
有名な名言は「その瞬間があるか、ないかだ」です。本気を出さずにいる月島がバレーにハマるきっかけを作ったこの一言は、多くのファンの胸も熱くしました。

第3位 澤村大地

3位は烏野主将の澤村大地です。攻守ともに卒なくこなす実力だけでなく、温厚で実直な性格そして何より懐のデカさで精神面でも烏野チームの土台となっている根っこの太く強い男です。
有名な名言は「まあ 存分にやんなさいよ」です。そこで負けたら自分たち3年は引退することになるにも関わらず新技を試そうとする日向・影山の背中を押せるのはそれだけ懐がデカいからなのです。

第4位 牛島若利

4位は白鳥沢主将の牛島若利です。全国トップ3のエーススパイカーとして絶対的な自信と圧倒的な強さを持つ一方、真面目で天然というギャップが人気が高い理由の1つなのでしょう。
有名な名言は「見られることで俺達が弱くなることはない」です。偵察にきた日向と影山を絶対的な自信から受け入れる姿はまさに王者です。

第5位 田中龍之介

5位は烏野の次期エース、2年の田中龍之介です。強面ですが義理人情に厚く上下関係を重んじ鉄のメンタルを持つ田中は“漢の中の漢”です。
有名な名言は「コートの”こっちっ側”にいる全員!もれなく”味方”なんだよ!!」です。失敗した日向を責めることなく仲間だと受け入れ背中を押した一言です。

第1位 日向翔陽

ハイキューMBの人気キャラランキング1位はハイキュー主人公で烏野1年の日向翔陽です。主人公という立ち位置のみならず多くの壁にぶつかりながら這い上がり成長する姿に多くのファンが心を揺さぶられているのでしょう。
有名な名言は「負けたくないことに理由っている?」です。必死になる理由を谷地に尋ねられた時のセリフです。まさに負けず嫌いな主人公という感じのセリフですよね。

第2位 黒尾鉄朗

2位は音駒主将の黒尾鉄朗です。都内屈指の実力を持ち、無表情で食えない奴ですが実は面倒見が良くて気さくでチームメイトからの信頼も厚い男なのです。
有名な名言は「俺達は血液だ 滞り無く流れろ 酸素を回せ ”脳” が正常に働くために。」です。音駒のプレイスタイルを物語るこのセリフは信頼の厚い主将の黒尾だからこそ締まるのです。

第3位 月島蛍

3位は烏野1年の月島蛍です。最初は冷めていて皮肉屋な人物でしたが、バレーにハマり得意の分析と駆け引きで烏野を勝利に導いてから、爆発的に人気が高くなりました。
有名な名言は「ほんの僅かいらだちと焦りを含んだ綻びを まってたよ」です。相手の攻撃に何度も食らいつき、少しずつ追い詰めついにブロックが成功し覚醒したときのセリフです。

第4位 天童覚

4位は白鳥沢3年の天童覚です。ゲスブロックを得意とするトリックプレイヤーで、人懐っこく明るいムードメーカーとしても白鳥沢を支える選手です。
有名な名言は「ブロックはさ止める技術じゃないよ叩き落とす技術だよ」です。お茶目な言動が多い中、このセリフからは実力者の風格が伝わってきます。

第5位 山口忠

5位は烏野1年の山口忠です。1年で唯一スタメンではないもののひたむきに努力を続け、自らOBに頼み込んで自身の武器となるサーブを身に着け、徐々に活躍し始めた選手です。
有名な名言は「そんなモンッ プライド以外に何が要るんだ!!!」です。冷めている月島の胸倉を掴んだこのセリフは、スタメンに選ばれなくてもプライドを持って練習に励み続ける山口だからこそ重みを感じますよね。

第1位 影山飛雄

ハイキューSの人気キャラランキング1位はもう1人の主人公で烏野1年の影山飛雄です。独善的なコート上の王様から、日向とコンビを組みチームを意識するようになり始めた天才選手です。
有名な名言は「ボールは俺が 持って行く!」です。センスは皆無でありながら驚異的な身体能力を持つ日向とのペアが始まった瞬間のセリフです。自信に満ち溢れていますよね。

第2位 及川徹

2位は青葉城西主将の及川徹です。イケメンで性格は曲がっているもののチームを信頼し引っ張るカリスマ性を持ち、トップレベルの総合力を誇る努力型の選手です。
有名な名言は「信じてるよ、お前ら」です。おふざけの多い及川ですがこの一言を発する時は目つきが変わりトッププレイヤーとして、主将としての威厳を感じさせます。

第3位 赤葦京治

3位は梟谷2年副主将の赤葦京治です。2年でありながら副主将を務め、主将エースの木兎を技術面でも精神面でも上手くコントロールすることができる実力の高いクール系の選手です。
有名な名言は「木兎さんから意識が剃れる頃」です。しょぼくれモードの木兎抜きで回しながらもベストなタイミングで木兎にトスを上げられる赤葦の実力を物語っているセリフです。

第4位 孤爪研磨

4位は音駒2年の孤爪研磨です。やる気0ですがクレバーなプレイヤーで音駒の中核を担う選手です。内向的だったものの日向の影響で負けず嫌いなところが出てくるようになりました。
有名な名言は「強いのはおれじゃなくて皆だから」です。孤爪はマイペースではあるものの、仲間を大切にし実力も含め信頼しチームに貢献しているのです。

第5位 菅原孝支

5位は烏野副主将の菅原孝支です。穏やかでやんちゃな部員のストッパー役を担い、仲間たちの性格や特徴を掴んだトス回しや冷静な判断力を持った選手です。
有名な名言は「“俺の仲間”は ちゃんと強いよ」です。菅原が自分よりもチームのことを1番に考え誰よりもチームに目を配ってきたことが伝わってくるセリフです。

第1位 西谷夕

ハイキューLiの人気キャラランキング1位は烏野2年の西谷夕です。レシーブ力に優れ、チームを後ろから鼓舞することもできる熱くて天才の選手です。
有名な名言は「背中は俺が護ってやるぜ」です。緊張していた仲間たちの士気を一気に高めた鶴の一声的セリフです。

第2位 夜久衛輔

2位は音駒3年の夜久衛輔です。都内屈指の実力者で後輩の面倒見をよく見るいい先輩ですが、身長のことを話題に出すと容赦なく蹴りが入ります。
有名な名言は「お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!」です。試合でミスを連発し落ち込む後輩・リエーフを励ました夜久の男前なセリフです。

第3位 作並浩輔

3位は伊達工業1年の作並浩輔です。僕っ子で真ん中分けした前髪とアホ毛が可愛い人物ですが、1年生ながら鉄壁の礎を支える実力のあるこれからの活躍が楽しみな選手です。

第4位 芝山優生

4位は音駒1年の芝山優生です。実力はまだ足りないものの技術は低くはない選手です。

第5位 山形隼人

5位は白鳥沢3年の山形隼人です。身長はチーム内で一番低いものの豊富な運動量と秀でたレシーブ力の持ち主です。また選手への声かけも多くタフな精神力も持っています。
有名な名言は「今のサーブは相手を賞賛だ!」です。点を取られたとしても良いプレーを褒められる山形の器の大きさのタフな精神力が伝わってくるセリフです。
※【ハイキュー】強さランキングは公式で発表されているキャラのパラメータ数値の合計でランキングしています。

第1位 影山飛雄

ハイキュー個人総合力ランキング1位は影山飛雄でトータル27です。スタミナ・頭脳・テクニックが5、それ以外は4とかなりの高スペックです。

第2位 及川徹・木兎光太郎

2位は上記2名同着でトータル27です。及川はパワーとテクニックが5でバネとスピードが3、木兎はパワーとスタミナが5で頭脳とテクニックが3で長所と短所がはっきり出ています。

第4位 牛島若利・岩泉一・西谷夕・赤葦京治

4位は上記4名同着でトータル23です。牛島は5が2つの3が3つ、岩泉は5が1つの3が2つ、西谷は5が2つの2と3が1つ、赤葦は4が5つの3が1つです。
※団体とは烏野・白鳥沢、青葉城西、伊達工業(新・旧)・梟谷・音駒の7チームとなります。

第1位 梟谷

トータル147

第2位 烏野

トータル145

第3位 白鳥沢

トータル144

第4位 青葉城西

トータル142

第5位 伊達工業(旧)

トータル137
※【ハイキュー】団体能力別ランキングは公式で発表されているキャラのパラメータの各項目の数値を学校ごとで足した数値でランキングしています。

第1位 青葉城西

トータル26で7人中4人が4以上。

第2位 伊達工業(旧)

トータル25で7人中5人が4以上のものの2人が2以下。

第3位 伊達工業(新)・梟谷

2チームともトータル24で伊達工業(新)は旧と同じで、梟谷は5が1人で3以下が4。

第5位 烏野・白鳥沢

2チームともトータル23で5が2人のものの烏野は2以下が3人、白鳥沢は2以下が2人。

第1位 烏野・梟谷

2チームともトータル25で烏野は5が1人で3が4、梟谷は4が5人。

第3位 白鳥沢・伊達工業(新・旧)

3チームともトータル23で3以下が4人。

第5位 青葉城西

トータル22で3以下が5人。

第1位 烏野・梟谷

2チームともトータル28で烏野は5と3が3人ずつ、梟谷は5が2人で3が2人。

第3位 白鳥沢

トータル27で5と3以下が2人ずつ。

第4位 青葉城西

トータル25で4が4人で3が3人。

第5位 音駒

トータル23で4が3人で3以下が4人。

第1位 青葉城西・白鳥沢

2チームともトータル25で青葉城西は5と2が1人ずつ、白鳥沢は4が4人で3が3人。

第3位 音駒

トータル24で5が1人で2以下が2人。

第4位 烏野・梟谷

2チームともトータル23で烏野は5と1が2人ずつ、梟谷は3以上が6人。

第1位 白鳥沢・音駒

2チームともトータル25で白鳥沢は4が4人で3が3人、音駒は5と1が1人ずつ。

第3位 青葉城西・伊達工業(旧)・梟谷

3チームともトータル23で青葉城西は5が1人で3が6人、伊達工業(旧)と梟谷は4が3人で2が1人。

第1位 烏野

トータル25で5が2人の2が1人。

第2位 伊達工業(旧)・梟谷

2チームともトータル24で4が4人で2が1人。

第4位 音駒

トータル23で4が3人で2が1人。

第5位 伊達工業(新)

トータル22で4が4人で2が3人。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CO28W7vU8AE5tG_.jpg