A3hexue1cbifxonteu7c

ハイキュー!!

CATEGORY | ハイキュー!!

【ハイキュー!】考察まとめ!優勝するのはどの高校?!有力校を検証!

2019.10.02

大人気バレー漫画「ハイキュー!」。1点を取るために数十ページ使うほど、丁寧な試合展開と描写が魅力的な本作。スポーツ漫画でありながら、意味深なセリフが多く、つい考察してしまうことも多い作品ですね。そんな「ハイキュー!」について、セリフや物語を考察していきます。

  1. 『ハイキュー!!』とは
  2. 【ハイキュー!】「世界は平等じゃなくて平等だ」【考察】
  3. 【ハイキュー!】日向に対する「やっとかよ」の意味【考察】
  4. 【ハイキュー!】「今回も俺の勝ちだ」というセリフ【考察】
  5. 【ハイキュー!】日向と影山の関係【考察】
  6. 【ハイキュー!】烏野は準決勝に進めるのか【考察】
  7. 【ハイキュー!】決勝戦の対戦カードは?【考察】
  8. 【ハイキュー!】春高の優勝はどこになるのか【考察】
  9. 【ハイキュー!】作品はどこまでを描くのか【考察】
  10. 『ハイキュー!!』の考察についてまとめ
ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475

『ハイキュー!!』とは、古舘春一さん原作のスポーツ漫画です。小柄ながら抜群の運動神経を持つ主人公・日向翔陽が、かつてテレビで見た「小さな巨人」に憧れてバレーを始め、その人物が通っていた烏野高校へと入学し、相棒・仲間・バレーの技術を獲得し成長していく本作。日向とは対照的な天才セッター・影山飛雄や、他のチームメイトの絆が眩しい青春物語ですね。

ハイキュー!は連載当初から人気があり、2020年にはアニメ第4期の放送も決まっています。アニメ化安泰のジャンプコミックとはいえ、ストックが出来るたびアニメ化しているところを見ると、そのファンの多さがうかがえますね。ハイキュー!は、現在のジャンプで安定した人気のある作品の代表格とも言えるのではないでしょうか。

主人公・日向がかつて憧れていた「小さな巨人」こと宇内天満のセリフです。現在、小さな巨人と呼ばれている鴎台高校の星海光来と、同じく小さな日向との戦いを見ている彼が言ったこの言葉、彼だからこそ言えた言葉ではないでしょうか。

これは、身長の有利不利に関して「世界は平等じゃなく」、身長に関係なく技術を磨けば同じような技術レベルになるから「平等だ」という意味のセリフです。体格というのものはどうしようもなく、こればかりは努力でなんとかなるものではありません。だから、全国で戦えるように宇内は技術を磨くことにしたのですが、その舞台まで行ってしまえば、身長の高い選手だって技術を磨いています。

日向がそれに気付いたのはつい最近ですが、それに気付けたからこそ、日向はこれからどんどん成長を見せていくのではないでしょうか。

宇内に会い、彼が高校でバレーをやめてしまったと聞いても、あまりがっかりしていないと言う日向に、影山は「やっとかよ」と呟きます。日向は、ずっと小さな巨人のようなエースになることを願っていましたが、そんな日向に影山が与えた役割が「最強の囮」。影山はずっと、日向のポテンシャルがもっとも活きる役割を与えていたのです。

ハイキュー!! 9 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475

この「やっとかよ」は、日向がかつて烏野で活躍した小さな巨人の模倣ではなく、日向翔陽という唯一無二の存在であり、それをやっと自覚したのか、という意味になります。星海が「俺は星海光来だ!」と表現するシーンは、まさにそのことを表した場面で、「小さな巨人」と呼ばれようと、自分は唯一無二の自分である、ということを受け入れているからこそ出た考えですね。

日向が現在感じ始めていることを、先輩の小さな巨人2人がすでに実感しているという構図は、胸に熱いものが込み上げてくるようです。

体調不良によりコートから出ることになった日向に、影山が放った一言です。中学時代の2人の出会いを思い出す言葉ですよね。中学、最初で最後の公式試合で影山とあたり、「お前がコートに君臨する王様なら、それを倒して自分が一番長くコートに立つ」と宣言した日向。高校の春高で影山が日向に言った「今回も俺の勝ちだ」という言葉は、これに対するものとなっています。

以前影山が一時退場したときは、日向もベンチに下げられてしまったので、本当に「今回も俺の勝ち」になってしまったわけですね。これは、日向をライバルだと認めているからこそ出た言葉でしょう。同じチームで相棒として戦いながら、最初の出会いを忘れないという、影山が内に秘める日向への期待とライバル視が垣間見える一言ですね。

古舘先生は、キャラクター名や高校名を非常にわかりやすくネーミングしているのが特徴的ですよね。日向関連だと、月島との話のときに太陽vs月とされるなど、キャラクターの名前に意味を持たせているのが印象的。この2人も、「陽」と「影」で相対するものです。影山はその才能から非常に多くの注目を集めていますが、影山の望みは「影の支配者的なセッター」として生きること。会場を沸かし、どんどん動き回る日向とは対照的な立ち位置です。

影は、陽が出ていなければできませんし、陽がより輝いて見えるのは、その側に影があるから。この2人はまさに表裏一体で、どちらが欠けてもいけない関係と言えるのではないでしょうか。現在の日向であれば、影山がいなくても活躍は可能でしょうし、影山は言わずもがなです。しかし、2人がお互いに「自分がいればお前は最強になる」と考えている通り、その実力が発揮されるのは、やはり2人揃ったときでしょう。

ライバルであり、チームメイトであり、相棒であり、お互いを高めあえる存在というのが、この2人の在り方ではないでしょうか。

鴎台戦は、春高の準々決勝の試合で、1話から見ているとよくここまで来たな、という感じがありますよね。苦しい試合展開のなか、日向が高熱により退場。今までで一番苦しい展開となってきました。なんだかんだ崖っぷちの際、みんな日向のプレーやその明るさに救われていたので、正直その穴は大きいと言えるのではないでしょうか。

日向がいる状態でも厳しかった戦況、欠けた状態では一気に負けてしまうのでは、という不安もありますが、逆に日向がいなくなったことで烏野メンバーの気は引き締まるのではないかと予想されます。そもそも、烏野がここまで来られたのは、土台である2、3年がきちんと練習を積んでいたから。その土台がなければ、全国にさえ進めなかったでしょう。

とはいえ、影山と日向のコンビがいることで強豪にギリギリ勝てるチームになるのが烏野ですので、ここで敗けてしまう可能性は非常に高いですね。

ハイキュー!! 38 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475

烏野が準決勝に進んだと考えた場合、準決勝の対戦カードは、烏野、梟谷、井闥山、あともう1校となり、梟谷と井闥山はブロックが違うので、烏野は準決勝で無名校と戦うことになってしまいます。準決勝で無名校と戦うというのはないと思うので、そういったメタ的なことを考慮すると、決勝は鴎台vs井闥山という、ユース合宿に参加した人物がいる2校同士の戦いになるのではないかと予想されます。

ハイキュー!! 28 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475

ただ、「ただのエースになる」と宣言した木兎が、その実力を遺憾なく発揮し、井闥山にも勝利、そのまま決勝というパターンもありえなくはないでしょう。東京都の代表決定戦で井闥山からワンセット取っていますし、決勝は鴎台vs梟谷の可能性もありえますが、順当にインターハイ優勝校の井闥山と鴎台の可能性が高いのではないでしょうか。

ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475

烏野が準決勝や決勝に進んだとして、春高優勝するかどうかは正直微妙なところ。日向はまだ成長途中で、まだまだ成長の余地があります。これと同様の考え方として、井闥山の佐久早も鴎台の星海も2年で、来年も出場可能ということから、優勝は梟谷の可能性も高いのではないかと予想できますね。ひとつ前の考察から考えると、優勝は井闥山だと思うのですが、決勝の対戦カードという視点ではなく、春高優勝校という視点から考えると3年がメインの梟谷の可能性が捨て切れません。

とはいえ、やはりこの記事では決勝の対戦カードを井闥山vs鴎台と予想しているので、どちらかが優勝と考えるのが順当ですよね。この2校が残った場合、優勝はおそらく井闥山で、春夏連覇となる可能性があります。ハイキュー!という作品をどこまで描き切るかによるとは思うのですが、日向とまだ直接対決をしたことがない佐久早が、来年のラスボス的立ち位置になるだろうと予想します。

春高の準々決勝まで来たハイキュー!。このまま春高で優勝するのであれば、このまま終わる可能性もありますが、作中で春高以降の「未来」を想像させるようなセリフも多く登場します。直近であれば、稲荷崎戦での「IHで潰したる」、音駒戦での「来年もやろう」という言葉がそうですね。

ハイキュー!! コンプリートガイドブック 排球本! (ジャンプコミックス)
価格 ¥756

日向はまだ技術的に未熟で、特にサーブなどは磨きようが十分にあります。そのことを考えると、最低でも影山&日向の春高2年目、最高で3年に進級した2人とそのライバルたちの姿を描くのではないかと予想されます。キャプテン翼方式で、学生時代のものが描き終わったら、その後のプロの世界を描いていく可能性もありますが、そこまで描かれるか微妙なところ。

バレーを題材にした作品は作者がずっと描きたいと願っていたものなので、日向たちが2年に進級した分は、打ち切りでもない限り描くのではないかと考えられますね。

OVA『ハイキュー‼ 陸 VS 空』 [Blu-ray]
価格 ¥ 5,513

先の気になる展開と、ファンタジーすぎず、けれどファンタジーにも感じられる設定が魅力的なハイキュー!。春高戦の準決勝はそろそろ終わりを迎えそうなので、今後どのような展開が待っているのか気になりますね。

ハイキュー!! 15 (ジャンプコミックス)
価格 ¥475
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71jxyj%2B5PUL.jpg