Nrsgr0mz7rbg4gm2df6h

ゴブリンスレイヤー

CATEGORY | ゴブリンスレイヤー

【ゴブリンスレイヤー】のゴブリンの強さ・性質は?情報まとめ

2018.09.27

ゴブリンスレイヤーは「ゴブリンを狩る人」である「ゴブリンスレイヤー」にフォーカスを当てた物語です。そのため、様々な強さのもの、様々な種類のゴブリンが登場します。この記事に、各ゴブリンの性質や強さなどについてまとめました。

  1. 【ゴブリンスレイヤー】ゴブリンスレイヤーに登場するゴブリンの性質【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  2. 【ゴブリンスレイヤー】ゴブリンの種類【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  3. 【ゴブリンスレイヤー】"渡り"と呼ばれるゴブリンたち【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  4. 【ゴブリンスレイヤー】ホブゴブリン【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  5. 【ゴブリンスレイヤー】小鬼英雄【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  6. 【ゴブリンスレイヤー】小鬼王【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
  7. 【ゴブリンスレイヤー】ゴブリンについてまとめ【ゴブリンスレイヤー ゴブリン紹介】
ゴブリンスレイヤーには、その作品タイトルの通り「ゴブリン」が登場します。他の作品にも度々ゴブリンというモンスターは登場しますが、大抵雑魚キャラ、初心者向けのモンスターとして扱われていますよね。
このゴブリンスレイヤーという作品でもそれは違わず、駆け出しの冒険者たちはまずゴブリン関連の依頼を受注する傾向にあるようです。また、熟練の冒険者たちからは煙たがられる依頼でもあります。
ただ、ゴブリンスレイヤーで描かれる世界において「ゴブリン」という存在は、冒険者ではない一般人たちにとって非常に身近な脅威となっており、村が一夜のうちにゴブリンたちによって壊滅させられてしまう、なんてことも起きているようです。
事実、ゴブリンスレイヤーの主人公「ゴブリンスレイヤー」がかつて暮らしていた村も、ゴブリンたちの手によって制圧・壊滅させられてしまった過去を持ちます。
ゴブリンスレイヤーで冒険者たちに依頼を仲介して紹介するギルドにとっては「初心者には失敗しやすく、熟練者たちは煙たがる」のがゴブリン関連の依頼だそうで、だからといって被害が起きている以上放っておくわけにもいかないという、非常に厄介な状況に苛まれているようです。
そんな中でゴブリンスレイヤーの主人公「ゴブリンスレイヤー」は、ゴブリンが関係する依頼であれば迷うことなく引き受けてくれるので、本当に助かっているようですよ。
そんな主人公については、以下の記事をご覧ください。主人公「ゴブリンスレイヤー」について詳しく知ることができます。
余談ですが、ゴブリンスレイヤーの世界においてゴブリンは「最弱とされる怪物」と言われています。
さて、一口に「ゴブリン」と言っても、ゴブリンスレイヤーには様々な種類のゴブリンが登場します。ひときわ大きいものであったり、他のゴブリンに比べて明らかに強いゴブリン、それらに加えゴブリンに対して人一倍手練れであるゴブリンスレイヤーたちをわずらわせるほどの強さを持ったゴブリンなど、多種多様です。
もちろん、ゴブリンスレイヤーの世界で長く生きているゴブリンはその分知識を多く有しており、結果的に強くなったゴブリンもいますが、最初から強力な力をもったゴブリンもゴブリンスレイヤーではどうやら登場しているようです。
そんなゴブリンたちは「最弱」扱いされていますが、中でも力を付けた特殊なゴブリンも生息しているようです。
ゴブリンスレイヤーの世界で「渡り」と呼ばれるゴブリンとは一体何者なのでしょうか。
渡りのゴブリンというのは、言い換えれば「冒険者のようなゴブリン」であり、色々な巣を「渡り歩き」、用心棒のような役割を担うゴブリンのことを指しています。
ゴブリンスレイヤーのような、ゴブリンに対する並外れた知識を有している冒険者でも苦戦することがある場合もあるため、「所詮はゴブリンの依頼」と舐めてかかると痛い目を見ることになります。
ゴブリンスレイヤーに登場する渡りのゴブリンの代表として、「田舎者(ホブ)」、「小鬼英雄(チャンピオン)」、「小鬼王(ロード)」といったものがあります。
それぞれを、簡単にですがご紹介いたします。
まずは、ゴブリンスレイヤーに登場する「ホブゴブリン」についてです。
ホブゴブリンは他の通常ゴブリンに比べ、ひときわ身体が大きく、大きな威圧感を放っているゴブリンです。
強さという意味ではそこまでではないかもしれませんが、普通のゴブリンと比べれば圧倒的に強いゴブリンで、「渡り」のゴブリンの代表格と言えるでしょう。
ゴブリンスレイヤーのゴブリンの種類紹介、次は「小鬼英雄(チャンピオン)」です。名前が漢字では「小鬼英雄」、カタカナでは「チャンピオン」ということで、非常に強そうな印象を受けますよね。
実際このゴブリンは非常に強力で、これまでに非常に豊富な戦闘に関する経験を積んでいるまさに「猛者」と言えるゴブリンで、単純な戦闘力は相当な高さを有しているゴブリンです。
最後に、ゴブリンスレイヤーに登場する「小鬼王」についてご紹介します。
小鬼王は名前の「王」という文字通り、統率力において他を圧倒するゴブリンです。
非常に高いゴブリンたちを統率する能力を持った、まさにゴブリンたちの「リーダー」、「王」といった立場のゴブリンであり、このゴブリンを処理しない限り厄介なことになります。
ここまで、ゴブリンスレイヤーに登場し、ある意味主人公の「ゴブリンスレイヤー」に次いで「第二のメインキャラ(モンスター)」と言えるゴブリンについて、色々な観点からご紹介してきました。
物語中、ゴブリンスレイヤーからひたすらに狩られる存在のゴブリンたちですが、彼らも生活を営んでいることは逃れられない現実であり、事実なのです。
狩られる存在ではありながらも、この「ゴブリンスレイヤー」という作品においては丁寧に設定が練られており、ただの最弱モンスターではなく、その中でも様々な種類・組織が作られているのです。
執筆時点ではアニメ放送も目前に控えている「ゴブリンスレイヤー」ですが、主人公や女神官たちだけでなく、敵側の「ゴブリン」からも目が離せません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DbCiY5xUQAAj0BF.jpg