Kpt8f5s7gf5h9tk6rs2j

ベイブレードバースト超ゼツ

CATEGORY | ベイブレードバースト超ゼツ

「ベイブレードバースト超ゼツ」のアニメ情報!キャラクターや主題歌情報を一挙紹介!

2018.10.13

長年愛されているベイブレードシリーズの最新作である「ベイブレードバースト 超ゼツ」。今回は、そのベイブレードバースト 超ゼツに関するキャラクターや主題歌、またアニメ関連の情報を細かく見ていこうと思います。ベイブレードバースト 超ゼツとは?

  1. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】ベイブレードバーストとは?
  2. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】ベイブレードって何?
  3. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】メインキャラ「赤刃アイガ」
  4. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】メインキャラ「墨江フブキ」
  5. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】メインキャラ「黄山乱次郎」
  6. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】メインキャラ「御朱印スオウ」
  7. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】メインキャラ「オウ・ホウイ」
  8. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】主題歌「OP・ED」
  9. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】その他のアニメ情報
  10. 【ベイブレードバースト 超ゼツ】まとめ
ベイブレードバーストは、現在子供達に大人気となっている作品であり、原作は「月刊コロコロコミック」にて連載されている漫画作品であり、作者は「森多ヒロ先生」です。また、アニメももちろん放送されており、タカラトミーから発売されている「ベイブレードバースト」という玩具も大人気となっております。ジャンルとしてホビーとなっております。
2015年の7月18日からの展開となっており、世代的には第3世代という位置付けです。過去作品として爆転シュートベイブレードやメタルファイトベイブレードなどがありますが、今作のベイブレードバーストはその引き継ぎものではなく、内容やベイブレードに関しても全く新しいものとなっております。製作者側はこのベイブレードをスポーツとして捉えているらしいですね。
では、そもそもベイブレードとは何か?というところですが、ベイブレードはかつて昔あったベーゴマの現代版というところでしょうか。パーツである「レイヤー」「ディスク」「ドライバー」から構成されております。略称は「ベイ」となっております。互換性のあるパーツで構成されているためカスタマイズが可能となっており、現代の玩具ではかなり面白い仕様といっていいでしょう。
ベイ、つまりコマ本体を回すには昔とは違い紐は使わず専用の発射装置である「ランチャー」を使います。公式的な設定では「3・2・1、ゴーシュート」の掛け声でコマを発射しコマをぶつけ合って勝敗を決めます。勝敗の種類は「スピンフィニッシュ」「オーバーフィニッシュ」「バーストフィニッシュ」の三種類あり、それぞれポイント制で2ポイント先に制すると勝利となります。
赤刃アイガは本作の主人公であり、年齢は小学5年生となっております。専用のベイブレードは「ゼットアキレス11.Xtです。出身は北海道で、とても情熱的で熱い性格の少年であり、また子供ながら純粋な優しい心を持つ男の子です。勝気でもあるため自分が一番強いなどという強気の発言も多々見られます。また好き嫌いもかなりハッキリしているといっていいでしょう。
特徴的なのは感情と髪型が同調しているかのようで、感情が高ぶると髪の毛が逆立つという漫画ならではの仕様があります。またその時はいつも以上に力を発揮できるのも特徴的といっていいでしょう。自然豊かな場所で育ったということもあり、とても野生的でまさに主人公であるといっても過言ではない感じのキャラクターとなっております。
墨江フブキは、作品のメインキャラクターの一人であり、主人公である赤刃アイガが所属するチームである「米駒学園ベイクラブのキャプテンを務めるキャラクターです。過去に全国大会を制した蒼井バルトの後継者とも呼ばれるほどの実力を持った人物といってもいいでしょう。ある意味天才的ではありますが、本人は天才というようなものを嫌っている傾向があります。
かなりの才能を持った人物とも思われますが、努力して手に入れた実力であり、自分自身もそのことを一番理解しているといってもいいでしょう。つまりは自分の強さというものを過信せず、日々上昇志向のあるタイプであると考えられます。主人公であるアイガは天才的な能力を持っているため勝手に対抗心を抱いている部分があります。いわゆるライバル的な存在でもあるといっていいでしょう。
黄山乱次郎は本作のメインキャラクターの一人であり、専用のベイブレードは「ライジングラグナルク.11.Wd」です。作中では乱太郎の弟という立ち位置であり、見た目がやはり特徴的といっていいでしょう。怒髪天な髪型をしており、あだ名は「ソーチョー」です。作品でも有名な乱ベイ組というものを率いていていわゆるガキ大将的な存在でしょうか。
ただし卑怯なタイプではなく、あくまでも真っ向勝負を挑むタイプであり、その気持ちは真っ直ぐで誠実であると言えると思います。実力もフブキを一度破ったほどであり、強さはもちろんあるといっていいでしょうね。その後、ロンギヌスカップでアイガに敗れるものの、強さというものが認められてバトルシップクルーズに参戦します。作中でも重要な位置を占めるキャラクターといっていいでしょう。
御朱印スオウは本作に登場するキャラクターの一人であり、米駒学園ベイクラブのメンバーの一人です。専用のベイブレードは「ヘルサラマンダー.12.Op」です。華道の名家である「御朱印」の一族であり、御曹司というキャラクターで、いわゆるおぼっちゃま的存在です。ベイクラブでは副キャプテンを務めており、過去にフブキと共にベイクラブを全国ナンバー1にした一人でもあります。
とても知的な面が大きく、穏やかな性格を持った人物です。しかしながら右目があらわになった時には人格が変わるといってもいいほど性格が攻撃的になり、ベイブレードの強さもまた変わります。おぼっちゃまとはいったものの、才能に関してはもちろん上級クラスであります。ただ性格に若干難があり、努力が才能を凌駕することはないとフブキとは対照的な存在です。
オウ・ホウイは本作のメインキャラクターの一人であり、専用のベイブレードは「アーチャーヘラクレス.13.Et」です。本作で目立ったキャラクターであり韓国人のベイブレーダーです。一流のアスリートでもあり、怪力が特徴的といっていいでしょう。ただパワーがありすぎて測定不能となることや破壊することも多々ある面白いキャラクターです。
表情に若干の難があり、笑っていてもそう感じないほどわかりづらい表情です。作中でもとてもすっきりとしたタイプであり、バルトを打倒と掲げる主人公アイガと意気投合する場面も見られます。実力は予選一位通過するほどの実力者ではありますが、負けは負けときっぱり認める清々しいタイプのキャラクターであると個人的には感じました。
ではアニメの主題歌、いわゆるオープニングテーマ曲とエンディングテーマ曲を見ていこうと思います。オープニングテーマ曲は「超ゼツ無敵ブレーダー!」という曲名で、作詞作曲編曲は大隈知宇さんであり、唄は佐々木亮介さんとなっております。エンディングテーマ曲は「BEY-POP」という曲名で、作詞作曲編曲はOP同様大隈さん、唄は草川瞬さんとなっております。
オープニング、エンディング共にベイブレードの世界観というもの、またキャラクター性や子供に向けた感じの曲となっていると個人的には感じました。全体的に子供向けということもあって深い曲調という訳ではないですが、どちらも子供達にとってはとてもテンションが上がる曲になっていると思われます。あくまでも個人的な意見ですので参考までに。
ここで細かいアニメ情報を少しだけ記載します。ベイブレードバースト超ゼツの放送は2018年4月2日からであり、ナレーションは垂木勉さんが担当しております。全体を通して原作である漫画に沿った内容になっており、アニメオリジナル展開は少ないといっていいでしょう。また字幕放送を実施しております。
いかがでしたでしょうか? 今回は大人気のベイブレードシリーズである「ベイブレードバースト 超ゼツ」の情報をまとめました。ベイブレード作品はこれまでに長年放送されており、もう十数年以上の歴史があります。そんなベイブレードバーストの最新作であるベイブレードバースト 超ゼツの今後の展開についてもかなり気になるところですね!