Auypeq21j2mmu0j9e2ym

紅の豚

CATEGORY | 紅の豚

【紅の豚】ポルコ・ロッソの意味とは?声優・最後の出撃・サングラスまとめ

2018.12.18

『紅の豚』の主人公は、豚の姿をした飛行機乗りのポルコ・ロッソです。大人の恋が描かれる『紅の豚』で、豚になっても変わらず大人の男の魅力をかもし出しているポルコ・ロッソ。そんな彼の魅力と名前の意味や声優、噂の続編「最後の出撃」とサングラスについてまとめました。

  1. 豚が主人公の異色のジブリアニメ『紅の豚』
  2. 【『紅の豚』】主人公はポルコ・ロッソ。その名前に隠された意味とは?【ポルコ・ロッソ】
  3. 【紅の豚】なぜポルコ・ロッソは豚の姿に?【ポルコ・ロッソ】
  4. 【紅の豚】ポルコ・ロッソの声優は?【ポルコ・ロッソ】
  5. 【紅の豚】大人の男のかっこ良さ!シビれるポルコ・ロッソの名セリフ【ポルコ・ロッソ】
  6. 【紅の豚】ポルコのトレードマークのサングラスが発売?【ポルコ・ロッソ 】
  7. 【紅の豚】『紅の豚』に続編?ポルコ・ロッソ最後の出撃とは【ポルコ・ロッソ】
  8. 【紅の豚】ポルコ・ロッソを取り巻く女性たち【ポルコ・ロッソ】
  9. ポルコ・ロッソの永遠のライバル、ドナルド・カーチス
  10. ポルコ・ロッソは元の姿に戻れたの?
これまでたくさんのジブリアニメ映画が公開されてきましたが、主人好が豚というのは『紅の豚』だけでしょう。『紅の豚』の主人公のポルコ・ロッソことマルコは、イタリア空軍で大尉にまで昇進した過去を持つ男で、軍を退いた後はなぜか自らに呪いをかけて豚の姿へと変わってしまったのです。
いつもサングラスをかけ、口ひげを生やしたダンディな風貌で、周りの女性に不思議と人気が高いポルコ・ロッソ。『紅の豚』はジブリアニメでは珍しい、男のロマンや大人の恋の行方が描かれる作品でもあります。
退役後は、飛行機に乗って悪さや盗みを働く空賊たちを追い払っては賞金を稼ぐ身となったポルコ・ロッソ。ポルコという名はあだ名のようなもので彼の本名はマルコ・パゴットと言います。現在は自らの呪いのせいで豚の姿をしているマルコですが、なぜポルコ・ロッソという名が付いたのでしょうか。
紅の豚 [Blu-ray]
価格 ¥ 4,875
ポルコ・ロッソとは「紅い豚」という意味を持ちます。軍を退き空賊に対抗して賞金を稼ぐマルコが乗っているのは、紅い飛行機のサボイアです。マルコの新しい名であるポルコ・ロッソにはアニメタイトルの『紅の豚』と紅い飛行機に乗っている豚という二つの意味が隠されているのです。
ファインモールド 紅の豚 サボイアS.21F 後期型 ポルコ立像付 FJ3 1/72スケール プラモデル
価格 ¥ 1,652
どこにも属さず紅い飛行機に乗ってはふらりと現れる豚の姿をしたマルコを見て、誰かがいつしかポルコ・ロッソという新しい名を付けたのかもしれません。
かつてはイタリア空軍出大尉を務めていたという華やかな経歴がありながらも、なぜか自分に呪いをかけてしまったマルコ。彼は豚の姿になり、そんな姿の通りの意味を持つポルコ・ロッソという名が付きました。ではなぜマルコは自ら豚の姿になってしまったのでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HHd-kVOGL._SX342_.jpg
姿が豚になってからも変わらずひげを蓄えサングラスをかけているポルコですが、人間の姿の自分を嫌っている、憎んでいると思われる言動をストーリーの中でしています。昔からの知り合いであるマダム・ジーナの元にはポルコの人間の姿の時の写真がありますが、その顔を自ら黒く塗りつぶし、ジーナがその写真を飾るのを止めることを願っていました。
また、ポルコはイタリア空軍にいた時代に仲間を戦争で失っています。軍を離れた現在も戦争のおかげで世の中は悪くなる一方で、ポルコのような飛行機乗りの立場も悪くなっています。仲間を失ったのに自分だけが生きていることへの罪悪感や戦争や権力に反対する心がポルコを豚に変えてしまったのかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/710aYmSYbZL._SX342_.jpg
『紅の豚』の主人公ポルコ・ロッソの声優を務めるのは森山周一郎です。森山周一郎は、声優としての活動を始める前は舞台役者としても活動していました。また、洋画の吹き替え声優としてもたくさんの作品を担当しています。渋く深い声でハードボイルドな役柄を演じることが多かった森山周一郎。
シルバー仮面 Vol.4 [DVD]
価格 ¥ 2,160
吹き替え声優を務めた役者も『刑事コジャック』のテリー・サバラスやジャン・ギャバンなど、渋い役をこなす男性役者ばかりです。声優業と並行してテレビドラマなどにも多数出演し、実写作品でも渋く円熟味のある演技を見せています。
大人の恋の物語を描く『紅の豚』では登場人物たちのセリフも素敵なものがたくさん。中でも主人公のポルコのセリフは女性は思わずきゅんとして、男性はあこがれてしまうようなかっこいい魅力にあふれています。そんなポルコの名セリフをご紹介します。

飛ばねぇ豚はただの豚だ

いつも無茶ばかりしているポルコを心配するジーナですが、そんな彼女に向けたポルコの名セリフがこの一言です。このセリフは『紅の豚』の中でいちばん有名とも言っていいほど印象的なセリフで、ポルコの飛行機に対する熱い想いが痛いほど伝わってきます。

いいやつは死んだやつ

イタリア空軍時代に戦争で仲間をたくさん失ってしまったポルコ。死んでいった仲間を偲んで彼らの行動を称えている意味にも取れますが、一人生き残った自分に対する戒めや後悔の意味を含んでいるようにも思えます。
豚の姿になってからもいつもサングラスをしているポルコですが、それをモデルにしたサングラスが実際に発売されています。ポルコ・ロッソのサングラスを発売したのはメガネ専門店の和真で、スタジオジブリとのコラボ商品となっています。ポルコの言動をさらにかっこよく見せてくれているトレードマークのサングラス。『紅の豚』ファン、ポルコファンならぜひとも手に入れたい1品です。
このポルコモデルのサングラスには二つのタイプがあり、『紅の豚』の時代背景に忠実に作ったレトロなデザインのものと、ポルコのサングラスを現代的にアレンジしたものになっています。
意味深なラストシーンが話題を呼んだアニメ映画『紅の豚』は、各地で続編を望む声も上がっていました。その願いが高じたのかアメリカでは、『紅の豚』の続編である『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』の企画が進行中であるという情報が流れました。
紅の豚 (ロマンアルバム)
価格 ¥ 1,646
これは宮崎駿監督が雑誌のインタビューの中で、『紅の豚』の続編をやりたいけれど自分の趣味だけに走った作品になりそうだから無理だろう、と語ったことに起因しています。その話の中で続編のタイトルを『ポルコロッソ 最後の出撃』と例えて言ったので情報が独り歩きし、続編の企画が進行しているのではないかと思われてしまったのです。
ジ・アート・オブ 紅の豚 (ジブリTHE ARTシリーズ)
価格 ¥ 2,983
『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』だなんてタイトルもおもしろそうですし、『紅の豚』ファンの方ならぜひ観てみたいものですよね。その『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』が実現されることはこの先あるのでしょうか。しかし、2018年現在すでに宮崎監督は引退しているため、『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』が実現される可能性は低そうです。
豚の姿になってからも渋くてかっこいい魅力は変わらないポルコ・ロッソは女性からもモテモテ。常に彼の周りには美しくて魅力的な女性がいます。そんなポルコを悩ませる、恋のお相手とも言えそうな女性が二人。ポルコはいったいどちらの女性を愛しているのでしょうか。

マダム・ジーナ

ポルコの昔からの知り合いで、アドリア海の飛行機乗りのあこがれの的でもあるマダム・ジーナ。彼女はこれまで三度結婚をしていますが、そのお相手は皆飛行機乗りで空に出たきり帰らぬ人となています。そんな悲しい過去を持つジーナはいつも憂いを帯びた瞳をしており、ポルコへの愛情は感じるもののなかなかそれを示せないでいるのでした。

フィオ・ピッコロ

ポルコの愛機サボイアの修理と設計に当たった技師であり、ポルコがいつも世話になているピッコロの孫娘でもあるのがフィオ・ピッコロです。彼女はまだ17才ですが、飛行機技師という仕事に誇りを持ち真摯に取り組み、言動はいつも一本筋が通っているという非常にしっかりとした強い女性です。
技師という職業柄いつも作業着を着ているフィオですが、時折思いがけない大胆な発言をしてポルコのことを惑わします。やがてポルコはフィオとジーナの二人の女性の事を思うようになるのでした。
孤独な空の男のポルコ・ロッソですが、彼には永遠のライバルとも言える存在がいます。それはドナルド・カーチス。ポルコと敵対している空賊のマンマユート団が雇った飛行機乗りでした。ドナルド・カーチスはやがてマダム・ジーナの存在に気づき、彼女に一目ぼれをしポルコとは恋のライバルにもなるのです。
惚れっぽいカーチスはジーナだけでなくフィオにも心奪われてしまいます。やがてポルコはカーチスとフィオを掛けて戦うことになるのでした。
自分で自分に呪いをかけて豚の姿になってしまったポルコ。『紅の豚』のストーリーの中で、マダム・ジーナは何度もどうやったらポルコの魔法が解けるのか悩みますが結局ポルコは元の姿に戻ることはできたのか気になりますよね。『紅の豚』のラスト近くのシーンでは、フィオとの別れの時にキスをされるポルコが描かれています。その後、ポルコの顔を覗き込んだカーチスが驚いた表情をしていますが、これはその時だけでもポルコが元の姿に戻っていたことを表しているのではないでしょうか。
ラストシーンではフィオによる語りで登場人物それぞれのその後が明らかになりますが、ポルコが元の姿に戻れたかどうかは最後まで分からないままです。しかし、マダム・ジーナの経営するホテル・アドリアーナにポルコの赤い飛行機らしき機体が止まっているのが見えました。ポルコが元の姿に戻れたどうかは分かりませんが、ジーナが賭けに勝ち、ポルコを愛することを決めたんだろうと思えますね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/kinro_ntv/status/1058330555320721409