Jxedavmomdayjz240xr0

飯塚昭三

CATEGORY | カテゴリー

【北斗の拳】フドウのキャラ紹介!画像・体重・大きさまとめ

2018.10.10

この記事では、大人気漫画『北斗の拳』、およびTVアニメ『北斗の拳』に登場するフドウについて、フドウのプロフィールや人物像、声優情報などご紹介します。『北斗の拳』の作品情報もともに画像や体重などのご紹介いたしますので、本作を知らない方も楽しんでいただければ幸いです。

目次

  1. 【北斗の拳】大人気漫画『北斗の拳』とは?
  2. 【北斗の拳】フドウのプロフィール
  3. 【北斗の拳】フドウの人物像
  4. 【北斗の拳】「南斗五車星」について【フドウ】
  5. 【北斗の拳】フドウの画像
  6. 【北斗の拳】フドウの声優(飯塚 昭三)
61fimepfrel
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61fiMePfREL.jpg

『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫により描かれる漫画作品でり、本編は1983年~1988年の約5年間「週刊少年ジャンプ」にて連載され、全巻27巻でコミックスが発売されています。

こちらの書籍は、世界中で発売され累計発行部数1億冊以上を発行しています。この1億冊以上という記録は日本の漫画の中ではトップ10に入るほどのもので、本作が世界中で大人気であることがわかります。

本作は現在様々なメディア展開を積極的に行っていることでも有名な作品であり、各登場人物の外伝ストーリーとなる漫画やTVアニメ版の放送はもちろんのことですが、TVゲーム化やパチンコの機体にも導入されており、現在でも根強い人気を誇っています。

ちなみに同作者の描く『蒼天の拳』(そうてんのけん)は、本作の主人公たちの時代より少し前の時代を描いた作品であり、2001年から2010年まで『週刊コミックバンチ』にて連載されました。単行本では全22巻が刊行されており、225話分収録されています。

あらすじ

西暦199X年、世界は核戦争の勃発により世界中の文明が滅びました。その結果、秩序がなくなり暴力のみが社会を支配するまさに弱肉強食の世界になってしまいました。国家の機能を失うも生き残った人類たちは、暴力にものを言わせる悪党に怯えながらの生活を余儀なくされていました。

そんな中、本作の主人公であるケンシロウは、一子相伝の暗殺拳である北斗神拳を伝承した拳法家です。彼は親友であり南斗聖拳の伝承者であるシンにより、許嫁であるユリア奪われてしまいます。その後、混乱しきった世紀末の世界で、シンとの再会や義理の兄弟であるラオウ、トキ、ジャギと繰り広げるケンシロウの拳法家としての生き様を描いています。

北斗の拳全15巻・全巻セット (北斗の拳) (集英社文庫(コミック版))
価格 ¥ 10,028
北斗の拳 世紀末激闘録コレクションNo.15 フドウ
価格

フドウは、『北斗の拳』に登場するキャラクターであり、「南斗五車星」のメンバーの一人です。彼は山のフドウと言われており作中でも巨大な体を持った人物です。その大きさは、身長225cm、体重270kgとなっています。

かれは、もともと鬼のフドウと呼ばれていたことがあるほど残忍な性格をしており、北斗の道場で行われた試合では、猛者揃いであるリュウケンの弟子たちを相手に彼らを蹂躙し、殺しています。その強さと残忍さから当時のラオウですら恐れおののくほどの人物でした。

作中では、ケンシロウを南斗の城にまで連れてくる任務を遂行しており、この時フドウはケンシロウとは面識があったため正体を隠して実行しました。その後、南斗最後の将がユリアであることを明かしたのもフドウであり、本作のストーリーには欠かせない人物になっています。

北斗の拳 コレクションフィギュア vol.4 フドウ
価格
1/3