Ptkjf3iwaayr1kzlnzj9

紅の豚

CATEGORY | 紅の豚

【紅の豚】マルコ・パゴットの声優は?モデルは?ジーナとの関係、名言まとめ

2021.07.07

「マルコ・パゴット」は『紅の豚』の主人公ポルコの青年時代の姿で、豚になる前のポルコの姿です。「マルコ・パゴット」のモデルになった人物はあまり知られていないので、マルコのモデルとなった人物なども踏まえて、『紅の豚』のマルコについて紹介したいと思います。

  1. 『紅の豚』とはどんな作品?
  2. 『紅の豚』は飛行艇時代の空の物語
  3. 『紅の豚』の主人公は豚人間
  4. 『紅の豚』は好き嫌いがハッキリする作品かもしれない
  5. 【紅の豚】マルコ・パゴットとは?
  6. 【紅の豚】マルコ・パゴットのモデル
  7. 【紅の豚】マルコ・パゴットの声優は古本新之輔さん
  8. 【紅の豚】マルコ・パゴットまとめ

当時の劇場アニメ興行日本記録を更新した名作

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/613%2BsuodT1L._SS500.jpg
今でこそ『千と千尋の神隠し』や『君の名は』という圧倒的な興行収入を得たアニメ作品がありますが、『紅の豚』は公開された1992年には前作の『魔女の宅急便』に続き劇場アニメ興行日本記録を更新した作品となり、話題となりました。

『紅の豚』は飛行艇乗りの豚の話

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZZauffo-L.jpg
『紅の豚』は、豚になった理由はイマイチわからない主人公「ポルコ・ロッソ」を中心とした、飛行艇で空を駆けていく物語です。
「ポルコ・ロッソ」が豚になった理由は不明ですが、メインは「ポルコ・ロッソ」が飛行艇で駆ける姿と淡く美しく描かれたラブロマンスがメインなので、豚になった理由は最後までわからない所がありますね。

『紅の豚』の主人公は豚人間の「ポルコ・ロッソ」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HHd-kVOGL.jpg
『紅の豚』の主人公は人間ではなく、豚人間の「ポルコ・ロッソ」です。「ポルコ・ロッソ」は豚人間ですが、豚になった理由は明確にわかっておらず、気がついたら豚になっていたようです。
飛行艇乗りとして腕が良い「ポルコ・ロッソ」は、豚という外見も相まって周囲から疎まれてはいるものの、一部では豚の姿が好評で、特に女性と子供のウケが良く人気者な姿も描かれています。

『紅の豚』は好きな人は本当に好きな作品

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51otBr5WHxL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg
『紅の豚』はジブリ作品の中でも少々異質な雰囲気の作品で、これまでの『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』という、純粋な子供心を刺激するようなファンタジーが好きだった人の中には、イマイチ面白くなかったという評価も得ていた作品でした。
しかし、反面もの凄く好きだというファンも多く、『紅の豚』はジブリ作品の中でも最も良いと思うファンも多くいる作品です。そういう意味では、非常に好き嫌いが分かれる作品とも言えるので、『紅の豚』が名作かどうかはその人の好みによる所も大きいでしょう。

ポルコが豚になる前の人間の姿

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518RHP3XTPL.jpg
「マルコ・パゴット」はポルコが豚になる前の姿で、普通の好青年風の見た目の男性です。
マルコは少年時代には既に飛行艇乗りとして腕が高く、青年時代にはイタリア空軍のエースパイロットで大尉を務めていました。

『紅の豚』の作中では主に雲の平原の回想シーンで出てきた

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SDXSVK17L.jpg
マルコが主に登場したのは、イタリア空軍時代に敵の飛行艇と交戦し、激戦の末、雲の平原に入って臨死体験のような不思議な体験をし、死に逝く仲間たちを見上げていたシーンが印象的な登場シーンでした。
手練れの飛行艇乗りを三機も相手にし、さらに味方は自分だけが生き残ったという戦歴からも、マルコ(ポルコ)の飛行艇乗りとしての実力が伺えますね。
しかし、この時の体験が後のマルコ(ポルコ)の生き方を大きく変え、良い仲間たちが死に自分だけ生き残ったという引け目からなのか、良くも悪くも世俗から遠のいて生きる姿勢を取るようになりました。

マルコ・パゴットのモデルはイタリアのアニメプロデューサー

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71MDYO367qL._SL1000_.jpg
「マルコ・パゴット」のモデルは、日本とイタリアの合作アニメ「名探偵ホームズ」のイタリア側のプロデューサーだと言われております。少なくとも、「マルコ・パゴット」という名前はイタリア側のプロデューサーから拝借したようです。

マルコの声優は現在はハワイアンショップのオーナーをやっている古本新之輔さん

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aM4ElGArL.jpg
「マルコ・パゴット」の声優は、俳優業をしながらハワイアンショップ「PUALILI」のオーナーを務めている「古本新之輔(ふるもとしんのすけ)」さんです。
古本さんはもともと声優より俳優寄りの方ですが、ハワイ好きであることからウクレレ教室を開くなど、ハワイアンな活動を重視されている方でもあります。

人間のポルコはなかなかの好青年だった

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81l984YYsEL._SX522_.jpg
マルコを見る限り、ポルコは人間の時はなかなかの好青年で魅力がありそうな人物だったことが伺えます。
飛行艇乗りとして才能があり、さらに元は好青年だったマルコ(ポルコ)は、マダム・ジーナやフィオに気に入られても当然かもしれませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SDXSVK17L.jpg